武野 慎祐 (タケノ シンスケ)

TAKENO Shinsuke

写真a

所属

医学部 附属病院 光学医療診療部

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学(博士) ( 1997年3月   大分医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 実験病理学  / 実験病理学

  • ライフサイエンス / 消化器外科学  / 消化器外科学

  • ライフサイエンス / 人体病理学  / 人体病理学

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学  / 胸部外科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 木片の杙創による右外腸骨静脈損傷を認めた1例

    濱田 朗子, 河野 文彰, 宗像 駿, 田代 耕盛, 武野 慎祐, 落合 秀信, 七島 篤志

    日本腹部救急医学会雑誌   42 ( 5 )   595 - 598   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本腹部救急医学会  

    症例は55歳,男性。木工作業中に木片が飛散し,約8mm径の木片が右下腹部に刺さり近医を受診した。理学所見でショック症状を呈していたため当院救命救急センターに緊急搬送となった。初期輸液により,来院時にはバイタルは安定していたが,腹部CTで消化管穿孔および右外腸骨動静脈損傷を疑い緊急手術の方針とした。木片は小腸を損傷し後腹膜から右外腸骨静脈を貫通しており外腸骨静脈より出血していた。後腹膜を開放し外腸骨静脈を露出し,静脈を圧迫し出血のコントロールを行い外腸骨静脈を連続縫合で修復した。術後に右下肢に軽度の浮腫を認め造影CTでは損傷部に一致して血栓を認めたため抗凝固療法を開始した。血栓の増悪なく退院となった。外傷性の腸骨静脈損傷は比較的まれであるが,適切な対応が要求される致死的な病態である。迅速な視野の確保と一時止血,静脈の修復法,術後管理について習得しておくことが必要である。

    DOI: 10.11231/jaem.42.595

    CiNii Research

  • 手術手技 舌骨下筋群・頸神経ワナを温存した食道癌頸部郭清術

    河野 文彰, 武野 慎祐, 田代 耕盛, 池ノ上 実, 七島 篤志

    手術   76 ( 8 )   1323 - 1328   2022年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:金原出版  

    DOI: 10.18888/op.0000002895

    CiNii Research

  • 弓部置換術後の大動脈食道瘻に対し,分割的に食道切除術と再建,大網充填術を施行し救命した1例

    内勢 由佳子, 田代 耕盛, 宗像 駿, 北村 英嗣, 濱田 朗子, 河野 文彰, 武野 慎祐, 森 晃佑, 阪口 修平, 石井 廣人, 古川 貢之, 七島 篤志

    Japanese Journal of Acute Care Surgery   12 ( 1 )   95 - 99   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本Acute Care Surgery 学会  

    〔要旨〕患者は73歳,男性。急性A型大動脈解離に対する弓部大動脈人工血管置換術後2年目のCT検査で人工血管より末梢側の胸部大動脈瘤破裂を認め,緊急ステントグラフト内挿術が施行された。術後5日目のCT検査と上部消化管内視鏡検査で大動脈食道瘻(aorto-esophageal fistula;AEF)が確認され,同日に右開胸下に食道切除,食道切除後12日目に人工血管周囲のデブリドマン,大網被覆・充填術および食道再建術を施行した。AEFの救命には,迅速な出血と感染のコントロールが必要である。食道切除と感染人工血管置換が望ましいが,耐術能を考慮した術式の選択が現実的である。大網被覆・充填は感染コントロールに有効であり,ICG蛍光法を用いた大網の血流評価はその利点を向上させる。

    DOI: 10.50840/jjacs.12-5

    CiNii Research

  • Current status of trauma surgery at a Japanese prefectural academic institute: improved organization in a regional prefecture 査読あり

    Kawano F., Tashiro K., Ikenoue M., Munakata S., Nakao H., Mizuno T., Mori H., Ikeda T., Takeno S., Furukawa K., Tomita M., Endo G., Ochiai H., Nakamura K., Nanashima A.

    Surgery Today   51 ( 6 )   1001 - 1009   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    Purposes: Balancing scheduled surgery and trauma surgery is difficult with a limited number of surgeons. To address the issues and systematize education, we analyzed the current situation and the effectiveness of having a trauma team in the ER of a regional hospital. Methods: This retrospective study analyzed the demographics, traumatic variables, procedures, postoperative morbidities, and outcomes of 110 patients who underwent trauma surgery between 2012 and 2019. The trauma team was established in 2016 and our university hospital Emergency Room (ER) opened in 2012. Results: Blunt trauma accounted for 82% of the trauma injuries and 39% of trauma victims were transported from local centers to our institute. The most frequently injured organs were in the digestive tract and about half of the interventions were for hemostatic surgery alone. Concomitant treatments for multiple organ injuries were performed in 31% of the patients. The rates of postoperative severe complications (over Clavien–Dindo IIIb) and mortality were 10% and 13%, respectively. Fourteen (12.7%) of 24 patients who underwent damage-control surgery died, with multiple organ injury being the predominant cause of death. Conclusion: Systematic education or training of medical students and general surgeons, as well as the co-operation of the team at the regional academic institute, are necessary to overcome the limited human resources and save trauma patients.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02196-z

    Scopus

    PubMed

  • Endoscopic filling with polyglycolic acid sheets and fibrin glue of persistent fistula after esophagectomy

    Tashiro K., Takeno S., Kawano F., Kitamura E., Hamada R., Ikenoue M., Munakata S., Nanashima A., Nakamura K.

    Endoscopy   53 ( 3 )   288 - 292   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Endoscopy  

    Background Treatment of anastomotic leakage in reconstruction after esophagectomy remains challenging. This report presents a new endoscopic filling method for persistent fistula after failure of conservative treatment of leakage caused by anastomotic insufficiency. Methods 10 of 14 patients, in whom post-esophagectomy leakage had failed to resolve after 2 weeks of conservative treatment, underwent endoscopic filling with polyglycolic acid (PGA) sheet and fibrin glue into the anastomotic leakage site, using a delivery tube and endoscopic catheter, respectively. Results Each patient underwent jejunostomy, to secure nutrition. The leakage was resolved in all 10 patients. The mean number of PGA - fibrin glue procedures was 1.7. The mean period from the first application to the resumption of oral intake was 31.6 days, from the final application it was 14.7 days. Conclusions The reported filling method offers a new endoscopic approach for persistent fistula after esophagectomy when conservative treatment of leakage has failed.

    DOI: 10.1055/a-1200-8199

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

MISC 【 表示 / 非表示

  • 十二指腸乳頭部癌−現状の問題点と今後の展望−:経十二指腸的乳頭部切除の手技と適応. 招待あり 査読あり

    今村直哉,七島篤志,濵田剛臣,矢野公一,旭吉雅秀,藤井義郎,武野慎祐,池田拓人,河野文彰,久保田良政,坂 哲臣,河上 洋

    胆と膵   38 ( 7 )   691 - 696   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 手術手技 食道癌手術における腹腔鏡補助下腸瘻造設術. 招待あり 査読あり

    西田卓弘,武野慎祐,池田拓人,河野文彰,中島真也,七島篤志

    日本内視鏡外科学会雑誌   22 ( 3 )   393 - 398   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Gastrointestinal: severe congestive heart failure and acute gastric mucosal necrosis. 招待あり 査読あり

    Kawakami, H., Kubota, Y., Takeno, S., Miyazaki, Y., Wada, T., Hamada, R. and Nanashima, A.

    Journal of Gastroenterology and Hepatology   32 ( 5 )   949   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.13739

  • Erratum: Analysis of mucosal regeneration and the expression profile of heat shock protein 70 in the isolated small bowel segment (Wound Repair and Regeneration (2002) 10:5 (320-327))

    Moriyama H., Noguchi T., Takeno S., Harada K., Kudo T., Uchida Y.

    Wound Repair and Regeneration   11 ( 1 )   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:Wound Repair and Regeneration  

    DOI: 10.1046/j.1524-475X.2003.11113.x

    Scopus

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 内視鏡切除後に外科的追加切除が必要となった食道悪性腫瘍症例の検討

    田代耕盛,武野慎祐,河野文彰,千代反田顕,宗像 駿,宮﨑康幸,濵田朗子,中島孝治,三池 忠,河上 洋,七島篤志,中村都英

    第2回宮崎食道癌研究会  (宮崎)  宮崎食道癌研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎  

  • 精巣癌の空腸転移による腸重積の1例.

    清水一晃,武野慎祐,河野文彰,田代耕盛,西田卓弘,濵田朗子,田上幸憲,七島篤志

    第54回日本腹部救急医学会総会  (東京)  日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月8日 - 2018年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 当院における外傷性腹壁破裂の経験例.

    田代耕盛,河野文彰,守永圭吾,池田拓人,武野慎祐,落合秀信,七島篤志,中村都英

    第54回日本腹部救急医学会総会  (東京)  日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月8日 - 2018年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 手術適応に苦慮した腸管気腫性嚢胞症の1例.

    千代反田顕,河野文彰,田代耕盛,西田卓弘,宮崎康幸,宗像 駿,落合貴祐,清水一晃,長友謙三,濱田朗子,鈴東昌也,市原明子,池田拓人,武野慎祐,七島篤志

    第54回日本腹部救急医学会総会  (東京)  日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月8日 - 2018年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 当院での外傷性副腎損傷の経験.

    宗像 駿,河野文彰,田代耕盛,池ノ上実,池田拓人,武野慎祐,榮 建文,中村都英,落合秀信,七島篤志

    第54回日本腹部救急医学会総会  (東京)  日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月8日 - 2018年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • CRP 遺伝子多型と食道がんリンパ節転移に関する多施設共同後ろ向き観察研究

    2022年01月 - 2022年03月

    国立大学法人秋田大学 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究