新井 良和 (アライ ヨシカズ)

ARAI Yoshikazu

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2007年3月   東京大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / エピジェネティクス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification of an epigenetic signature in human induced pluripotent stem cells using a linear machine learning model 査読あり

    Nishino K, Arai Y 他

    Human Cell   34 ( 1 )   99 - 110   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Cell  

    The use of human induced pluripotent stem cells (iPSCs), used as an alternative to human embryonic stem cells (ESCs), is a potential solution to challenges, such as immune rejection, and does not involve the ethical issues concerning the use of ESCs in regenerative medicine, thereby enabling developments in biological research. However, comparative analyses from previous studies have not indicated any specific feature that distinguishes iPSCs from ESCs. Therefore, in this study, we established a linear classification-based learning model to distinguish among ESCs, iPSCs, embryonal carcinoma cells (ECCs), and somatic cells on the basis of their DNA methylation profiles. The highest accuracy achieved by the learned models in identifying the cell type was 94.23%. In addition, the epigenetic signature of iPSCs, which is distinct from that of ESCs, was identified by component analysis of the learned models. The iPSC-specific regions with methylation fluctuations were abundant on chromosomes 7, 8, 12, and 22. The method developed in this study can be utilized with comprehensive data and widely applied to many aspects of molecular biology research.

    DOI: 10.1007/s13577-020-00446-3

    Scopus

    PubMed

  • Dog steroidogenic factor-1: molecular cloning and analysis of epigenetic regulation.

    Sekiya A, Takasawa K, Arai Y, Torisu S, Nishino K

    The Journal of veterinary medical science   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Steroidogenic factor 1 (SF-1) is a nuclear receptor that is important in steroid hormone production, and adrenal and gonad development. The <i>SF-1</i> gene is highly conserved among most vertebrates. However, dog <i>SF-1</i> registered in public databases, such as CanFam3.1, lacks the 5′ end compared to other mammals including mouse, human, bovine, and cat. Whether this defect is due to species differences or database error is unclear. Here, we determined the full-length dog <i>SF-1</i> cDNA sequence and identified the missing 5′ end sequence in the databases. The coding region of the dog <i>SF-1</i> gene has 1,386 base pairs, and the protein has 461 amino acid residues. Sequence alignment analysis among vertebrates revealed that the 5′ end sequence of dog <i>SF-1</i> cDNA is highly conserved compared to other vertebrates. The genomic position of the first exon was determined, and its promoter region sequence was analyzed. The DNA methylation state at the basal promoter and the expression of dog <i>SF-1</i> in steroidogenic tissues and non-steroidogenic cells were examined. CpG sites at the basal promoter displayed methylation kinetics inversely correlated with gene expression. The promoter was hypomethylated and hypermethylated in <i>SF-1</i> expressing and non-<i>SF-1</i> expressing tissues, respectively. In conclusion, we identified the true full sequence of dog <i>SF-1 </i>cDNA and determined the genome sequence around the first exon. The gene is under the control of epigenetic regulation, such as DNA methylation, at the promoter.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.20-0050

    PubMed

  • DNA methylation ambiguity in the Fibrillin-1 (FBN1) CpG island shore possibly involved in Marfan syndrome.

    Arai Y, Umeyama K, Okazaki N, Nakano K, Nishino K, Nagashima H, Ohgane J

    Scientific reports   10 ( 1 )   5287   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-62127-3

    PubMed

  • Epigenetic-scale comparison of human iPSCs generated by retrovirus, Sendai virus or episomal vectors. 査読あり

    Nishino K, Arai Y, Takasawa K, Toyoda M, Yamazaki-Inoue M, Sugawara T, Akutsu H, Nishimura K, Ohtaka M, Nakanishi M, Umezawa A

    Regenerative therapy   9   71 - 78   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.reth.2018.08.002

    PubMed

  • Effectiveness of bioengineered islet cell sheets for the treatment of diabetes mellitus 査読あり

    Nagaya M, Katsumata Y, Arai Y, Umeki I, Nakano K, Kasai Y, Hasegawa K, Okamoto K, Itazaki S, Matsunari H, Watanabe M, Umeyama K, Nagashima H

    J Surg Res   227   119 - 129   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jss.2018.02.019.

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 再生医療に向けたエピゲノムによるiPS細胞の特性解析 招待あり

    新井 良和, 西野 光一郎

    遺伝子医学   10 ( 1 )   61 - 67   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 機械学習とiPS細胞研究から得られるバイオビッグデータの融合 招待あり

    高澤建,新井良和,西野光一郎

    再生医療開発   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ハプロ不全優性遺伝病発症の新たな視点:分子メカニズムとしてエピジェネティクスが関与する可能性 招待あり

    竹内 健太, 牧野 智宏, 新井 良和, 大鐘潤

    明治大学農学部研究報告   65 ( 4 )   96 - 103   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ヒト雄性iPS細胞における活性X染色体のDNAメチル化動態の解析

    富田清良, 新井良和, 西野光一郎 他

    第113回日本繁殖生物学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 免疫不全疑い犬における遺伝子診断:CD40 Ligandの点変異の同定

    森正太郎, 新井良和, 西野光一郎 他

    第162回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月10日 - 2019年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多能性を有するイヌiPS細胞の樹立と特性解析

    西本光佑, 新井良和, 西野光一郎

    第162回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月10日 - 2019年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ハプロ不全優性遺伝病の解明に向けたアリルごとのDNAメチル化解析:フィブリリン1遺伝子を例として

    新井良和, 梅山一大, 岡崎なつみ, 西野光一郎, 長嶋比呂志, 大鐘潤

    日本エピジェネティクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • TERT-DMRの高メチル化は核ラミナとの結合を介してTERT発現獲得に寄与する

    高澤建, 新井良和, 西野光一郎 他

    第12回 日本エピジェネティクス研究会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月24日 - 2018年5月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • エピジェネティック情報に基づく化学物質による脂肪細胞肥大化のリスク評価

    2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ガラス化凍結技術を応用した膵ランゲルハンス島シート超低温保存法と機能評価法の開発

    2015年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    長屋昌樹、新井良和