魏 峻洸 (ギ トシヒロ)

Gi Toshihiro

写真a

所属

医学部 医学科 病理学講座構造機能病態学分野

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2021年4月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 人体病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Myeloid cell thrombus and fetal vascular malperfusion in placentas with transient abnormal myelopoiesis 査読あり

    Tomimori K., Kodama Y., Tanaka H., Yamashita A., Gi T., Asada Y., Doi K., Katsuragi S., Sato Y.

    Virchows Archiv   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virchows Archiv  

    Transient abnormal myelopoiesis (TAM), also known as transient myeloproliferative disorder or transient leukemia, is a self-regressing neoplasia that afflicts infants with trisomy 21. A recent review article documented “myeloid cell thrombus (MCT)” and “fetal vascular malperfusion (FVM)” in placentas with TAM, although the characteristic TAM placental findings have not been clarified. Here, we compared the clinical and pathological placental findings between trisomy 21 patients with or without TAM. In 13 cases of trisomy 21, we identified six placentas with TAM and seven placentas without TAM. The six placentas with TAM included two stillborn cases. Microscopically, MCT was noted in all the cases, and a high incidence of FVM (50%) was observed in TAM cases. Immunohistochemically, MCT was found to be a platelet-rich thrombus. The placentas were grouped according to the presence or absence of TAM and subsequently compared. Clinically, the incidences of abnormal fetal heart rate pattern and fetal or neonatal death were significantly higher in TAM cases. Pathologically, placenta in TAM cases weighted more than those in cases without TAM, and the incidence of MCT was significantly higher in placentas with TAM. Moreover, the incidence of FVM was higher in placentas with TAM, but this difference was not statistically significant. We propose that MCT is a diagnostic feature of placentas with TAM and may be associated with poor fetal outcomes.

    DOI: 10.1007/s00428-022-03289-5

    Scopus

    PubMed

  • Pericardial effusion in the course of Fabry disease cardiomyopathy: a case report. 査読あり

    Tsuruda T, Higashi Y, Gi T, Nakao S

    European heart journal. Case reports   5 ( 10 )   ytab407   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ehjcr/ytab407

    PubMed

  • Intracellular glutamine level determines vascular smooth muscle cell-derived thrombogenicity 査読あり

    Koyama S., Yamashita A., Matsuura Y., Saito Y., Maekawa K., Gi T., Kitamura K., Asada Y.

    Atherosclerosis   328   62 - 73   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Atherosclerosis  

    Background and aims: The everolimus-eluting stent (EES), one of the effective stents for in-stent restenosis (ISR), has a lower incidence of stent thrombosis; however, the underlying mechanism remains unknown. This study aimed to identify the effects of everolimus on vascular metabolism and thrombogenicity and examine their mechanistic link. Methods: EESs and bare-metal stents were implanted in rabbit iliac arteries with smooth muscle cell (SMC)-rich neointima induced by endothelial denudation. Four weeks after stent implantation, the stented arteries were examined for histological analysis and metabolomics. Additionally, everolimus effects in coronary artery SMCs metabolism, tissue factor (TF) expression, and procoagulant activity were assessed in vitro. Results: EES-implanted arteries showed decreased neointima formation, less SMCs infiltration, and reduced TF expression. Concomitantly, they were metabolically characterized by increased levels of metabolites in amino acids, such as glutamine. Similarly, everolimus increased intracellular glutamine levels, decreased TF expression, and reduced procoagulant activity in SMCs in vitro. On the contrary, exogenous glutamine administration also increased intracellular glutamine level, decreased TF expression, and reduced procoagulant activity despite enhanced mammalian target of rapamycin (mTOR) activity. Conclusions: Intracellular glutamine level is likely to determine vascular SMC-related thrombogenicity regardless of mTOR pathway activity. Therefore, increased intracellular glutamine level might contribute partially to the beneficial effect of EES use on stent thrombosis.

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2021.05.012

    Scopus

    PubMed

  • Metachronous esophageal ulcers after immune-mediated colitis due to immune checkpoint inhibitor therapy: A case report and literature review 査読あり

    Ogawa S, Kawakami H, Suzuki S, Kuroki D, Uchiyama N, Hatada H, Gi T, Sato Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 17 )   2783 - 2791   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>Although cases of gastrointestinal toxicity of pembrolizumab have been reported, cases of acute immune-mediated colitis accompanied with metachronous esophageal disorders (esophagitis and ulcer) are rare. We herein report a case of acute colitis and metachronous esophageal ulcers due to an immune-related adverse event following concomitant pembrolizumab chemotherapy for lung adenocarcinoma. To our knowledge, there have so far been no reports of cases in which both acute immune-mediated colitis and metachronous esophageal ulcers developed. We therefore report the details of this case along with a review of the pertinent literature. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6606-20

    Scopus

    PubMed

  • 腹部大動脈周囲リンパ節に再発した子宮頸癌が下大静脈に癌塞栓を形成した1例 査読あり

    冨森 馨予, 大西 淳仁, 大澤 綾子, 圓崎 夏美, 吉本 望, 福島 和子, 川越 靖之, 中村 栄作, 中村 都英, 魏 峻洸, 佐藤 勇一郎, 鮫島 浩

    宮崎県医師会医学会誌   45 ( 1 )   39 - 43   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • モデル動物の作製と利用 循環器疾患 2021 上巻

    山下 篤, 魏 峻洸, 浅田 祐士郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4節 ウサギ反復傷害血栓モデル)

    株式会社 エル・アイ・シー  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 新臨床静脈学

    魏 峻洸, 浅田 祐士郎 他( 担当: 分担執筆)

    Medical View  2019年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:503   担当ページ:398-399   記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • がんの種類別に見たCATのエビデンス 癌関連静脈血栓塞栓症の病理組織学的解析

    魏 峻洸, 山下 篤, 松田 俊太郎, 佐藤 勇一郎, 浅田 祐士郎

    脈管学   60 ( Suppl. )   S93 - S94   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本脈管学会  

  • 破裂性冠動脈プラークの血小板粘着にフィブリンやフォンウィルブランド因子が関与する

    山下 篤, 西平 賢作, 前川 和也, 魏 峻洸, 畠山 金太, 柴田 剛徳, 浅田 祐士郎

    日本血栓止血学会誌   31 ( 2 )   247 - 247   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本血栓止血学会  

  • 令和2年度日本病理学会100周年記念病理学研究新人賞 受賞体験記 招待あり

    魏 峻洸

    病理と臨床   39 ( 10 )   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 貴方も名医 招待あり

    魏 峻洸, 浅田 祐士郎 他

    Clinic magazine   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Diffuse midline glioma,H3 K27M-mutant九例の臨床病理学的検討

    福島 剛, 大栗 伸行, 魏 峻洸, 山下 真治, 横上 聖貴, 竹島 秀雄, 佐藤 勇一郎, 田中 弘之, 片岡 寛章

    日本病理学会会誌   109 ( 1 )   318 - 318   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本病理学会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 閉塞性細気管支炎により慢性肺移植片機能不全をきたした一剖検症例

    魏 峻洸, 重草 貴文, 坪内 宏伸, 松元 信弘, 山下 篤, 前川 和也, 阿萬 紫, 佐藤 勇一郎, 鍋島 一樹, 浅田 祐士郎

    日本病理学会会誌  2018年10月  (一社)日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 深部静脈血栓症における拡散強調画像の有用性:家兎頚静脈血栓モデルを用いた検討

    黒岩靖淳, 黒岩靖淳, 魏峻洸, 山下篤, 圓崎将大, 小西祐子, 宮地利明, 平井俊範, 今村卓郎, 浅沼武敏, 浅田祐士郎

    日本血栓止血学会誌  2017年4月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管内皮細胞のPodoplanin発現はラット頸動脈におけるびらん性傷害と血栓形成を促進する

    古小路英二, 山下篤, 盛口清香, 前川和也, 魏峻洸, 佐藤勇一郎, 平井俊範, 浅田祐士郎

    日本血栓止血学会誌  2017年4月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 冠動脈に多発性プラーク破裂を認めた急性心筋梗塞の一剖検例

    魏 峻洸、西野 峻、山下 篤、渡邉 望、柴田 剛徳、浅田祐士郎

    第67回日本病理学会 秋期特別総会  2021年11月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月4日 - 2021年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 心臓 MRI での病変の不均一性を呈した AL アミロイドーシスに対して両心室心筋生検を行った一例

    山村善政, 松浦祐之介, 石川哲憲, 北村和雄, 魏峻洸, 浅田祐士郎

    第42回心筋生検研究会学術集会  2021年6月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会100周年記念 病理学研究新人賞

    2021年4月   日本病理学会   血栓症の病態解明と新規検出法の開発

    魏 峻洸

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 癌関連静脈血栓症の血栓形成機序と発症予測所見の解明

    研究課題/領域番号:21K15403  2021年04月 - 2023年03月

    若手研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 環境と生命

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目