井上 賀之 (イノウエ ヨシユキ)

INOUE Yoshiyuki

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 獣医学博士 ( 2013年3月   山口大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A retrospective analysis for criteria of surgical intervention in Japanese Black calves with respiratory signs caused by perinatal rib fracture 査読あり

    Sueun KIM, Mrunmayi Vishwanath NAIK, Yumi KIRINO, Hiroyuki SATOH, Nao TSUZUKI, Yoshiyuki INOUE, Kohei KURODA, Yuichi HIDAKA

    Journal of Veterinary Medical Science   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Intra-abdominal mass containing controlled internal drug release (CIDR) devices detected by CT in a Japanese Black cow 査読あり

    Reiichiro SATO, Hiroyuki SATOH, Shoichi OKADA, Yoshimichi GODA, Kim SUEUN, Kohei KURODA, Yoshiyuki INOUE, Go KITAHARA, Takeshi OSAWA

    Journal of Veterinary Medical Science   2022年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Surgical Treatment of a Retropharyngeal Abscess in a Japanese Black Cow 査読あり

    Okada S., Sueun K., Ichikado R., Kuroda K., Inoue Y., Nakama Y., Satoh H., Sato R.

    Veterinary Sciences   9 ( 8 )   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Veterinary Sciences  

    A 17-month-old Japanese Black cow presented with inappetence, wheezing, dysphagia, and drooling. Radiography and ultrasonography revealed an oval, dorsal, pharyngeal mass, with an internal horizontal line demarcating the radiolucent area from the radio-opaque area. Upper airway endoscopy revealed pus-like deposits in the dorsal nasal passage, hyperemia, and edema in the dorsal pharynx, leading to swelling and airway obstruction. Manual palpation, after sedation, revealed a thickened mass surface, which was difficult to rupture with manual pressure. After inserting a linear sonographic probe through the mouth to establish the vascularity surrounding the mass and to identify a relatively thin-walled area, a trocar was pierced into the mass under endoscopic guidance, and the opening was enlarged manually. The mass was filled with stale pus-like material, which was removed manually. The abscess cavity was washed using saline and povidone–iodine. Day 1 post-surgery, dysphagia and wheezing disappeared. Day 16 post-surgery, endoscopy showed significant improvement in the airway patency. One year postoperatively, the owner reported that the cow had an uneventful recovery. For deep abscesses, such as bovine pharyngeal abscesses, it is important to perform a preoperative transoral Doppler ultrasonography to assess the vascularity and thickness of the abscess wall for safe trocar insertion and abscess drainage.

    DOI: 10.3390/vetsci9080446

    Scopus

    PubMed

  • Identification of domestic cat hepadnavirus from a cat blood sample in Japan. 査読あり

    Takahashi K, Kaneko Y, Shibanai A, Yamamoto S, Katagiri A, Osuga T, Inoue Y, Kuroda K, Tanabe M, Okabayashi T, Naganobu K, Minobe I, Saito A

    The Journal of veterinary medical science   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.22-0010

    PubMed

  • Radiographic diagnosis and surgical management for successful outcomes for osteochondrosis in Japanese Black calves. 査読あり

    Naik MV, Kirino Y, Uemura R, Kim S, Inoue Y, Hidaka Y

    The Journal of veterinary medical science   83 ( 1 )   151 - 157   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    Osteochondrosis (OC) is not well recognized in cattle. Japanese Black (JB) cattle are valued for their beef and studies regarding OC are scarce. Hence, the aim of this study was to retrospectively discuss clinical and radiographical findings, diagnosis and treatment options for OC in JB cattle for successful outcomes. Medical records of 11 calves affected with OC were reviewed, retrospectively. Clinical and radiographic findings, treatment and outcomes and postmortem examination findings were analyzed. All calves had lameness. Stifle (4/14) and tarsal (4/14) were the most affected joints. Subchondral bone lucencies were observed in all joints (14/14) and accompanied with sclerosis (10/14). Radiographic grading was performed in calves. Calves were treated surgically (8/11) or conservatively (1/11). Surgically treated calves were auctioned (5/8). Postmortem examination was performed (2/11). Gross findings revealed ulcerative lesion at articular surface. Histopathologically, cartilage layer was defected at lesion. Inflammation (2/2) and granulation tissue (1/2) was also observed. In conclusion, OC in JB cattle can be diagnosed on the basis of radiography with history and clinical signs in clinical setting. Surgery should be performed in mild cases for successful outcomes. A modified radiographic grading criteria for clinical cases may hold potential in evaluating prognosis and outcomes.

    DOI: 10.1292/jvms.20-0310

    PubMed

    CiNii Research

    researchmap

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • A retrospective analysis for criteria of surgical intervention in Japanese Black calves with respiratory signs caused by perinatal rib fracture 査読あり

    Kim S., Naik M.V., Kirino Y., Satoh H., Tsuzuki N., Inoue Y., Kuroda K., Hidaka Y.

    Journal of Veterinary Medical Science   85 ( 1 )   40 - 43   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Medical Science  

    Medical records of 16 Japanese Black calves with respiratory signs associated with perinatal rib fracture were analyzed, retrospectively, to speculate criteria of surgical intervention for the disease. For this analysis, the severity of respiratory condition was classified into three grades: Grade 1, with no wheezing, Grade 2, with wheezing after excitement but not at rest and Grade 3, with wheezing at rest. Grade 1 (n=3) received only conservative management. Seven of Grade 2 (n=8) and all of Grade 3 (n=5) had surgical management. Clinical outcome was good in all of Grade 1, and the surgical success rate was 83% in other groups. Our result suggests that surgical intervention should be considered for cases with more the severity of Grade 2.

    DOI: 10.1292/jvms.22-0332

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  • Intra-abdominal mass containing controlled internal drug release (CIDR) devices detected by CT in a Japanese Black cow

    Sato R., Satoh H., Okada S., Goda Y., Sueun K., Kuroda K., Inoue Y., Kitahara G., Osawa T.

    Journal of Veterinary Medical Science   84 ( 8 )   1088 - 1092   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Medical Science  

    This report describes an intra-abdominal mass caused by progesterone-containing controlled internal drug release (CIDR) devices in the abdominal cavity of a 28-month-old Japanese Black heifer presenting with infertility. Rectal examination revealed a mass containing a cartilage-like object in the pelvic cavity. Computed tomography revealed a mass containing two T-shaped foreign bodies. Laparotomy was performed to remove the mass containing the foreign bodies. The heifer was healthy at discharge seven days post-surgery. This case adds CIDR device as a new etiology for intra-abdominal masses. Furthermore, it highlights the usefulness of CT in diagnosing deep abdominal lesions.

    DOI: 10.1292/jvms.22-0180

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ハンセン2型椎間板ヘルニアの診断と治療 招待あり

    井上賀之

    2022年度第105回日本獣医麻酔外科学会学術集会  2022年12月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月24日 - 2022年12月25日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 診断に苦慮したパグの変性性脊髄症の一例

    近藤瑞保、井上賀之、水谷祐子、佐藤裕之、二瓶和美、黒田晃平、日高勇一

    令和4年度獣医学術九州地区学会  2022年9月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月4日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スエヒロタケ(Schizophyllum commune)による真菌性脊椎炎に伴い両後肢麻痺を呈した犬の1例

    井上賀之、水谷祐子、佐藤裕之、村田佳輝、二瓶和美、田邊美加、日高勇一

    第27回九州地区日本小動物獣医学会卒後研修会  2022年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月5日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 『 犬の頸部椎間板ヘルニアに対する外科治療 』 腹側減圧術 招待あり

    井上賀之

    年度第103回日本獣医麻酔外科学会学術集会パネルディスカッション 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月18日 - 2022年3月20日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 小脳に発生したラブドイド髄膜腫の犬の1例

    井上賀之、黒田晃平、水谷真也、水谷祐子、佐藤裕之、 添田久仁子、二瓶和美、日高勇一

    令和3年度獣医学術九州地区学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月22日 - 2021年10月31日

    会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 小動物獣医学会フレッシャーアワード

    2019年11月   日本小動物獣医学会  

    井上賀之,土本彩花,水谷真也,水谷祐子,Naik Mrunmayi Vishwanath,坂井秀二,桐野有美,日高勇一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 産業動物獣医学会九州獣医師連合会会長賞

    2019年11月   日本産業動物獣医学会   内固定および外固定を併用して治療した踵骨骨折の黒毛和種子牛の1例

    井上賀之,加藤梨帆,茂木渉,Naik Mrunmayi Vishwanath,Kim Su Eun,桐野有美,日高 勇一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本産業動物獣医学会九州地区連合会長賞

    2017年10月   日本獣医産業動物獣医学会   両側下顎骨開放骨折に対し吻側下顎骨切除術を行った黒毛和種子牛の1例

    西川豪亜, 日高勇一, 岩本希生, Naik Mrunmayi Vishwanath, 山部竜正, 都築 直, 桐野有美, 井上賀之

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規ペプチド“NURP”と“NSRP”のトランスレーショナルリサーチ

    研究課題/領域番号:20H03153  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    中原 桂子, 丸山 圭介, 永延 清和, 井上 賀之

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • Neuromedin U/Sとそれらの新規関連ペプチドの機能探索および橋渡し研究

    研究課題/領域番号:18H02354  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    村上 昇, 井上 賀之, 中原 桂子

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    昨年に掲げた研究実施計画は、NMU,NMS, NURPおよびNSRPの4つのペプチドの作用部位の違いを明確にすることであった。その方法としては、それら4つのペプチドをラットの脳室内に投与し、投与後のcFos発現を蛍光免疫染色によって比較することを掲げた。その結果、NMU及びNMS投与群では、室傍核、視索上核、扁桃体中心核で顕著に多いcFos発現が認められたのに対し、NURP及びNSRP投与群では、視交叉上核、視索上核、扁桃体中心核でのcFos発現は認められなかった。弓状核ではどのペプチド投与群においてもcFos発現がみられたが、その領域は異なっており、NMU、NMS投与では弓状核内側領域で、NURP、NSRP投与では弓状核外側領域で発現が認められた。また、NURP投与群でのみ腹側海馬台においてcFos発現が認められた。さらに、視床下部前領域ではNSRP投与群で発現量が多く、動眼神経副核ではNMS投与群で発現量が多い傾向がみられた。NMU、NMSが同様の部位にcFos発現を示したのは、両者が同じ受容体のNMU-R1、R2に結合している結果であると思われる。一方で、NMUとNMSの前駆体中の新規ペプチドのNURPとNSRPはそれらと異なる作用部位に作用していることが推測された。さらにNURPとNSRPが同じような作用部位を示したことは、それらの分子のアミノ酸配列に一部ホモロジーの高い部位が存在するためと考えられる。しかし、腹側海馬台において両者が異なっていたことから、それぞれが別の受容体を有している可能性も否定できないとも考えられる。

    researchmap

  • デスアシルグレリンの新規生理作用の探索ならびに受容体の同定

    研究課題/領域番号:11J07865  2011年04月 - 2013年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費