境 泉洋 (サカイ モトヒロ)

SAKAI Motohiro

写真a

所属

教育学部 教育臨床心理

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 人間科学 ( 2005年3月   早稲田大学 )

  • 人間科学 ( 2001年3月   早稲田大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 臨床心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Individuals with hikikomori and their families’ cognitive behavioral factors: A prospective study 査読あり

    Nonaka S., Shimada H., Sakai M.

    Current Psychology   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Current Psychology  

    The cognitive behavioral variables of a family that influence the improvement of prolonged social withdrawal (hikikomori) remain unclear. This study prospectively and experimentally examined the effects of family behavioral repertoire and family interaction on hikikomori recovery. The participants were selected from family associations and support centers in the Kanto region of Japan; the study was performed from May 2017 to March 2018. Overall, seven family members (four mothers and three fathers, aged 55–73) of hikikomori individuals (five males and two females, aged 20–47) participated in four 90-min individual sessions targeting cognitive behavioral variables (family behavioral repertoire, cognition of contingency, family interaction, and target behaviors); the intervention sessions were customized according to family characteristics, and participants were followed up at one, three, and six months after the intervention. Of these, three participants demonstrated improvements in up to two cognitive-behavioral variables after the intervention; furthermore, in all three cases, the social interactions of the hikikomori individuals increased later than the changes in their families. The time differences in these alterations suggest a causal relationship between family cognitive behavioral variables and recovery from hikikomori. However, Spearman’s correlation coefficients using the difference values from the pre-assessment were not significant for the hikikomori individuals’ social interactions and the families’ cognitive behavioral variables. These correlation analyses were preliminary because of the small sample size. Further studies with larger sample sizes and robust study designs are needed to confirm these findings.

    DOI: 10.1007/s12144-022-02772-1

    Scopus

  • 特集 社会につながれない 隠されたひきこもり-8050問題 長期化するひきこもり本人と共に生きる家族の相談支援 査読あり

    境 泉洋

    公衆衛生   85 ( 10 )   655 - 660   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1401209709

    CiNii Research

  • スクールカウンセリングとアサーション 招待あり

    境 泉洋

    精神療法   増刊 ( 8号 )   155 - 160   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • COVID-19禍における中高年のひきこもり支援 招待あり

    境 泉洋

    都市問題   112 ( 9 )   46 - 54   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A correlational study of socioeconomic factors and the prevalence of hikikomori in Japan from 2010 to 2019 査読あり

    Nonaka S., Sakai M.

    Comprehensive Psychiatry   108   152251   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Comprehensive Psychiatry  

    Background: Although several surveys have suggested that socioeconomic factors function as background variables for the incidence of hikikomori (prolonged social withdrawal), no research has directly examined whether socioeconomic indicators increase the incidence of hikikomori. This study aimed to examine the relationship between socioeconomic factors and the incidence of hikikomori using data from eight cross-sectional studies conducted by our group between 2010 and 2019. Methods: We used socio-economic data from national surveys and collected the demographic data of members of a multi-branch Japanese association for family members of hikikomori patients for the period of 2010–2019. Results: The results of the partial correlation analysis showed that the incidence probability of hikikomori increased in tandem with unemployment rates and household income. Further, the associations were positively strong in the 2010–2015 research period; however, they were absent, weak, or medium in the 2016–2019 research period. Conclusions: The findings suggest that socioeconomic factors relate to the increase in hikikomori, and that these factors should be considered when identifying the individual or cultural factors that cause hikikomori.

    DOI: 10.1016/j.comppsych.2021.152251

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 福祉心理学

    境 泉洋( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ひきこもり)

    医歯薬出版株式会社  2022年1月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書

  • 現代の臨床心理学3 臨床心理介入方

    境 泉洋( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 家族支援を含むケースマネジメントーひきこもり事例を想定してー)

    東京大学出版  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 健康・医療心理学

    境 泉洋( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ひきこもり)

    講談社  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • CRAFT物質依存がある人の家族への臨床モジュール

    Roozen H.G., Meyers Robert J., Smith Jane Ellen, 松本 俊彦, 境 泉洋, 佐藤 彩有里, 山本 彩, 白石 英才( 担当: 監修)

    金剛出版  2021年  ( ISBN:9784772418409

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • CRAFTひきこもりの家族支援ワークブック : 共に生きるために家族ができること

    境 泉洋, 野中 俊介, 山本 彩, 平生 尚之( 担当: 共著)

    金剛出版  2021年  ( ISBN:9784772418362

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 支援が必要となる「ひきこもり」を生まない社会 招待あり

    境 泉洋

    発達教育   41 ( 3 )   28 - 29   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 全国各地のひきこもり支援活動の展開 招待あり

    平野 学・境 泉洋

    日本臨床心理士会雑誌   30 ( 2 )   56 - 57   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • ひきこもりと発達障害③ 求められるひきこもり支援 招待あり

    境 泉洋

    発達教育   41 ( 2 )   28 - 29   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • ひきこもりと発達障害② ひきこもりと発達障害ーその関連性ー 招待あり

    境 泉洋

    発達教育   41 ( 1 )   28 - 29   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • ひきこもりと発達障害① ひきこもりとは 招待あり

    境 泉洋

    発達教育   40 ( 12 )   28 - 29   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ ひきこもりのCBT

    境 泉洋・山本 彩

    日本認知・行動療法学会第47回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月10日 - 2021年11月7日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 社会と心理臨床 招待あり

    村澤知多里・東畑開人・岩宮恵子・境 泉洋

    日本心理臨床学会第40回大会  2021年9月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月3日 - 2021年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Hikikomori: An update on research on pathological social withdrawal 招待あり 国際会議

    Motohiro Sakai

    The 19th International Congress of the Pacific Rim College of Psychiatrists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月8日 - 2021年4月10日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • ひきこもりの包括的評価と病態・ステージに応じた支援

    加藤隆弘、近藤直司、宇佐美政英、境 泉洋

    第17回日本うつ病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月25日 - 2021年1月31日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 行動論的ひきこもり支援の基礎

    境 泉洋

    日本認知・行動療法学会第46回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月11日 - 2020年10月11日

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 本明賞

    2018年   日本健康心理学会  

    野中俊介・嶋田洋徳・境 泉洋

  • 内山記念賞

    2016年10月   日本認知・行動療法学会  

    境 泉洋

  • 徳島大学共通教育賞

    2015年8月   徳島大学  

    境 泉洋

  • 康楽賞

    2015年1月   公益財団法人康楽会  

    境 泉洋

  • 学会奨励賞

    2014年3月   日本カウンセリング学会  

    境 泉洋

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ひきこもり支援のためのコミュニティワイド認知行動療法(CWCBT-H)の開発

    研究課題/領域番号:21H00951  2021年04月 - 2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 思春期からの社会経験が剥奪されたひきこもり経験者の主体価値が人生に与える影響

    研究課題/領域番号:19H04882  2019年 - 2021年

    科学研究費補助金  新学術領域研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 社会的ひきこもりや暴力等の不適応行動に対する家族支援プログラムの普及と効果検証

    研究課題/領域番号:18K02073  2018年 - 2022年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 発達障害児への予防的介入システムの思春期への拡大と効果査定

    研究課題/領域番号:17H02644  2017年 - 2022年

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 神経グリア発達によるモチベーションの形成とその破綻・修復機構の解明

    研究課題/領域番号:16H06403  2016年 - 2021年

    科学研究費補助金  新学術領域研究

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • モラエス顕彰による地方創生プロジェクト

    2016年

    徳島大学  総合科学部創生研究プロジェクト 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ひきこもりの日英比較研究

    2008年

    徳島大学  学長裁量経費 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • とくしまの青少年に関する意識調査・分析事業

    2016年

    一般受託研究 

     詳細を見る

    受託研究区分:一般受託研究

  • 若年はばたけプログラム開発事業

    2014年

    一般受託研究 

     詳細を見る

    受託研究区分:一般受託研究

  • ひきこもり支援対策調査研究事業

    2011年 - 2012年

    一般受託研究 

     詳細を見る

    受託研究区分:一般受託研究