齊藤 暁 (サイトウ アカツキ)

SAITO Akatsuki

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学) ( 2011年3月   東京大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 獣医微生物学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他 / その他  / 獣医微生物学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   新領域創成科学研究科

    - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 宮崎大学   農学部   獣医学科

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会

  • 日本獣医学会

  • 日本エイズ学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Altered TMPRSS2 usage by SARS-CoV-2 Omicron impacts tropism and fusogenicity. 査読あり 国際共著

    Meng B, Abdullahi A, Ferreira IATM, Goonawardane N, Saito A, Kimura I, Yamasoba D, Gerber PP, Fatihi S, Rathore S, Zepeda SK, Papa G, Kemp SA, Ikeda T, Toyoda M, Tan TS, Kuramochi J, Mitsunaga S, Ueno T, Shirakawa K, Takaori-Kondo A, Brevini T, Mallery DL, Charles OJ, CITIID-NIHR BioResource COVID- Collaboration., Genotype to Phenotype Japan (GP-Japan) Consortium members., Ecuador-COVID19 Consortium., Bowen JE, Joshi A, Walls AC, Jackson L, Martin D, Smith KGC, Bradley J, Briggs JAG, Choi J, Madissoon E, Meyer K, Mlcochova P, Ceron-Gutierrez L, Doffinger R, Teichmann SA, Fisher AJ, Pizzuto MS, de Marco A, Corti D, Hosmillo M, Lee JH, James LC, Thukral L, Veesler D, Sigal A, Sampaziotis F, Goodfellow IG, Matheson NJ, Sato K, Gupta RK

    Nature   603 ( 7902 )   706 - 714   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    The SARS-CoV-2 Omicron BA.1 variant emerged in 2021<sup>1</sup> and has multiple mutations in its spike protein<sup>2</sup>. Here we show that the spike protein of Omicron has a higher affinity for ACE2 compared with Delta, and a marked change in its antigenicity increases Omicron’s evasion of therapeutic monoclonal and vaccine-elicited polyclonal neutralizing antibodies after two doses. mRNA vaccination as a third vaccine dose rescues and broadens neutralization. Importantly, the antiviral drugs remdesivir and molnupiravir retain efficacy against Omicron BA.1. Replication was similar for Omicron and Delta virus isolates in human nasal epithelial cultures. However, in lung cells and gut cells, Omicron demonstrated lower replication. Omicron spike protein was less efficiently cleaved compared with Delta. The differences in replication were mapped to the entry efficiency of the virus on the basis of spike-pseudotyped virus assays. The defect in entry of Omicron pseudotyped virus to specific cell types effectively correlated with higher cellular RNA expression of TMPRSS2, and deletion of TMPRSS2 affected Delta entry to a greater extent than Omicron. Furthermore, drug inhibitors targeting specific entry pathways<sup>3</sup> demonstrated that the Omicron spike inefficiently uses the cellular protease TMPRSS2, which promotes cell entry through plasma membrane fusion, with greater dependency on cell entry through the endocytic pathway. Consistent with suboptimal S1/S2 cleavage and inability to use TMPRSS2, syncytium formation by the Omicron spike was substantially impaired compared with the Delta spike. The less efficient spike cleavage of Omicron at S1/S2 is associated with a shift in cellular tropism away from TMPRSS2-expressing cells, with implications for altered pathogenesis.

    DOI: 10.1038/s41586-022-04474-x

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41586-022-04474-x

  • Enhanced fusogenicity and pathogenicity of SARS-CoV-2 Delta P681R mutation. 査読あり

    Saito A, Irie T, Suzuki R, Maemura T, Nasser H, Uriu K, Kosugi Y, Shirakawa K, Sadamasu K, Kimura I, Ito J, Wu J, Iwatsuki-Horimoto K, Ito M, Yamayoshi S, Loeber S, Tsuda M, Wang L, Ozono S, Butlertanaka EP, Tanaka YL, Shimizu R, Shimizu K, Yoshimatsu K, Kawabata R, Sakaguchi T, Tokunaga K, Yoshida I, Asakura H, Nagashima M, Kazuma Y, Nomura R, Horisawa Y, Yoshimura K, Takaori-Kondo A, Imai M, Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium., Tanaka S, Nakagawa S, Ikeda T, Fukuhara T, Kawaoka Y, Sato K

    Nature   602 ( 7896 )   300 - 306   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1038/s41586-021-04266-9

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41586-021-04266-9

  • Transmissibility, infectivity, and immune evasion of the SARS-CoV-2 BA.2.86 variant. 査読あり

    Uriu K, Ito J, Kosugi Y, Tanaka YL, Mugita Y, Guo Z, Hinay AA Jr, Putri O, Kim Y, Shimizu R, Begum MM, Jonathan M, Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium, Saito A, Ikeda T, Sato K

    The Lancet. Infectious diseases   23 ( 11 )   e460 - e461   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1473-3099(23)00575-3

    PubMed

  • Genetic Diversity of Domestic Cat Hepadnavirus in Southern Taiwan. 査読あり

    Silva BBI, Chen JY, Villanueva BHA, Lu ZY, Hsing HZ, Montecillo AD, Shofa M, Minh H, Chuang JP, Huang HY, Saito A, Chuang KP

    Viruses   15 ( 10 )   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/v15102128

    PubMed

  • Multiple mutations of SARS-CoV-2 Omicron BA.2 variant orchestrate its virological characteristics. 査読あり

    Kimura I, Yamasoba D, Nasser H, Ito H, Zahradnik J, Wu J, Fujita S, Uriu K, Sasaki J, Tamura T, Suzuki R, Deguchi S, Plianchaisuk A, Yoshimatsu K, Kazuma Y, Mitoma S, Schreiber G, Asakura H, Nagashima M, Sadamasu K, Yoshimura K, Takaori-Kondo A, Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium, Ito J, Shirakawa K, Takayama K, Irie T, Hashiguchi T, Nakagawa S, Fukuhara T, Saito A, Ikeda T, Sato K

    Journal of virology   e0101123   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jvi.01011-23

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 実験医学

    齊藤暁、入江崇.( 担当: 共著 ,  範囲: SARS-CoV-2デルタ株の高病原性メカニズムの解明)

    羊土社  2022年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • A zinc-finger-containing protein ZCCHC3 is a novel antiretroviral host factor. 招待あり 国際会議

    Akatsuki Saito

    PICREID Mid-term meeting. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月19日 - 2023年1月20日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Genotype to phenotype Japan (G2P-Japan) consortium-based collaboration to elucidate the virological characteristics of SARS-CoV-2 variants. 招待あり 国際会議

    Akatsuki Saito.

    The 2nd France-Japan symposium on HIV/AIDS and Infectious Disease Basic Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月4日 - 2022年11月6日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • A zinc-finger-containing protein ZCCHC3 is a novel antiretroviral host factor. 招待あり 国際会議

    Akatsuki Saito, Binbin Yi, Yuri L Tanaka, Erika P Butlertanaka, Shige H. Yoshimura.

    23rd Kumamoto AIDS Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月31日 - 2022年11月2日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 論文賞

    2022年6月   特定非営利活動法人日本オゾン協会  

    Inagaki H, Saito A, Sudaryatma PE, Sugiyama H, Okabayashi T, Fujimoto S.

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  • 技術賞

    2021年7月   特定非営利活動法人 日本オゾン協会  

    齊藤暁

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ポストコロナ時代を見据えた学際ウイルス学研究の推進

    研究課題/領域番号:23K20041  2023年04月 - 2030年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費基金  国際共同研究加速基金(国際先導研究)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 動物フォーミーウイルスベクターの基盤構築と牛伝染性リンパ腫ワクチンの開発

    研究課題/領域番号:22H02500  2022年04月 - 2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • ゲノムワイドスクリーニングに基づくSFTS発症小動物モデルの樹立と治療開発展開

    研究課題/領域番号:21H02361  2021年04月 - 2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    岡林 環樹、斎藤 暁、山田 健太郎

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • インターフェロン誘導性宿主因子によるフラビウイルス宿主域決定機序の体系的理解

    研究課題/領域番号:19K06382  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 長期作用型HIV-1 CA阻害剤の安定的活用に資する学術的基盤構築

    2023年04月 - 2024年03月

    名古屋医療センター(AMEDの再委託)  エイズ対策実用化研究事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ヒトin vitro高次評価系を用いたサル痘ウイルス(2022年アウトブレイク株)の性状解析

    2023年04月 - 2024年03月

    国立大学法人京都大学(AMEDの再委託)  新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • エイズウィルス完全排除

    2023年04月 - 2024年03月

    国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 新型コロナウイルス感染症の克服に向けたコンソーシアム研究の展開

    2023年04月 - 2024年03月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構   一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 迅速なエイズウイルスの分離方法の確立

    2022年04月 - 2024年03月

    国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所  一般受託研究 

    齊藤 暁 村瀬 敦宣 坂本 信介 安達 鉄矢

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 次亜塩素酸ナトリウム(製品名:SteriNa)によるSARS-CoV-2不活化試験

    2020年12月 - 2021年06月

    SSP株式会社  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究