齊藤 暁 (サイトウ アカツキ)

SAITO Akatsuki

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学) ( 2011年3月   東京大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 獣医微生物学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • その他 / その他  / 獣医微生物学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   新領域創成科学研究科

    - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 宮崎大学   農学部   獣医学科

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会

  • 日本エイズ学会

  • 日本獣医学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Altered TMPRSS2 usage by SARS-CoV-2 Omicron impacts tropism and fusogenicity. 査読あり 国際共著

    Meng B, Abdullahi A, Ferreira IATM, Goonawardane N, Saito A, Kimura I, Yamasoba D, Gerber PP, Fatihi S, Rathore S, Zepeda SK, Papa G, Kemp SA, Ikeda T, Toyoda M, Tan TS, Kuramochi J, Mitsunaga S, Ueno T, Shirakawa K, Takaori-Kondo A, Brevini T, Mallery DL, Charles OJ, CITIID-NIHR BioResource COVID- Collaboration., Genotype to Phenotype Japan (GP-Japan) Consortium members., Ecuador-COVID19 Consortium., Bowen JE, Joshi A, Walls AC, Jackson L, Martin D, Smith KGC, Bradley J, Briggs JAG, Choi J, Madissoon E, Meyer K, Mlcochova P, Ceron-Gutierrez L, Doffinger R, Teichmann SA, Fisher AJ, Pizzuto MS, de Marco A, Corti D, Hosmillo M, Lee JH, James LC, Thukral L, Veesler D, Sigal A, Sampaziotis F, Goodfellow IG, Matheson NJ, Sato K, Gupta RK

    Nature   603 ( 7902 )   706 - 714   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1038/s41586-022-04474-x

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41586-022-04474-x

  • Enhanced fusogenicity and pathogenicity of SARS-CoV-2 Delta P681R mutation. 査読あり

    Saito A, Irie T, Suzuki R, Maemura T, Nasser H, Uriu K, Kosugi Y, Shirakawa K, Sadamasu K, Kimura I, Ito J, Wu J, Iwatsuki-Horimoto K, Ito M, Yamayoshi S, Loeber S, Tsuda M, Wang L, Ozono S, Butlertanaka EP, Tanaka YL, Shimizu R, Shimizu K, Yoshimatsu K, Kawabata R, Sakaguchi T, Tokunaga K, Yoshida I, Asakura H, Nagashima M, Kazuma Y, Nomura R, Horisawa Y, Yoshimura K, Takaori-Kondo A, Imai M, Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium., Tanaka S, Nakagawa S, Ikeda T, Fukuhara T, Kawaoka Y, Sato K

    Nature   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1038/s41586-021-04266-9

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41586-021-04266-9

  • Virological characteristics of the SARS-CoV-2 Omicron BA.2 spike. 査読あり

    Yamasoba D, Kimura I, Nasser H, Morioka Y, Nao N, Ito J, Uriu K, Tsuda M, Zahradnik J, Shirakawa K, Suzuki R, Kishimoto M, Kosugi Y, Kobiyama K, Hara T, Toyoda M, Tanaka YL, Butlertanaka EP, Shimizu R, Ito H, Wang L, Oda Y, Orba Y, Sasaki M, Nagata K, Yoshimatsu K, Asakura H, Nagashima M, Sadamasu K, Yoshimura K, Kuramochi J, Seki M, Fujiki R, Kaneda A, Shimada T, Nakada TA, Sakao S, Suzuki T, Ueno T, Takaori-Kondo A, Ishii KJ, Schreiber G, Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium., Sawa H, Saito A, Irie T, Tanaka S, Matsuno K, Fukuhara T, Ikeda T, Sato K

    Cell   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2022.04.035

    PubMed

  • Virucidal activity and mechanism of action of cetylpyridinium chloride against SARS-CoV-2. 査読あり

    Okamoto N, Saito A, Okabayashi T, Komine A

    Journal of oral and maxillofacial surgery, medicine, and pathology   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2022.04.001

    PubMed

  • Highly polymerized proanthocyanidins (PAC) components from blueberry leaf and stem significantly inhibit SARS-CoV-2 infection via inhibition of ACE2 and viral 3CLpro enzymes 査読あり

    Kazuhiro Sugamoto, Yuri L. Tanaka, Akatsuki Saito, Yoh Goto, Takayuki Nakayama, Tamaki Okabayashi, Hisato Kunitake, Kazuhiro Morishita

    Biochemical and Biophysical Research Communications   2022年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.04.072

    researchmap

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 技術賞

    2021年7月   特定非営利活動法人 日本オゾン協会  

    齊藤暁

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • インターフェロン誘導性宿主因子によるフラビウイルス宿主域決定機序の体系的理解

    研究課題/領域番号:19K06382  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 次亜塩素酸ナトリウム(製品名:SteriNa)によるSARS-CoV-2不活化試験

    2020年12月 - 2021年06月

    SSP株式会社  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究