YAMAGUCHI Naoya

写真a

Affiliation

Faculty of Education Mathematics education

Title

Lecturer

External Link

Degree 【 display / non-display

  • 博士(数理学) ( 2017.3   九州大学 )

Research Areas 【 display / non-display

  • Natural Science / Algebra

 

Papers 【 display / non-display

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 電力取引支援装置及び電力取引支援方法

    山口尚哉, 山口由佳, 堀摩伊也, 出口喜也, 西井龍映

    第29回技術・研究発表交流会  2022.9.2 

     More details

    Event date: 2022.9.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 一般化された Dedekind の定理の精密化と Olga Taussky-Todd 問題への応用

    山口尚哉

    数理情報科学さくらセミナー2022  2022.3.22 

     More details

    Event date: 2022.3.22 - 2022.3.23

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 群行列式を用いた有限群の研究について

    山口尚哉

    MZセミナー  2021.11.16 

     More details

    Event date: 2021.11.16

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 非対称な損失の期待値の最小化における分散の不等式

    山口尚哉

    数理情報科学 さくらセミナー2021  2021.3.21 

     More details

    Event date: 2021.3.21

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

  • 一般化された群行列式による部分群の決定

    山口尚哉

    JCCA-2020・ 離散数学とその応用研究集会2020・スペクトラルグラフ理論および周辺領域 第9回研究集会 ミニシンポジウム 組合せ論的表現論  2020.8.18 

     More details

    Event date: 2020.8.18

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    researchmap

display all >>

Industrial property rights 【 display / non-display

  • 電力取引支援装置及び電力取引支援方法

    山口尚哉

     More details

    Applicant:国立大学法人九州大学

    Application no:特願2018-158215  Date applied:2018.8.27

    Announcement no:特開2019-046467  Date announced:2019.3.22

    Date published:2019322

    Patent/Registration no:特許第7101403号  Date registered:2022.7.7  Date issued:2022.7.15

    Rights holder:国立大学法人九州大学

Works 【 display / non-display

  • 電力調達最適化プログラム

    2018.3

     More details

    Work type:Software  

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 群行列式の拡張とその応用

    2015.04 - 2017.03

    科学研究費補助金  -

    山口 尚哉

      More details

    本研究の目的は、群行列式を拡張することにより、群行列式に関するFrobeniusの定理の一般化を得ること、この一般化を有限群論とその表現論へ応用することである。
    群行列は、群の元に対する不定元を成分にもつある行列のことで、この群行列の行列式を群行列式という。Frobeniusは群行列式の複素数体上の既約分解を与えた。この定理をFrobeniusの定理という。
    本研究者は、群行列と群行列式を拡張することにより、Frobeniusの定理の一般化を得た。Frobeniusの定理が、群の既約表現を用いて群行列式の既約分解を与えるのに対して、このFrobeniusの定理の一般化は、群の部分群の既約表現を用いて群行列式の因数分解を与える。
    本研究では、まず多項式環をその多項式環と群環のテンソル積へと拡大し、元の多項式環を、拡大した環の部分環とみなす。そうすれば群行列を、多項式を成分にもつ行列環から、拡大した環の元を成分にもつ行列環の元とみなすことができ、これにより群環の正則表現を用いて、群行列と群行列式をそれぞれ、拡大した環の元を成分にもつ行列、拡大した環の元へと自然に拡張することができる。この拡張がFrobeniusの定理の一般化を導く。Frobeniusの定理の一般化は有限群の表現論への応用があり、有限群の既約表現の次数に関する情報が得られる。
    さらに本研究では、この一般化を得る過程において、拡張した群行列のスペクトルや拡張した群行列式の性質、そして有限群と非可換行列式の関係性を考察した。この考察により、Dedekindの定理の拡張と一般化、Dedekindの定理のさらなる拡張とさらなる一般化、そして群環上のCapelli元が得られた。