入江 隆夫 (イリエ タカオ)

Takao Irie

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学) ( 2018年3月   山口大学大学院連合獣医学研究科 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 寄生虫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Tongue worm (subclass: Pentastomida) infection and treatment in two domesticated reptiles - A case report. 査読あり

    Takaki Y, Irie T, Takami Y, Asakawa M, Yoshida A

    Parasitology international   91   102617   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parint.2022.102617

    PubMed

  • Diagnostic value of recombinant nanoluciferase fused Toxoplasma gondii antigens in Luciferase-linked Antibody Capture Assay (LACA) for Toxoplasma infection in pigs. 査読あり

    Duong HD, Taniguchi Y, Takashima Y, Sekiguchi S, Aye KM, Ahmadi P, Bui LK, Irie T, Nagayasu E, Yoshida A

    The Journal of veterinary medical science   advpub ( 0 )   905 - 913   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Toxoplasmosis is a widespread protozoan zoonosis. Since ingesting undercooked meat harboring <i>Toxoplasma gondii</i> cyst is considered one of the major transmission routes to humans, the screening of <i>T. gondii</i> in meat-producing animals can reduce the risk of food-borne toxoplasmosis in humans. Among serological diagnostic methods, Luciferase-linked Antibody Capture Assay (LACA) has been found to be a promising platform with high sensitivity and specificity. In this study, we aimed to evaluate recombinant nanoluciferase fused-<i>T. gondii</i> antigens (rNluc-GRA6, rNluc-GRA7, rNluc-GRA8 and rNluc-BAG1) for their potential use in LACA for pigs. As a result, the sensitivity of GRA6-, GRA7-, GRA8- and BAG1-LACA were 70.0%, 80.0%, 80.0% and 30.0% with specificity 87.0%, 81.5%, 74.1% and 50.0%, respectively. The cocktail LACA using a mixture of rNluc-GRA6, rNluc-GRA7 and rNluc-GRA8 indicated higher sensitivity (90.0%) and a similar specificity (96.3%) in comparison with the commercial ELISA kit. Compared to the Dye-Test as a reference test, cocktail LACA showed strong agreement (kappa value=0.811) when we assessed pig sera collected at the slaughterhouse. In addition, we also successfully established the rapid LACA format for the detection of <i>Toxoplasma</i> infection in pigs (called Rapid-LACA) in which the test could be performed within 30 min. In Rapid-LACA, the protein A pre-coated/blocked plates could be preserved at −30°C, 4°C or room temperature conditions for at least two months without compromising on the quality of assay.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.22-0099

    PubMed

    CiNii Research

  • Sensitivity comparison between Mini-FLOTAC and conventional techniques for the detection of Echinococcus multilocularis eggs 査読あり 国際誌

    Kida I., Kouguchi H., Irie T., Yagi K., Nakao R., Nonaka N.

    Parasitology International   87   102522 - 102522   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Parasitology International  

    Canines serve as the definitive host of Echinococcus multilocularis. This study evaluated the sensitivity of the Mini-FLOTAC technique (MF) for the detection of E. multilocularis eggs in definitive hosts. First, we investigated the effects of heat inactivation and preservative conditions on the detection rate of eggs obtained from experimentally infected dogs. The sensitivity of MF was compared with that of eight other techniques: the centrifugal flotation with sucrose or zinc sulfate, MGL, AMS III, and a combination of MF and flotation/sedimentation techniques. Finally, we compared the sensitivity of MF and the centrifugal flotation with sucrose for the feces of E. multilocularis-infected foxes. The detection rate reached a plateau level with a specific gravity (s.g.) 1.22 for fresh eggs, but the highest rates were obtained with s.g. greater than 1.32 for heat-inactivated eggs. There was no significant difference in the detection rate among the preservative conditions. MF showed significantly higher EPG than the other techniques. Moreover, it showed higher diagnostic sensitivity for the fox feces than the centrifugal flotation technique. These results suggest that heat inactivation may alter s.g. of E. multilocularis eggs and that MF with zinc sulfate (s.g. = 1.32) would be effective for detecting heat-inactivated E. multilocularis eggs.

    DOI: 10.1016/j.parint.2021.102522

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Sporadic endemicity of zoonotic Paragonimus in raccoon dogs and Japanese badgers from Miyazaki Prefecture, Japan. 査読あり

    Ishida M, Kaneko C, Irie T, Maruyama Y, Tokuda A, Yoshida A

    The Journal of veterinary medical science   84 ( 3 )   454 - 456   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Paragonimiasis is a zoonotic trematode infection caused by <i>Paragonimus </i>spp. To determine the recent status of <i>Paragonimus</i> infections in wild animals, this study investigated <i>Paragonimus</i> spp. in 39 raccoon dogs and 54 Japanese badgers from March 2019 to January 2021 in Miyazaki Prefecture, and examined metacercariae in freshwater crabs. Triploid <i>P. westermani</i> was found in one raccoon dog (2.6%), and metacercariae were recovered from <i>Eriocheir japonica</i> captured near the infected animal collected. One Japanese badger (1.9%) harbored <i>P. skrjabini miyazakii</i>; this prevalence was lower than the approximately 30% that was reported in the 1970s. Results indicated that zoonotic <i>Paragonimus </i>was sporadically prevalent in wild animals. Further investigation in various animals is awaited to elucidate current wildlife reservoirs for those <i>Paragonimus</i>.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.21-0573

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

    researchmap

  • Cotton rats (Sigmodon hispidus) with a high prevalence of hydrocephalus without clinical symptoms 査読あり 国際誌

    Kondoh D., Nakamura T., Tsuji E., Hosotani M., Ichii O., Irie T., Mishima T., Nagasaki K.i., Kon Y.

    Neuropathology   42 ( 1 )   16 - 27   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuropathology  

    Normal-pressure hydrocephalus (NPH) is a condition in which the ventricle is enlarged without elevated cerebrospinal fluid pressure, and it generally develops in later life and progresses slowly. A complete animal model that mimics human idiopathic NPH has not yet been established, and the onset mechanisms and detailed pathomechanisms of NPH are not fully understood. Here, we demonstrate a high spontaneous prevalence (34.6%) of hydrocephalus without clinical symptoms in inbred cotton rats (Sigmodon hispidus). In all 46 hydrocephalic cotton rats, the severity was mild or moderate and not severe. The dilation was limited to the lateral ventricles, and none of the hemorrhage, ventriculitis, meningitis, or tumor formation was found in hydrocephalic cotton rats. These findings indicate that the type of hydrocephalus in cotton rats is similar to that of communicating idiopathic NPH. Histopathological examinations revealed that the inner granular and pyramidal layers (layers IV and V) of the neocortex became thinner in hydrocephalic brains. A small number of pyramidal cells were positive for Fluoro-Jade C (a degenerating neuron marker) and ionized calcium-binding adaptor molecule 1 (Iba1)-immunoreactive microglia were in contact with the degenerating neurons in the hydrocephalic neocortex, suggesting that hydrocephalic cotton rats are more or less impaired projections from the neocortex. This study highlights cotton rats as a candidate for novel models to elucidate the pathomechanism of idiopathic NPH. Additionally, cotton rats have some noticeable systemic pathological phenotypes, such as chronic kidney disease and metabolic disorders. Thus, this model might also be useful for researching the comorbidities of NPH to other diseases.

    DOI: 10.1111/neup.12776

    Scopus

    PubMed

    researchmap

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 実験室内における多包条虫卵の不活化条件に関する諸検討(その2)―市販弱酸性次亜塩素酸水の影響― 査読あり

    孝口裕一, 入江隆夫

    北海道立衛生研究所報   67   87 - 89   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • ミルベマイシンオキシム・プラジカンテル併用による北海道とヨーロッパで分離された多包条虫に対する有効性の比較 査読あり

    孝口裕一, 入江隆夫, 八木欣平

    北海道立衛生研究所報   66   91 - 93   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:北海道立衛生研究所  

    北海道根室市で分離された根室株およびヨーロッパ株の多包条虫を用いて、プラジカンテル(PZ)にミルベマイシンオキシム(MB)を配合した合剤の有効性について検討した。PZおよびMBの混合比が製剤と同じ10:1となるよう作成し、培養液で10倍段階希釈し、PZ濃度(MB濃度)1.0(0.1)、0.1(0.01)、0.01(0.001)μg/mLとした。両株とも1.0(0.1)および0.1(0.01)μg/mL添加群において、幼弱成虫の急激な運動性喪失に加えて全体的に丸みを帯びる顕著な形態変化を認めた。一方、0.01(0.001)μg/mLではこのような変化は認められなかった。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 実験室内における多包条虫卵の不活化条件に関する諸検討 査読あり

    入江隆夫, 孝口裕一

    北海道立衛生研究所報   64   63 - 65   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    J-GLOBAL

    researchmap

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Genetic diversity of Echinococcus multilocularis in Hokkaido, Japan based on mitogenome sequences. 国際会議

    HAYASHI Naoki, IRIE Takao, OHARI Yuma, KINOSHITA Gohta, KOUGUCHI Hirokazu, YAGI Kinpei, NAKAO Ryo, NONAKA Nariaki

    The 9th Sapporo Summer Symposium for One Health. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月15日 - 2021年9月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 北海道に分布する多包条虫Echinococcus multilocularisのミトゲノムにおける遺伝的多様性

    林直樹, 入江隆夫, 尾針由真, 木下豪太, 孝口裕一, 八木欣平, 中尾亮, 野中成晃

    第164回 日本獣医学会学術集会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月7日 - 2021年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨軟骨組織に対する新規多重染色法(JFRL染色)の有用性

    中村鉄平, 鷲見嘉奈子, 辻絵里香, 都築奈津子, 近藤大輔, 辻尾祐志, 細谷実里奈, 難波貴志, 入江隆夫, 市居修, 昆泰寛, 三嶋隆

    第164回 日本獣医学会学術集会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月7日 - 2021年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 野生イノシシにおける肝蛭の感染状況調査

    丸山由乃, 入江隆夫, 吉田彩子

    第164回 日本獣医学会学術集会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月7日 - 2021年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本国内の飼育爬虫類における舌虫症とイベルメクチン治療の有効性

    高木佑基, 高見義紀, 吉田彩子, 入江隆夫, 浅川満彦

    第164回 日本獣医学会学術集会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月7日 - 2021年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫由来の宿主コミュニケーション因子 血中循環核酸の網羅的同定と診断利用

    研究課題/領域番号:21K16325  2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究

    入江 隆夫

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 野生鳥獣由来食肉の食中毒発生防止と衛生管理ガイドラインの改良に資する研究

    研究課題/領域番号:21KA0401  2021年04月 - 2024年03月

    厚生労働省  食品の安全確保推進研究事業  応用研究

     詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

  • エキノコックス中間ならびに終宿主に対する二方面からの感染圧抑制による疾病制御

    研究課題/領域番号:17K08815  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    孝口 裕一、入江 隆夫, 大久保 和洋

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    エキノコックスは主にキツネと野ネズミの間で生活環が維持されており、終宿主対策として駆虫薬入りベイト散布が北海道内の一部の地域で行われている。しかしながら本法では多包条虫の生活環を破壊することは困難とされ、新しい媒介動物対策が求められている。本研究では、現行の駆虫薬入りベイトに虫体抗原成分やアジュバントを配合することで、駆虫薬入りベイトにワクチン機能を付加できないかをイヌをモデルとした感染実験により検討している。一方、中間宿主である野ネズミに対する対策については、昨年度に引き続き、抗エキノコックス薬開発の成果を発展させ、共同研究者から提供される薬剤を用いて、マウス虫卵感染の予防および病巣の治療試験を実施し、中間宿主対策やヒトの予防・治療薬の開発を検討している。
    平成30年度、イヌをモデル動物として、ワクチン強化ベイトに配合するべき抗原を見出すため、多包条虫原頭節の凍結乾燥物(①群)、成虫培養上清および凍結させた虫卵(②群)、活性を示す虫卵(③群)を8週間連続的に継続経口投与した(n=2)。その後、50万原頭節を免疫イヌおよび未感作のイヌ(コントロール)に経口投与し、35日目の感染虫体数を計数した。未感作群(コントロール)に感染した虫体数は、216,150匹および316,200匹であった。①群の虫体数は、230,013匹および290,788匹、②群は46,000匹および179,375匹、③群は179,375匹および36,400匹であった。②および③群は感染期間中、予想通り未感作群には通常観察されない、激しい粘血便や下痢を呈したが、著しい虫体排除には至らなかった。 一方、昨年度見出した中間宿主に対する新しい薬剤に、感染予防効果があるかどうかを調べた。その結果、病巣の発育抑制効果は示したものの、予防効果は示さないことが明らかになった。

    researchmap

  • 中国青海省におけるエキノコックス症疫学調査と人と家畜の駆虫薬開発

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    野中 成晃、塚田 英晴, 八木 欣平, 北 潔, 堀井 洋一郎, 孝口 裕一, 入江 隆夫, 李 偉, 郭 志宏, 尼 瑪, 遠海 重裕

     詳細を見る

    中国青海省におけるエキノコックス症の対策に資するため、チベット遊牧民居住地周辺での疫学調査と飼育犬への駆虫試験を行った。多包条虫の終宿主となるキツネ類の糞はテントから離れた場所に多く、キツネからの直接的な感染リスクは低いと推測された。飼育犬の感染状況を調査し、教育による駆虫効果の検証を試みたが、最終年度に中国政府主導の駆虫プログラムが調査地で実施され、教育効果の検証には繋がらなかった。また、多包条虫のミトコンドリア呼吸鎖を薬剤ターゲットとして、人の治療薬開発を試みた結果、多包条虫のシスト形成を低下させ、その効果に再現性のある有効な新規化合物を見出した

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 住肉胞子虫による国産ジビエの食中毒リスク評価に関する研究

    2018年04月 - 2021年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

    山崎朗子、入江隆夫

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 糞便内のエキノコックス特異的DNA検出による犬の診断系の確立

    2016年

    民間財団等  公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団 2016年度 研究助成(奨励) 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 犬のエキノコックス感染診断に糞便内DNA検出法を適用するための基礎的研究

    2014年

    民間財団等  公益財団法人 大同生命厚生事業団 平成26年度 地域保健福祉研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 次亜塩素酸ナトリウム(製品名:SteriNa)によるSARS-CoV-2不活化試験

    2020年12月 - 2021年06月

    SSP株式会社  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究