東 智弘 (ヒガシ トモヒロ)

HIGASHI Tomohiro

写真a

所属

研究・産学地域連携推進機構 テニュアトラック推進室

職名

助教

研究室住所

工学部E棟204号室

研究室電話番号

0985-58-7353

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2015年3月   長崎大学 )

  • 修士(工学) ( 2012年3月   長崎大学 )

  • 学士(工学) ( 2010年3月   長崎大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 水素

  • 光触媒

  • 分光電気化学

  • エネルギー変換

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 触媒プロセス、資源化学プロセス

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学   工学研究科 博士後期課程   生産システム工学専攻

    2012年4月 - 2015年3月

  • 長崎大学   生産科学研究科 博士前期課程   物質工学専攻

    2010年4月 - 2012年3月

  • 長崎大学   工学部   応用化学科

    2006年4月 - 2010年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学   研究・産学地域連携推進機構   テニュアトラック推進室   助教

    2023年07月 - 継続中

  • 宮崎大学   キャリアマネジメント推進機構   テニュアトラック推進室   助教

    2021年11月 - 2023年06月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   化学システム工学専攻   助教

    2017年4月 - 2021年10月

  • 東京大学   化学システム工学専攻   研究員

    2015年4月 - 2017年3月

  • 日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本ポーラログラフ学会

  • 触媒学会

  • 電気化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Simple Immersing Method of Nanocoating on Uneven Surfaces Applicable to Highly Durable Ta<inf>3</inf>N<inf>5</inf> Nanorod Photoelectrode for Water Splitting 査読あり

    Yudai Kawase, Tomohiro Higashi, Keisuke Obata, Fuminao Kishimoto, Yuriy Pihosh, Kazunari Domen, Kazuhiro Takanabe

    Chemistry of Materials   2024年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry of Materials  

    Uniform nanolayer coatings on photoelectrodes for water splitting are effective in improving their durability by isolating the semiconductor from direct contact with liquid electrolytes. Achieving a thin and uniform coating across the entire surface of nanostructured uneven photoelectrodes using wet processes remains a challenge. This study provides a strategy for the spontaneous formation of a uniform nanolayer of NiFeOx electrocatalyst on Ta3N5 nanorods (NRs) photoelectrodes mediated by acetonitrile (CH3CN) solvent and bulky metal ethylhexanoate complexes. Following the NiFeOx deposition through a spin-coating method on Ta3N5 NRs, the sample is immersed in CH3CN solvent for 12 h. This treatment effectively results in complete coverage of the complex structured surface of Ta3N5 NRs by the NiFeOx nanolayer. The nanocoating ensures the protection of Ta3N5 NRs and contributes to enhanced durability. This distinctive surface modification is applied to semitransparent Ta3N5 NRs photoanodes which is applicable to photovoltaic-photoelectrochemical tandem cells. This simple immersion method of bulky metal complexes into a thin and uniform layer on rough surfaces would have potential for various applications including (photo)electrochemical reactions and corrosion inhibitions.

    DOI: 10.1021/acs.chemmater.3c03041

    DOI: 10.1021/acs.chemmater.3c03041

    Scopus

  • Tantalum Nitride-Enabled Solar Water Splitting with Efficiency Above 10% 査読あり

    Yuriy Pihosh, Vikas Nandal, Tomohiro Higashi, Ryota Shoji, Raman Bekarevich, Hiroshi Nishiyama, Taro Yamada, Valeria Nicolosi, Takashi Hisatomi, Hiroyuki Matsuzaki, Kazuhiko Seki, Kazunari Domen

    Advanced Energy Materials   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/aenm.202301327

    DOI: https://doi.org/10.1002/aenm.202301327

  • Mechanistic Insights into Enhanced Hydrogen Evolution of CrOx/Rh Nanoparticles for Photocatalytic Water Splitting 査読あり

    Tomohiro Higashi, Kazuhiko Seki, Yutaka Sasaki, Yuriy Pihosh, Vikas Nandal, Mamiko Nakabayashi, Naoya Shibata, Kazunari Domen

    Chemistry – A European Journal   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/chem.202204058

    DOI: https://doi.org/10.1002/chem.202204058

  • Cation-Doped SrTaO2N Prepared through a Flux Method for Visible-Light-Driven Water Splitting 査読あり

    Keisuke Obata, Tomohiro Higashi, Feifan Ye, Masao Katayama, Kazuhiro Takanabe

    ChemPhotoChem   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/cptc.202200293

    DOI: https://doi.org/10.1002/cptc.202200293

  • Active BaTaO2N Photocatalysts Prepared from Amorphous Ta2O5 Precursor for Overall Water Splitting under Visible Light 査読あり

    Shinji Nishimae;Junie Jhon;M. Vequizo;Yasunobu Inoue;Akira Yamakata;Mamiko Nakabayashi;Tomohiro Higashi;Kazunari Domen

    Journal of Materials Chemistry A   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1039/D2TA10010J

    DOI: https://doi.org/10.1039/D2TA10010J

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 光触媒および光電極を用いた水分解反応によるソーラー水素製造

    東 智弘, 堂免 一成( 担当: 共著)

    株式会社オプトロニクス社  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:教科書・概説・概論

MISC 【 表示 / 非表示

  • Front Cover Profile: Electrochemical Properties of BaTaO2N Photocatalyst with Visible‐Light‐Driven Water Splitting Capability 査読あり

    Tomohiro Higashi, Shinji Nishimae, Yasunobu Inoue, Yosuke Kageshima, Kazunari Domen

    ChemPhotoChem   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/cptc.202300279

    DOI: https://doi.org/10.1002/cptc.202300279

  • Recent Progress in Photocatalytic and Photoelectrochemical Water Splitting for Artificial Photosynthesis 査読あり

    Tomohiro HIGASHI, Kazunari DOMEN

    Denki Kagaku   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.5796/denkikagaku.22-fe0012

    DOI: https://doi.org/10.5796/denkikagaku.22-fe0012

  • Recent Developments in Visible‐Light‐Absorbing Semitransparent Photoanodes for Tandem Cells Driving Solar Water Splitting 査読あり

    Yudai Kawase, Tomohiro Higashi, Kazunari Domen, Kazuhiro Takanabe

    Advanced Energy and Sustainability Research   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/aesr.202100023

    DOI: https://doi.org/10.1002/aesr.202100023

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Presenter Award in APL Materials

    2023年9月   Materials Oceania 2023  

    Tomohiro Higashi

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 学長賞(学術分野)

    2015年3月   長崎大学  

    東 智弘

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • タンデム型水分解セルの長寿命化に向けた半透明な光電極への表面修飾法の開発

    研究課題/領域番号:23K04917  2023年04月 - 2027年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金   基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 光電極/水溶液界面で起こる水分解反応の精密電気化学測定

    研究課題/領域番号:19K15670  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  若手研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • グリーン水素(人工光合成)等からの化学原料製造技術の開発・実証

    2022年06月 - 2025年03月

    人工光合成化学プロセス技術研究組合  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究