舛屋 賢 (マスヤ ケン)

MAUYA Ken

写真a

所属

工学教育研究部 工学科機械知能工学プログラム担当

職名

准教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2016年8月   大阪大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 回転型釣糸人工筋肉アクチュエータの拮抗型合トルク制御 査読あり

    吉田 優太郎, 林 亮, 舛屋 賢, 高木 賢太郎, 有田 輝, 田原 健二

    日本ロボット学会誌   41 ( 6 )   573 - 576   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本ロボット学会  

    A Straight Twisted Polymeric Fiber Actuator (STPFA) has attracted attention as a new rotational actuator because it is soft, lightweight, silent, and inexpensive. It can rotate when heating, and be back when cooling. However, it is difficult to improve the response, especially in the cooling phase when using natural cooling. In order to improve the response in natural cooling, antagonistical actuation is one of the effective methods. However, the diactivated-side actuator generates a disturbance-like torque when the other-side actuator is activated due to its passive torsional spring-like characteristics. In order to realize the antagonistical actuating module using a pair of rotational-type STPFA, in this paper, the models are constructed that can estimate the torque generated at both ends of an antagonistically arranged rotational STPFA from the change in heater resistance. A sensorless output torque control method is proposed for the total torque obtained as the difference between the torques at the two ends using the proposed STPFA models. The effectiveness of the proposed method is demonstrated through fundamental experiments using a prototype module.

    DOI: 10.7210/jrsj.41.573

    CiNii Research

  • 制御系で安定化された状態空間の速度場に低感度な最小動力学パラメータの確率的同定 査読あり

    岡田 昌史, 渡邊 和喜, 舛屋 賢

    日本機械学会論文集   88 ( 914 )   22-00100 - 22-00100   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Accurate identification of minimum set of dynamics parameters is required for high-precision and high-speed motion control. The identification uses the dynamical model and its motion data. This motion data does not always satisfy the equations in the dynamical model because of unmodeled dynamics and unexpected noise. The least squares method is generally used for approximated model. It may well satisfy the equations in the dynamical model, however, the optimality as a model for control system design has to be discussed. In this paper, we propose a stochastic identification method of minimum set of dynamic parameters. In conventional least squares method, the error of dynamic equation is assumed to be white gaussian and its square mean is minimized while in the proposed method, the error is assumed to be due to parameter fluctuation, and its covariance is optimized so that the sensitivity of velocity field in the state space with respect to dynamic parameter is small, which means advantageous parameter for controlled system. The simulation and experimental results show the effectiveness of the proposed method.

    DOI: 10.1299/transjsme.22-00100

    CiNii Research

  • 障害物回避と軌道への収束のための領域アトラクタによる人機械協調カート制御 査読あり

    岡田 昌史, 尤 亜倫, 舛屋 賢

    日本機械学会論文集   88 ( 912 )   22-00012 - 22-00012   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    In this paper, we propose a control system design method for a human-machine cooperative system in which a human and machine cooperate to propel a cart to a reference trajectory. In the previously proposed method, the human plays the role of recognizing the environment and determining the propulsive force, while the machine determines the steering angle based on the position and posture of the cart, using a vector field with the reference trajectory as the orbit attractor. However, since this method cannot avoid obstacles on the trajectory, we extend it to a region attractor. By setting an index variable that changes depending on human input, the vector field is designed in the extended dimensional space including the index variable, and the cart can avoid obstacles by moving within the region defined by the reference trajectory with its parallel trajectory depending on human input. In this paper, we describe (1) the design method of the reference trajectory and the parallel trajectory considering the workspace of the steering and the distance between the cart and the wall, (2) the design method of the region attractor in the extended dimension including the index variable, and (3) the experimental verification of the proposed method.

    DOI: 10.1299/transjsme.22-00012

    CiNii Research

  • Wire-Storage Pantograph Mechanism for Strain and Force Amplification of a Twisted and Coiled Polymer Fiber 査読あり

    Masuya K., Takagi K., Tahara K.

    IEEE Robotics and Automation Letters   7 ( 4 )   1 - 8   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Robotics and Automation Letters  

    A twisted and coiled polymer fiber (TCPF) is a soft thermal actuator increasingly used in current robotics applications. When implementing TCPF in robotics applications, amplifying the TCPF strain and force is necessary to obtain the desired performance. Therefore, this study proposes a mechanism to amplify the strain and force of a TCPF. Considering the TCPF as a wire, the fixed and movable pulley mechanisms are available to amplify the TCPF strain and force, respectively. However, the amplification mechanism becomes bulky when the fixed pulleys are installed separately from the movable pulleys; thus, the TCPF utility reduces. This study focuses on two characteristics of the pantograph to design a compact amplification mechanism. The first characteristic is that the pulleys on the pantograph diagonal axes can be used as a movable pulley mechanism. The other characteristic is that the pantograph circumference can be a fixed pulley mechanism, as the circumference is always invariant. Based on these characteristics, the proposed mechanism can amplify both the TCPF strain and force. The experiments show that the force is amplified based on the number of loops around the diagonal axes. Although the load and temperature affect the strain amplification, the experiments confirm that the strain is amplified. In particular, depending on the loop number, the strain becomes 5.8 times the TCPF strain while maintaining the force level. Furthermore, changing the loop number, the strain and force are amplified 2.8 times and 2 times, respectively.

    DOI: 10.1109/lra.2022.3197268

    Scopus

  • Modeling and characterization for straight twisted polymer fiber actuators in blocked torsion: effect of radial thermal expansion 査読あり

    Kentaro Takagi, Hiroki Iwai, Chihaya Oiwa, Toshihira Irisawa, Masatoshi Shioya, Ken Masuya, Kenji Tahara, Daichi Sakurai, Haruhiko Watanabe, Kinji Asaka

    Smart Materials and Structures   30 ( 6 )   065023 - 065023   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Publishing  

    This paper discusses a new model and experimental characterization for thermal responses of straight twisted polymer fiber (TPF) actuators in blocked torsion. The proposed model is derived from combining the fiber stiffness matrix with Shafer's model of free torsion. The derived model predicts that the blocking torque increases as the initial twist increases. Although it is not widely recognized, the tension of a straight TPF decreases as the initial torsion increases, and this paper explains this fact. The proposed model predicts the decrease in tension by using Shafer's kinematic model that considers the effect of radial thermal expansion. Experimental characterization and model verification are performed using nylon 6 (polyamide 6) fiber samples with ten different initial twists, ranging from weak to strong. The results indicate that as the initial twist increases, the torque increases and the tension decreases. The tension fluctuates with respect to time. The experimental results show that the shear modulus increases as the initial twist increases. The predictions of the proposed model are reasonably consistent with the experimental thermal responses of straight TPFs in blocked torsion when the constants obtained by experimental characterization are used.

    DOI: 10.1088/1361-665x/abfc1a

    Scopus

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-665X/abfc1a/pdf

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

MISC 【 表示 / 非表示

  • 釣糸アクチュエータのユニット化のためのコイル状光ファイバを用いた変位センサの検討

    舛屋 賢

    計測と制御   60 ( 10 )   743 - 743   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 計測自動制御学会  

    DOI: 10.11499/sicejl.60.743

    CiNii Research

  • 「ワイヤ機構とロボティクス」特集について

    舛屋 賢

    日本ロボット学会誌   39 ( 9 )   776 - 777   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本ロボット学会  

    DOI: 10.7210/jrsj.39.776

    CiNii Research

  • ヒューマノイドロボット(改訂2版)

    舛屋 賢

    日本ロボット学会誌   39 ( 7 )   637 - 637   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本ロボット学会  

    DOI: 10.7210/jrsj.39.637

    CiNii Research

  • 釣糸アクチュエータのモデリングと制御

    舛屋 賢

    計測と制御   59 ( 11 )   830 - 834   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 計測自動制御学会  

    DOI: 10.11499/sicejl.59.830

    CiNii Research

  • ポリアミド繊維の負の線膨張係数の発現機構

    木村大輔, 小林拓未, 塩谷正俊, 入澤寿平, 高木賢太郎, 長谷川貴, 田原健二, 舛屋賢, 櫻井大地, 鷲野誠一郎, 奈良健一

    繊維学会予稿集   75 ( 1 (CD-ROM) )   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Sensorless Angular Position Estimation of Rotational Type Twisted Polymeric Fiber Artificial Muscles

    Chun Kau Wong, Hikaru Arita, Ken Masuya, Satoshi Satoh, Kenji Tahara

    第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2023年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月14日 - 2023年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 釣糸人工筋の作製時コイリング中の温度が駆動特性に及ぼす影響について

    伊藤 蒼大, 岡本 岳人, 入澤 寿平, 舛屋 賢, 田原 健二, 比留田 稔樹, 高木 賢太郎

    第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2023年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月14日 - 2023年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 粘弾性モデルの培養骨格筋への適用と逆ピンセット構造の駆動

    中村 美月, 中山 明美, 大澤 祐毅, 岩本 憲泰, 舛屋 賢, 秋山 佳丈

    第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2023年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月14日 - 2023年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 平行リンク機構を用いて装着位置のずれを吸収する股関節用外骨格のリンク長さ最適化

    弓掛 匠, 舛屋 賢

    第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2023年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月14日 - 2023年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • ウェアラブルロボットの装着箇所における力分布制御のための距離制御機構の開発

    池山 貴大, 舛屋 賢

    第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2023年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月14日 - 2023年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ROBOMECH表彰 (学術研究分野)

    2022年6月   日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門   制御系に低感度な最小動力学パラメータの確率的同定

    渡邊 和喜, 舛屋 賢, 岡田 昌史

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • SI2021優秀講演賞

    2021年12月   第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   高分子被膜付き光ファイバ人工筋肉の光センシングを用いた変位制御

    舛屋 賢, 高木 賢太郎, 田原 健二

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • 部門優秀論文表彰

    2021年6月   日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門   人の操作モデルと拡張カルマンフィルタによる状態推定を用いた掘削の半自律制御

    岡田 昌史, 岡本 裕, 舛屋 賢

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • 2020年度計測自動制御学会学術奨励賞(技術奨励賞)

    2021年2月   計測自動制御学会   釣糸アクチュエータのユニット化のための光ファイバを用いた変位センサの検討

    舛屋賢

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • SI2020優秀講演賞

    2021年1月   第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集   高分子被膜付き光ファイバを用いた高分子繊維アクチュエータの開発

    舛屋賢

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人と親和性の高いロボット装具のための装着箇所の力分布制御機構の開発

    研究課題/領域番号:23K13292  2023年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    舛屋 賢

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 人と装具の運動間のずれを考慮した人と親和性の高いロボット装具の制御方法構築

    研究課題/領域番号:21K14122  2021年03月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 若手研究  若手研究

    舛屋賢

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 確率モデルベース制御とセンサフィードバックの融合によるソフトロボティクス制御工学

    研究課題/領域番号:20H00610  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    田原 健二, 佐藤 訓志, 入澤 寿平, 舛屋 賢, 木野 仁

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ロボット装具のための回転軸位置が自在に変化する軽量・高出力・画一的な関節機構

    2023年10月 - 2024年09月

    公益財団法人永守財団  研究助成2023 

    舛屋賢

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ロボット装具のための回転軸位置が自在に変化する軽量・高出力・画一的な関節機構

    2022年10月 - 2023年09月

    公益財団法人永守財団  研究助成2022 

    舛屋賢

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ロボット装具のための回転軸位置が自在に変化する軽量・高出力・画一的な平面関節機構

    2021年10月 - 2022年09月

    公益財団法人永守財団  研究助成2021 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 関節可動域訓練のための人と親和性の高い下肢装具型ロボットの可変インピーダンス制御

    2020年04月 - 2021年03月

    公益財団法人立石科学技術振興財団  2020年度研究助成(A) 

    舛屋賢

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者