亀山 晃弘 (カメヤマ アキヒロ)

KAMEYAMA Akihiro

写真a

職名

助教

研究室住所

宮崎市学園木花台西1-1

研究分野・キーワード

ナノ・材料領域

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7348

研究室FAX

0985-58-7345

ホームページ

http://www.opt.miyazaki-u.ac.jp/hikari/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年03月

    大阪教育大学   教育学部   自然研究専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    大阪府立大学  総合科学研究科  物質科学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 通信・ネットワーク工学

  • 応用光学・量子光工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • フォトニック光ファイバーを用いたセンシングシステムの開発

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2006年04月  -  継続中

  • 高機能性石英ガラスの開発

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1994年08月  -  継続中

  • X線回折による金属間化合物の原子占有サイトの決定

    その他の研究制度  

    研究期間: 1992年04月  -  1995年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Nanoscale thin film growth of Au on Si(111)-7 × 7 surface by pulsed laser deposition method

    Yokotani A., Kameyama A., Nakayoshi K., Matsunaga Y.

    Optical Materials   65   112 - 116   2017年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2016 Elsevier B.V.To obtain important information for fabricating atomic-scale Au thin films that are used for biosensors, we have observed the morphology of Au particles adsorbed on a Si(111)-7 × 7 surface, which is supposed to be the initial stage of Au atomistic thin film formation. Au particles were adsorbed on the clean Si surface using a PLD method, and the adsorbed particles were observed using a scanning tunneling microscope. As the number of laser shots was increased in the PLD method, the size of the adsorbed particle became larger. The larger particles seemed to form clusters, which are aggregations of particles in which each particle is distinguished, so we call this type of cluster a film-shaped cluster. In this work, we have mainly analyzed this type of cluster. As a result the film-shaped clusters were found to have a structure of nearly monoatomic layers. The particles in the clusters were gathered closely in roughly a 3-fold structure with an inter particle distance of 0.864 nm. We propose a model for the cluster structure by modifying Au(111) face so that each observed particle consists of three Au atoms.

    DOI

  • 傾斜型ブラック回折格子(TFBG)センサーによる液体の屈折率計測

    亀山晃弘、加来昌典、甲藤正人、横谷篤至

    レーザー学会誌レーザー研究   45 ( 1 ) 26 - 30   2017年01月  [査読有り]  [招待有り]

    共著

     概要を見る

    Tilted fiber Bragg grating (TFBG) is expected to be used for such sensors as refractometers, twist sensors, liquid level sensors, chemical sensors and biosensors. We review its fabrication techniques and its refractive index measurements and developed a simplified technique to fabricate TFBG for simultaneous measurements of the refractive index and the temperatures of liquids. We used a combination of a 4ω Nd:YAG laser and a phase mask, which is simpler than a conventional method using a 2ω cw Ar+ laser and a Lloyd mirror interferometer. We calculated TFBG’s cladding modes by the multi-layer method and estimated the temperature coefficient of the water’s refractive index to be about -1×10-4 /K using our fabricated TFBG sensor.

  • 傾斜型ブラック回折格子(TFBG)センサーによる液体の屈折率計測

    亀山晃弘、加来昌典、甲藤正人、横谷篤至

    レーザー学会研究会495回研究会(レーザー応用)報告   16 ( 28 ) 27 - 32   2016年09月

    共著

  • 超音波気化支援装置を用いた真空紫外光CVDによる石英様薄膜の常圧形成に関する研究

    桑水流康記、井上裕貴、亀山晃弘、横谷篤至

    宮崎大学工学部紀要   45   2016年07月

    共著

  • Influence of the cladding diameter of optical fiber on the simultaneous measurement of the refractive index and temperature of liquids using tilted fiber Bragg grating

    Kameyama A., Katto M., Yokotani A.

    Japanese Journal of Applied Physics   55 ( 6 )   2016年06月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2016 The Japan Society of Applied Physics.We considered the influence of the core and cladding diameters on the simultaneous measurement of the refractive index and temperature of liquids using a tilted fiber Bragg grating (TFBG). When the cladding diameter of a TFBG was only reduced from 125 to 123 μm, the calculated refractive index differed by 0.0068 from the expected value. When the core diameter was reduced from 9.6 to 7.8 μm, the change was less than 0.0005. We found that equalization of cladding diameter is required to improve the precision of the simultaneous measurement of the refractive index and temperature of liquids.

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 熱ポーリング石英ガラスにおける第2次非線形光学性に関する研究

    亀山 晃弘 (担当: 単著 , 担当範囲: 全般 )

    大阪大学工学部博士学位論文  2003年09月

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 媒体の温度および屈折率の検出装置および検出方法

    特願 2013-114755 

    亀山晃弘、甲藤正人、横谷篤至

  • 傾斜型FBGの製造方法、傾斜型FBGおよび傾斜型FBGの製造装置

    特願 2011ー193741 

    亀山晃弘、甲藤正人、横谷篤至

  • FBGを用いた歪み測定システム

    特願 2005-306487 

    黒澤宏、横谷篤至、亀山晃弘

  • FBG製造装置

    特願 2005-306488 

    黒澤宏,横谷篤至,亀山晃弘

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 次世代産業用レーザー専門委員会

    その他 

    2016年04月
    -
    2018年03月
     

     概要を見る

    産業応用が期待できるレーザー光源の開発を目指して、情報発信を行っている

  • 次世代産業用レーザー専門委員会

    その他 

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

     概要を見る

    次世代産業に応用が期待されている新型レーザーの開発状況の調査

  • 次世代産業用レーザー専門委員会

    その他 

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    次世代に産業用に応用される高出力・高性能レーザーの開発を行うための準備・啓蒙活動を行っている。

  • 次世代産業用レーザー専門委員会

    その他 

    2010年04月
    -
    2012年03月
     

     概要を見る

    次世代産業に利用できるレーザーの調査及び開発を目的として専門委員会が活動している。

  • JJAP(日本応用物理学会英文誌)の論文査読

    その他 

    2010年01月
    -
    2010年02月
     

     概要を見る

    JJAP(日本応用物理学会)より光学薄膜についての論文(英語)の査読依頼がきたので、行った。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 宮崎日々新聞賞科学賞

    2007年10月19日   宮崎日々新聞社  

    受賞者:  宮崎大学光科学研究グループ

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フォトニック光ファイバーを用いた歪みセンサーの開発

    若手研究(A)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月 

     概要を見る

    フォトニック光ファイバーを用いて高性能な歪みセンサーを開発することを目的とする。

  • 真空紫外光CVDによる次世代積層型システムLSI作製用要素プロセス技術の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2003年04月  -  2006年03月 

     概要を見る

    次世代積層型システムLSIを作製する為の要素プロセス技術を室温で作成できる、真空紫外光CVD技術を開発した。

  • 2次非線形光学性を持つ電界分極石英ガラスファイバーを用いたWDM用光学素子の開発

    奨励研究A

    研究期間:  2001年04月  -  2003年03月 

     概要を見る

    2次非線形光学性を持つ電界分極石英ガラスファイバーを用いてWDM(波長多重通信)用の光学素子を開発すること。

  • 熱ポーリング石英薄膜道波路を用いた光ディスクDVD光源用SHGレーザの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  1999年04月  -  2002年03月 

     概要を見る

    熱ポーリング石英薄膜道波路を用いて光ディスクDVD光源用の青色~紫色レーザを開発する。

  • 2次非線形光学性を有する電界分極石英ガラスを用いたDVD光源用SHGレーザの開発

    奨励研究A

    研究期間:  1998年04月  -  2000年03月 

     概要を見る

    2次非線形光学性を有する電界分極石英ガラスを用いてDVD光源用の青色レーザーを開発する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 極端紫外光を用いた光脱離質量分析装置の応用と実用機開発

    提供機関:  経済産業省  地域イノベーション創出研究開発事業

    研究期間: 2008年07月  -  2009年03月 

     概要を見る

    本研究の目的は、商品レベルの光脱離質量分析装置」の設計・製作技術を確立することと、その応用を目指すことである。

  • 極端紫外光を用いた光脱離質量分析装置の開発

    提供機関:  経済産業省  地域イノベーション創出研究開発事業

    研究期間: 2007年07月  -  2008年03月 

     概要を見る

    本研究の目的は、商品レベルの「卓上型光脱離質量分析装置」の設計・製作技術を確立することである。昨年度コンソーシアム研究開発で、光脱離質量分析装置の実験機が完成し、光脱離の基本的なデータが取れるようになった。この実験機を用いて、種々の試料を測定しながら、問題点、改良点を抽出し、解決策を見出す。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 傾斜型ブラック回折格子(TFBG)センサーによる液体の屈折率計測

    亀山晃弘、加来昌典、甲藤正人、横谷篤至

    レーザー学会第495回研究会(レーザー応用)  (サンチェリー北郷(宮崎市))  2016年09月  -  2016年09月    レーザー学会

  • TFBG(傾斜型ブラック回折格子)センサーを用いた液体の温度と屈折率の同時計測

    亀山晃弘、加来昌典、甲藤正人、窪寺昌一、横谷篤至

    レーザー学会第480回研究会報告  (北九州学術研究都市産学連携センター)  2015年09月  -  2015年09月    レーザー学会

  • 超短パルス短波長光源の開発とその応用

    亀山晃弘、加来昌典、甲藤正人、窪寺昌一、横谷篤至

    レーザー学会第465回研究会(レーザー応用)  (鹿児島県指宿市)  2014年09月  -  2014年09月    レーザー学会

  • A simplified fabrication technique for TFBG for the simultaneous measurement of refractive index and temperature of liquids

    A. Kameyma, M. Katto, and A. Yokotani

    The first smar laser processing conference (SLPC2014)  (Yokohama, Japan)  2014年04月  -  2014年04月    Japan Laser Society

  • 傾斜型FBGセンサーによる液体の屈折率と温度の同時計測

    亀山晃弘、甲藤正人、横谷篤至

    レーザー学会学術講演会第34回年次大会  (北九州市)  2014年01月  -  2014年01月    社団法人日本レーザー学会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 光ファイバーを用いた研究