榊原 陽一 (サカキバラ ヨウイチ)

SAKAKIBARA Yoichi

写真a

所属

農学部 応用生物科学科 生物機能科学講座

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1995年3月   鹿児島大学 )

  • 農学修士 ( 1992年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Molecular cloning and characterization of common marmoset SULT1C subfamily members that catalyze the sulfation of thyroid hormones. 査読あり

    Kurogi, K., Manabe, Y., Liu, M.-C., Suiko, M., Sakakibara, Y.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   85   2113 - 2120   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1093/bbb/zbab141

  • The crystal structure of mouse SULT2A8 reveals the mechanism of 7α-hydroxyl, bile acid sulfation

    Teramoto T., Nishio T., Kurogi K., Sakakibara Y., Kakuta Y.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   562   15 - 20   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    Bile acids play essential roles in facilitating the intestinal absorption of lipophilic nutrients as well as regulation of glucose, lipid, and energy homeostasis via activation of some receptors. Bile acids are cytotoxic, and consequently their concentrations are tightly controlled. A critical pathway for bile acid elimination and detoxification is sulfation. The pattern of bile acid sulfation differs by species. Sulfation preferentially occurs at the 3α-OH of bile acids in humans, but at the 7α-OH in mice. A recent study identified mouse cytosolic sulfotransferase 2A8 (mSULT2A8) as the major hepatic 7α-hydroxyl bile acid-sulfating enzyme. To elucidate the 7α-OH specific sulfation mechanism of mSULT2A8, instead of 3α-OH specific sulfation in humans, we determined a crystal structure of mSULT2A8 in complex with cholic acid, a major bile acid, and 3′-phosphoadenosine-5′-phosphate, the sulfate donor product. Our study shows that bile acid-binding mode of mSULT2A8 and how the enzyme holds the 7α-OH group of bile acids at the catalytic center, revealing that the mechanism underlying 7α-OH specific sulfation. The structure shows the substrate binds to mSULT2A8 in an orientation perpendicular to that of human 3α-hydroxyl bile acid-sulfotransferase (hSULT2A1). The structure of the complex provides new insight into species different bile acid metabolism.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.04.113

    Scopus

  • Proteolytic maturation of the Outer Membrane c-type cytochrome OmcZ by Subtilisin-like Serine Protease is Essential for Optimal Current Production by Geobacter sulfurreducens 査読あり

    Kai A, Tokuishi T, Fujikawa T, Kawano Y, Ueki T, Nagamine M, Sakakibara Y, Suiko M, Inoue K.

    Appl Environ Microbiol.   AEM.02617-20   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1128/AEM.02617-20

  • Varietal differences in flavonoid and antioxidant activity in Japanese soybean accessions 査読あり

    Arifin, H.A, Hashiguchi, T, Nagahama, K, Hashiguchi, M., Muguerza, M., Sakakibara, Y., Tanaka, H., Akashi, R.

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   85 ( 4 )   916 - 922   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of indole and indoxyl on the intracellular oxidation level and phagocytic activity of differentiated hl-60 human macrophage cells 査読あり

    Tsutsumi, S, Tokunaga, Y, Shimizu, S, Kinoshita, H., Ono, M., Kurogi, K, Sakakibara, Y, Suiko, M, Liu, M.-C, Yasuda, S

    Journal of Toxicological Sciences   45 ( 9 )   569 - 579   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 機能性食品開発のための初期評価試験プロトコール集

    山本(前田)万里(監修)( 担当: 分担執筆)

    シーエムシー出版  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • プロテオミクス辞典

    日本プロテオーム学会編( 担当: 共著)

    講談社  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 生物機能研究の進歩1

    監修:山田耕路共著者:立花宏文、菅原卓也、江藤望、野田敏司、水光正仁、榊原陽一、岡達三、長田恭一、本城賢一

    アイピーシー全241頁分担 167-172、 181-189頁  2002年6月 

MISC 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学医学部附属病院臨床研究支援センター食品臨床試験部門の取り組み.

    有村保次、永濵清子、黒木光歩、長友奈央、長野文子、梶原睦美、平井亜優美、榊原陽一、國武久登、竹島秀雄、片岡寛章.

    宮崎医会誌   45   222 - 230   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 完熟きんかん「たまたま」の新しい機能性について -NK細胞賦活効果・抗ストレス効果・抗疲労効果- 招待あり

    永濵清子、江藤望、有村保次、榊原陽一、水光正仁

    生物工学会誌   99   320 - 322   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ヒトcytosolic sulfotransferase 発現大腸菌を用いた硫酸化ポリフェノール類の部位選択的合成とその応用 招待あり

    下平武彦、黒木勝久、橋口拓勇、水光正仁、榊原陽一

    硫酸と工業   73   127 - 133   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:硫酸協会  

  • イオウ元素に着目したプロテオミクス解析技術確立と応用 招待あり

    黒木勝久、榊原陽一

    アグリバイオ   4 ( 12 )   69 - 70   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:北隆館  

  • 生物進化に伴う硫酸イオンと代謝変換酵素の多様な生理機能 招待あり

    黒木勝久、橋口拓勇、榊原陽一

    化学と生物   58 ( 9 )   511 - 519   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本農芸化学会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 質量分析解析計を用いたレスベラトロール構造異性体の硫酸代謝物解析

    中野悠・黒木勝久・Ming-Cheh Liu・水光正仁・榊原陽一

    日本農芸化学会大会2021年度大会  (紙面)  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月18日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語  

    開催地:紙面  

  • 細胞質硫酸転移酵素の核内受容体応答に対する網羅的な発現定量解析

    黒木勝久・Ming-Cheh Liu・水光正仁・榊原陽一

    日本農芸化学会大会2021年度大会  (紙面)  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月18日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語  

    開催地:紙面  

  • ゼブラフィッシュをモデルとしたチロシン硫酸化の生理機能解明

    奥田菜月、黒木勝久、水光正仁、榊原陽一

    2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会  (宮崎大学)  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学  

  • 食品成分抱合型代謝産物の質量分析計を用いた解析法の確立

    中野悠、黒木勝久、Ming-Cheh Liu、水光正仁、榊原陽一

    2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会  (宮崎大学)  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学  

  • マーカータンパク質の発現パターンによる食品機能予測システムの確立

    大田輝、黒木勝久、永濵清子、水光正仁、榊原陽一

    2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会  (宮崎大学)  日本農芸化学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月28日 - 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 科研費審査委員の表彰

    2015年11月   日本学術振興会  

    榊原陽一

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 農芸化学奨励賞

    2003年3月   日本農芸化学会  

    榊原陽一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 神経組織受容体に作用する新規硫酸化生体制御分子の創製

    2015年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    神経組織受容体に作用する新規硫酸化生体制御分子の創製

  • α,β-不飽和カルボニル化合物の新規代謝経路としての硫酸化

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    生体内における硫酸化は、ステロイドホルモン、神経伝達物質および薬物等の解毒代謝機構として知られ、硫酸 転移酵素(SULT)がその反応を触媒する。これまでの研究から、硫酸化の標的となる分子は、フェノール性やア ルコール性の水酸基または、芳香族アミンなどアミノ基を持つ化合物が広く知られている。本研究計画では、α ,β-不飽和カルボニル構造を持った環状化合物が直接酵素的に硫酸化を受けるという新発見に基づき、その代 謝機構の生理的意義、反応メカニズムの解明を目的とした研究を実施する。

  • 硫酸転移酵素の生理機能と生体シグナルの変換・伝達

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    硫酸転移酵素の生理機能と生体シグナルの変換・伝達

  • マウスにおける胆汁酸硫酸化の生理機能解明

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    生体内における硫酸化は、生体外異物の解毒代謝機構や内因性の生理活性物質(ステロイドホルモン、カテコールアミン神経伝達物質など)の不活性化と濃度調節機構として研究されてきた。近年、リトコール酸をはじめとした二次胆汁酸の解毒代謝に硫酸化が関与することが知られ注目されている。本研究では、マウスにおいて胆汁酸のC-7位の水酸基を特異的に硫酸化する新規硫酸転移酵素(SULT2A4)の生理機構の解明を目的とした研究を行う。

  • モニター蛍光タンパク質を用いた新規内分泌かく乱作用評価試験の開発

    2003年04月 - 2005年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)を用いた内分泌かく乱物質(環境ホルモン)の新規評価試験の開発を目指し研究した。環境中で生成するビスフェノールAの塩素体や臭素体がより強い内分泌かく乱作用を持つ可能性を示した。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生体制御分子の機能変換機構の解明のための研究・若手研究者育成ネットワークの構築

    2013年11月 - 2016年03月

    文部科学省  頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

     宮崎大学では、「世界を視野に 地域から始めよう」をスローガンに、生命科学、環境科学、エネルギー科学を重点領域と設定した研究戦略を掲げている。中でも、生命科学においては、食品成分や生理活性ペプチドなどの生体制御分子に関する研究が活発であり、これらに関連した国際共同研究も幅広く展開されてきた。主担当研究者である宮崎大学の水光とトレド大学(米国)のDr. Liuは25年以上にわたり生体制御分子の代謝や機能制御において中心的な役割を果たす硫酸転移酵素に関する国際共同研究を継続してきた。その間にDr. Liuの研究拠点は、オクラホマ大学、テキサス大学タイラー校、トレド大学とかわってきたが、この間に22名の若手研究者(博士研究員、大学院生、学部学生)を宮崎大学から派遣してきた大きな実績があり、若手研究者の国際交流と人材育成を国際共同研究により実践してきた。これらの交流実績は、経済的なサポートがほとんど無く、研究者レベルでの個人的な信頼関係を基に実行してきたため、本プログラムを活用して、組織的な学部間交流あるいは大学間交流へと発展させる。さらに、世界的な共同研究ネットワークへと展開することを目的に、モナシュ大学(オーストラリア)のDr. Loveland、マサチューセッツ大学(米国)のDr. SchnellおよびNIEHS/NIH(米国衛生研究所・環境健康科学研究所)(米国)のDr. Negishiをメンバーに加えて、期間終了後も若手研究者育成に取り組める国際共同研究ネットワークを構築し、自主的な取り組みとして継続する。

  • プロテオミクスを基盤とした次世代型種豚育種バイオマーカー開発

    2012年11月 - 2013年10月

    科学技術振興機構  A-Step 探索タイプ 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    現在、肉用豚としてはハイブリッド系統が市場の大部分を占めており、地域ブランドとしても利用されている。ハイブリッド系統の維持と、さらなる肉質向上、増体向上、産子数増加などを目的に、DNAマーカーを用いたより優れた種豚育種が行われている。DNAマーカーとしては、遺伝子多型マーカー、マイクロサテライトマーカーなどがある。しかしながら、DNAマーカーの多くは権利化されており、産業的な利用目的においてはライセンス料など経済的負担が強いられることとなる。そのため畜産業の新興のために、DNAマーカーによらない次世代マーカーとしてタンパク質・ペプチドマーカーによる種豚育種技術の開発を目的とした課題を提案する。

  • 革新的な超スモールスケールホールアニマル食品機能評価法開発

    2011年12月 - 2012年07月

    科学技術振興機構  A-Step 探索タイプ 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    ゼブラフィッシュの初期胚を利用して、in vivoモデルにより生体全体(ホールアニマル)を用いて酸化ストレスを与えて酸化傷害がおきるモデルを確立し、その条件で種々の食品成分が持つ抗酸化ストレス作用を評価できる実験系を確立する。さらに、検出には独自に開発した酸化傷害タンパク質特異的プロテオーム解析技術を用いることで、研究基盤の優位性を活かして、革新的な評価技術として開発する。このように、ゼブラフィッシュの初期胚を利用して革新的な超スモールスケールホールアニマル食品機能評価法として、食品成分や農産物抽出物のスクリーニングが可能な革新的食品機能評価法を開発する。

  • プロテオミクスを基盤とした革新的ブランド豚肉偽装鑑定システム開発

    2011年09月 - 2012年03月

    科学技術振興機構  A-Step 探索タイプ 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    宮崎県は養豚業が盛んで、「おいも豚」や「きなこ豚」に代表される特殊飼料で差別化したブランド豚肉が複数存在する。本研究では、プロテオーム解析を用いてこれらのブランド豚肉に関する革新的な偽装鑑定システムの確立を目的に研究を実施する。遺伝系統の鑑定に加えて飼料・飼育環境・ストレスの鑑定も可能な革新的技術を確立し、消費者にとって安心・安全な地域ブランドの確立と差別化に貢献し、口蹄疫被害からの復旧にあたり付加価値の高いブランド豚肉の確立と流通に貢献できる技術開発を目指す。さらに、将来的には幅広くブランド畜肉全般に応用できる技術へと展開することを視野に研究開発を推進する。

  • 細胞表面タンパク質特異的プロテオーム解析用蛍光標識キットの実用化

    2009年09月 - 2010年02月

    科学技術振興機構  地域イノベーション創出総合支援事業:シーズ発掘試験 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    細胞表面タンパク質を特異的に標識する蛍光色素を開発し、二次元電気泳動によるタンパク質の解析及び評価を実施した。
     

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 次々に明かされる硫酸化シグナルの多彩な役割

    2008年03月

     詳細を見る

    日本農芸化学会における公募大会シンポジウムとして「次々に明かされる硫酸化シグナルの多彩な役割」というテーマをオーガナイザーとして提案し、採択された。外国人研究者を含めて6名の発表を行い、硫酸化を研究する研究者の情報交換の場を提供した。

  • 硫酸化シグナルの新展開

    2007年12月

     詳細を見る

    日本分子生物学会・日本生化学会合同大会(BMB2007)における公募ワークショップ「硫酸化シグナルの新展開」をオーガナイザーとして中心となって企画し、7名の講演者による発表を行い、硫酸化に関する研究者の交流につとめた。