山場 久昭 (ヤマバ ヒサアキ)

YAMABA Hisaaki

写真a

所属

工学教育研究部 工学科情報通信工学プログラム担当

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2011年3月   宮崎大学 )

  • 工学修士 ( 1990年3月   東京工業大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学

  • 情報通信 / 情報セキュリティ

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Proposal for a blockchain based agricultural input voucher system 査読あり

    Tende I.G., Aburada K., Yamaba H., Katayama T., Okazaki N.

    Artificial Life and Robotics   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Artificial Life and Robotics  

    Most of the small-scale farmers in Tanzania can’t afford to buy quality agricultural inputs (fertilizers and seeds), therefore the Tanzanian government issues paper-based subsidy vouchers to farmers for buying the inputs at half price. However, challenges like misuse of the vouchers by some government officials (stealing and favoritism in allocation) and lack of trust (difficulty of verifying vouchers’ authenticity) have resulted into low crop productivity for the farmers and loss of government funds. To address this, we have developed agricultural input voucher system which stores and allocates digital subsidy vouchers to farmers in the Hyperledger Fabric blockchain network whose features like hashing and digital signature prevent misuse and ensure trust of the vouchers. Farmers access the digital vouchers through Short Message Service (SMS) in their mobile phones. Evaluation reveals that, the developed system is effective and meets performance demands of Tanzanian farmers. Also, Raft has better performance than Kafka consensus protocol.

    DOI: 10.1007/s10015-021-00724-9

    Scopus

  • Expansion of Application Scope and Addition of a Function for Operations into BWDM to Generate Test Cases from VDM++ Specification

    Muto T., Katayama T., Kita Y., Yamaba H., Aburada K., Okazaki N.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics   183 - 187   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics  

    Generating test cases from the VDM++ specification to eliminate ambiguity in the specification is labor-intensive and time-consuming. Therefore, our laboratory developed BWDM, which is an automatic test case generation tool for VDM++ specifications. However, BWDM is not very useful because it has three problems about its narrow scope of application. This paper extends BWDM to solve three problems. In addition, we conducted a comparison experiment with manual test case generation and confirmed a time saving of about 17 minutes.

    Scopus

  • Proposal of a Method to Generate Classes and Instance Variable Definitions in the VDM++ Specification from Natural Language Specification

    Suga K., Katayama T., Kita Y., Yamaba H., Aburada K., Okazaki N.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics   178 - 182   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics  

    Writing VDM++ specifications is difficult. The existing method can automatically generate type and constant definitions in VDM++ specification from natural language specification using machine learning. This paper proposes a method to generate classes and instance variable definitions in the VDM++ specification from natural language specification to improve the usefulness of the existing method. From the evaluation experiment by using F-values, it has been confirmed that the proposed method can improve the usefulness of the existing method.

    Scopus

  • Proposal of Gamma Which Is a Spatial Data Sharing Distributed MQTT System

    Ueda T., Katayama T., Kita Y., Yamaba H., Aburada K., Okazaki N.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics   188 - 192   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics  

    This paper proposes Gamma, which is a new distributed MQTT system, to improve the usefulness of distributed MQTT systems for sharing spatial data. In the experiment, it has been found that Gamma can process more messages than a single MQTT broker. It is confirmed that Gamma achieves scalability by increasing the number of Gateways and distributed MQTT brokers. Furthermore, it is confirmed that the efficiency of the distributed MQTT system can be improved by setting the responsibility area of Gateways.

    Scopus

  • An Attempt at Data Augmentation for Realizing User Authentication Using s-EMG Signals

    Soichiro Ishibashi, Yuya Yamamoto, Hisaaki Yamaba, Kentaro Aburada, Tetsuro Katayama, Naonobu Okazaki

    Proc. of the 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Identification of Manual Alphabets Based Gestures Using s-EMG for Realizing User Authentication

    Yamaba H., Usuzaki S., Takatsuka K., Aburada K., Katayama T., Park M., Okazaki N.( 担当: 単著)

    Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    At the present time, since mobile devices such as tablet-type PCs and smart phones have penetrated deeply into our daily lives, an authentication method that prevents shoulder surfing attacks comes to be important. We are investigating a new user authentication method for mobile devices that uses surface electromyogram (s-EMG) signals, not screen touching. The s-EMG signals, which are generated by the electrical activity of muscle fibers during contraction, can be detected over the skin surface, and muscle movement can be differentiated by analyzing the s-EMG signals. Taking advantage of the characteristics, we proposed a method that uses a list of gestures as a password in the previous study. In order to realize this method, we have to prepare a sufficient number of gestures that are used to compose passwords. In this paper, we adopted fingerspelling as candidates of such gestures. We introduced manual kana of the Japanese Sign Language syllabary and compared the identification performance of some candidate sets of feature values with adopting support vector machines.

    DOI: 10.1007/978-3-030-39746-3_34

    Scopus

MISC 【 表示 / 非表示

  • Correction to: Proposal and evaluation for color constancy CAPTCHA (Artificial Life and Robotics, (2021), 26, 3, (291-296), 10.1007/s10015-021-00679-x)

    Usuzaki S., Aburada K., Yamaba H., Katayama T., Mukunoki M., Park M., Okazaki N.

    Artificial Life and Robotics   27 ( 1 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Artificial Life and Robotics  

    In the original publication of the article, on Figs. 4 and 5, “CNN” should read as “MLP”. In addition, under the section “4.2 Human and machine success rate”, on the paragraph “For evaluation of the machine success …”, in the following sentence “In the attack experiment, we applied the famous color …” CNN (Convolutional Neural Network) should be corrected as MLP (Multilayer perceptron). The correct sentence should read as “In the attack experiment, we applied the famous color constancy algorithm, Gray-World, Max-RGB, Gray-Edge [11], Second Derivative Gray-Edge, and MLP (Multilayer perceptron) to images that were saved in the experiment for the human success rate

    DOI: 10.1007/s10015-021-00715-w

    Scopus

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ウィンドウサイズ調整型監視によるリアルタ イム性DDoS攻撃検知手法の検討

    溝口 李佳, 臼崎 翔太郎, 油田 健太郎, 山場 久昭, 岡崎 直宣

    火の国情報シンポジウム2022  (宮崎大学)  2022年3月1日  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月1日 - 2022年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学  

  • 色の恒常性を利用したCAPTCHAの機械攻撃 耐性の評価と分析

    永井 麻裕, 臼崎 翔太郎, 油田 健太郎, 山場 久昭, 椋木 雅之, 岡崎 直宣

    火の国情報シンポジウム2022  (宮崎大学)  2022年3月1日  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月1日 - 2022年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学  

  • 複数ウィンドウサイズの効率的監視によるバースト形態に依らない DDoS 攻撃検出手法の検討

    臼崎 翔太郎, 油田 健太郎, 山場 久昭, 朴 美娘, 岡崎 直宣

    DICOMO2019シンポジウム  情報処理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 被疑クライアントの HTTP リクエスト送信挙動に基づいたボット判定手法

    藤 竜成,山場 久昭,油田 健太郎,岡崎 直宣

    情報処理学会ITS研究会第75回研究発表会  (宮崎市高千穂ホール)  情報処理学会ITS研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市高千穂ホール  

  • 青島地区における避難者の歩行速度を考慮した災害時の避難行動に関するシミュレーション

    本田 佳鈴,山場 久昭,油田 健太郎,岡崎 直宣

    情報処理学会ITS研究会第75回研究発表会  (宮崎市高千穂ホール)  情報処理学会ITS研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市高千穂ホール  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • NBiS 2017 Best Paper Award

    2017年8月   NBiS Committee   Highly Responsive Distributed Denial-of-Service Attacks Detection by Using Real-Time Burst Detection Method

    Shotaro Usuzaki, Yuki Arikawa, Hisaaki Yamaba, Kentaro Aburada, Shin-Ichiro Kubota, Mirang Park, Naonobu Okazaki

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:カナダ

  • 化学工学会SIS部会技術賞

    2015年4月   化学工学会  

    高塚佳代子, 高橋弘季, 山場 久昭, 久保田真一郎, 岡崎 直宣

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • DICOMO2014優秀論文賞

    2014年8月   情報処理学会  

    横山 絵美里, 宗 裕文, 山場 久昭, 久保田 真一郎, 朴 美娘, 岡崎 直宣

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • クラウドサービスに対する大規模な分散型攻撃の検知とその規模の縮小化に関する研究

    研究課題/領域番号:21K11849  2021年04月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 深層学習に基づく筋電位個人認証を利用した多要素個人認証手法の開発

    研究課題/領域番号:20K11812  2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    普及著しいモバイル端末のセキュリティ確保の上で重要となる「安全なユーザ認証」を、バイオメトリクスの一つである筋電位を用いて実現することである。この認証手法は「人間が体を動かす時に生じる筋電位は、同じように筋肉を動かしていても、個人によって全く異なる波形 が計測される」ことを活用し、前腕部の動作(以下、ジェスチャと呼ぶ)の組み合わせをパスワード として用いることにより、多要素認証の実現を検討するものである。この研究では、(1) ユーザ認証に適したジェスチャの選定と、(2) 計測された筋電位の波形データから、正規ユーザか否かを深層学習により判定する手法の開発を行う。さらに、 (3) この手法を Android 端末上に実装し、その性能評価実験を行う。

  • クラウドサービスに対する経済的な損失を目的にしたEDoS攻撃の検知に関する研究

    研究課題/領域番号:18K11268  2018年04月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 筋電位による個人認証 システムの実現への深 層学習の適用

    研究課題/領域番号:17K00186  2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    普及著しいモバイル端末のセキュリティ確保の上で重要となる「安全なユーザ認 証」を、バイオメトリクスの一つである筋電位を用いて実現することである。この認証手法は「人間 が体を動かす時に生じる筋電位は、同じように筋肉を動かしていても、個人によって全く異なる波形 が計測される」ことを活用し、前腕部の動作(以下、ジェスチャと呼ぶ)の組み合わせをパスワード として用いるものである。この研究では、(1) ユーザ認証に適したジェスチャの選定と、(2) 計測され
    た筋電位の波形データから、正規ユーザか否かを深層学習により判定する手法の開発を行う。さらに、 (3) この手法を Android 端末上に実装し、その性能評価実験を行う。

  • 安全なモバイルクラウドサービス実現のための利用者の環境適応型認証法の提案

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者