山森 一人 (ヤマモリ クニヒト)

YAMAMORI Kunihito

写真a

所属

工学教育研究部 工学科情報通信工学プログラム担当

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学) ( 1997年3月   北陸先端科学技術大学院大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 計算機システム

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Study on Email Spam Classification Using Machine Learning Techniques 国際共著

    Thae Ma Ma, Kunihito YAMAMORI, Masaru AIKAWA, Aye Thida

    Memoirs of Faculty of Engineering, Miyazaki University   50   113 - 118   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Network Design for Session Type NIDS 査読あり

    Ryo Saito, Kunihito Yamamori, Masaru Aikawa, Kentaro Inoue

    PROCEEDINGS OF THE TWENTY-SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   518 - 523   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, we propose a network design for session-type Network-based Intrusion Detection System (NIDS).
    We focus on the network itself, network availability and stream data handling to achieve the practical session type NIDS. NIDS insertion cost depends on the network design, and it tends to increase. When the inserted NIDS fails, communications may be blocked depending on the insertion style. We use the Address Resolution Protocol (ARP) to reduce the cost of inserting NIDS into the network. And, our design prepares an independent controller from NIDS to improve the network vailability. After inserting the NIDS into the network, NIDS starts monitoring of the packets. And a large amount of memory is required to build a session from the packets. The proposed NIDS only focuses on the headers of some protocols to reduce memory usage.

  • Reinforcement Learning Approach for Imperfect Information Games 査読あり

    Akinobu Iwai, Kunihito Yamamori, Masaru Aikawa, Kentaro Inoue

    PROCEEDINGS OF THE TWENTY-SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   533 - 538   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, we show whether Reinforcement Learning(RL) is effective or not for incomplete information game. We apply RL approach to a multiplayer incomplete information game ”Inferno”. RL is one of the machine learning algorithm to learn policies to choose an action of agent at the specific situation in virtual simulation environment. RL agents learn what action choices to make to win the game. RL plays the game against two different bots. We evaluate the proposed method by the score.

  • Tuning Support Tool forWAF Mod Security by Log Analysis with Machine Learning 査読あり

    Chihiro Kudo, Kunihito Yamamori, Masaru Aikawa, Kentaro Inoue, Ryo Saito

    PROCEEDINGS OF THE TWENTY-SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   539 - 543   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this research, we develop and evaluate a tool that supports tuning work of WAF (Web Application Firewall). The tuning of WAF is very hard because a lot of new vulnerabilities are found in every day, and deep understanding of computer and network securities are required. At the tuning work, attack detection rules are set to reduce misdetections. Misdetection has two attributes, false positive and false negative. In this research, we aim to reduce false positives because WAF operators has to deal with every positive detection for secure operation of their web services. Our tool makes a classifier train by machine learning algorithm with a dataset including true positives and false positives, and the classifier obtains rules how to classify a
    communication is an attack or not. When a false positive detection will occur, then our tool gives the WAF operators an advice to correct the attack detection rules.

  • Computer aided arrangements using cadences and melodic regularity 査読あり

    Kosuke Yoshida, Kunihito Yamamori, Masaru Aikawa, Kentaro Inoue

    PROCEEDINGS OF THE TWENTY-SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   529 - 532   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, we aim to propose and evaluate music arrangement with computer support. We use cadences and
    melodic regularity in music arrangement. Cadences are musical heuristics and rules of transition easiness from a chord to the other chord. Since a lot of music has a regularity that includes the repetition of the same melody within a song, we use regularity to add a chord progression. To evaluate our proposed method, we get our information from questionnaires. In this questionnaire,
    naturalness of the music created by our method compared with the music created by cadence only.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Reccent Advances in Simulated Evolution and Learning - Advances in Natural Computation Vol.2 (Tan, K.C., Lim, M.H., Yao, X. and Wang, L.(eds.))

    H.Zhu, I.Yoshihara, K.Yamamori, M.Yasunaga( 担当: 共著)

    World Scientific Publishing, Singapore  2004年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Reccent Advances in Simulated Evolution and Learning - Advances in Natural Computation Vol.2 (Tan, K.C., Lim, M.H., Yao, X. and Wang, L.(eds.))

    YAMAMORI Kunihito

    World Scientific Publishing, Singapore  2004年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Reccent Advances in Simulated Evolution and Learning - Advances in Natural Computation Vol.2 (Tan, K.C., Lim, M.H., Yao, X. and Wang, L.(eds.))

    山森 一人

    World Scientific Publishing, Singapore  2004年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies, (Baba, N., Jain, L.C. and How- lett, R.J.(eds.))

    I.Yoshihara, Y.Kamimai, K.Yamamori, M.Yasunaga( 担当: 共著)

    IOS Press, Tokyo  2001年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies, (Baba, N., Jain, L.C. and How- lett, R.J.(eds.))

    山森 一人

    IOS Press, Tokyo  2001年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • A Heuristic and Stochastic Approach for Automatic Music Composition

    T.Yamada, K.Yamamori, M.Aikawa

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015   525 - 530   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • A Heuristic and Stochastic Approach for Automatic Music Composition

    T.Yamada, K.Yamamori, M.Aikawa

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015   525 - 530   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • Natural English-Japanese Translation by Complementing of Proper Particles

    H.Haraguchi, K.Yamamori,M.Aikawa

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015   514 - 518   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • Pipelined multi-threading approach for high-speed global alignment on GPGPU

    T.Yamamoto, M.Aikawa, K.Yamamori

    Proc. 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015   519 - 524   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • Accuracy Improvement for TSP by Multi-level Perturbed Parallel Island Model

    Kunihito Yamamori, Kento Seki, Masaru Aikawa

    Memoirs of Faculty of Engineering   ( 43 )   201 - 205   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Simultaneous estimation of multiple food functions of food components using targeted proteomics approach 国際会議

    Kiyoko Nagahama, Akira Ota, Katsuhisa Kurogi, Kunihito Yamamori, Yoichi Sakakibara

    10th Asia-oceania Human Proteome Organization Congress  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月30日 - 2021年7月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Google Distance Matrix APIを利⽤した再配 達を含めた配達ルート最適化

    松下義孝,相川勝,井上健太郎,山森一人

    火の国情報シンポジウム2021  (オンライン開催(Zoom))  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月1日 - 2021年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(Zoom)  

    再配達に対応した配達経路最適化法の提案、評価する。配達経路の決定には、遺伝的 アルゴリズムと列挙法をアレンジした解法を用いる。遺伝的アルゴリズムと列挙法は、どちらも巡回セー ルスマン問題(TSP:Traveling Salesman Problem)の主な解法の1 つである。本研究では、Google が提供するDistance Matrix API(Application Programming Interface) を用いて配達先間の実距離を取得し、経過探索に利用する。配達先や配達エリアなどのパラメータを変化させ、配達シミュレーションによって評価したところ、配達先が増えるにつれ配達の成功率が90%に近づくことがわかった。

  • 機械学習によるログ解析を利用した WAF Mod Security 用チューニングツールの開発

    工藤千寛,山森一人,相川勝,井上健太郎,齋藤燎

    火の国情報シンポジウム2021  (オンライン開催(Zoom))  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月1日 - 2021年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(Zoom)  

    Web Application Firewall(WAF)運用の要である異常通信検知ルールの設定は難解であり、ログ解析や検知ルール記述言語の理解といった専門的な知識を要する。学習コスト面や金銭面の問題を解決できない中小企業や個人の技術者では、WAF を用いたセキュリティ対策を施すことが難しいという課題がある。本研究では、機械学習を利用した自動ログ解析を用いてWAF のログから偽陽性検知を検出し、誤検知全体の発生抑制が期待できる検知ルールの修正を支援する手法を提案する。

  • Network Design for Session Type NIDS 国際会議

    Ryo Saito, Kunihito Yamamori, Masaru Aikawa, Kentaro Inoue

    THE TWENTY-SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS (AROB 26th 2021)  (Online)  International Society of Artificial Life and Robotics

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月21日 - 2021年1月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

    In this paper, we propose a network design for session-type Network-based Intrusion Detection System (NIDS). We focus on the network itself, network availability and stream data handling to achieve the practical session type NIDS. NIDS insertion cost depends on the network design, and it tends to increase. When the inserted NIDS fails, communications may be blocked depending on the insertion style. We use the Address Resolution Protocol (ARP) to reduce the cost of inserting NIDS into the network. And, our design prepares an independent controller from NIDS to improve the network vailability. After inserting the NIDS into the network, NIDS starts monitoring of the packets. And a large amount of memory is required to build a session from the packets. The proposed NIDS only focuses on the headers of some protocols to reduce memory usage.

  • Delivery Route Suboptimization Combined by Map Application and Genetic Algorithm 国際会議

    Yoshitaka Matsushita, Masaru Aikawa, Kentaro Inoue, Kunihito Yamamori

    THE TWENTY-SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS (AROB 26th 2021)  (Online)  International Society of Artificial Life and Robotics

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月21日 - 2021年1月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

    In this paper, we aim to propose and evaluate a delivery route optimization method including random redelivery requests. An arrangement of Genetic Algorithm and enumeration method is used to determine the delivery route. Genetic algorithm and enumeration method are one of the popular solution methods to solve Traveling Salesman Problem. During the experiments, a map application will be used to obtain real distances. In the environment for experiments, absent destinations are randomly arranged and redelivery requests also randomly occur. Experiments showed that our method could present the delivery route even if 30% of destinations were absent and 60% of those sent redelivery requests when we set the number of destinations to 20.

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award

    2004年10月   SEAL'04  

    T.Onitani, I.Yoshihara, K.Yamamori, M.Yasunaga

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    2019年9月   情報処理学会九州支部   「Kyoto 2016 Dataset」における冗長性と同一特徴量異ラベルデータに関する報告

    齋藤燎,相川勝,井上健太郎,山森一人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    2018年3月   情報処理学会九州支部   類似楽曲検索用オーディオ指紋の提案と評価

    青島大河,山森一人,井上健太郎,相川勝

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 情報処理学会九州支部奨励賞

    2017年9月   情報処理学会九州支部   ノードの仮想化によるIoT向け軽量プロトコルの提案と評価

    篠岡裕太,相川勝,井上健太郎,山森一人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Excellent Reviewer Award 2016

    2016年3月   The international Society of Artificial Life and Robotics   Submitted paper reivew

    Kunihito YAMAMORI

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 数理モデルと機械学習を組み合わせたスモールデータ処理基盤技術の構築

    2019年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では,多数の学習サンプルを得ることが困難な生命系現象を対象に,少数の未整理かつ分散の大きいデータから適切な学習サンプルを構
    築する手法,および少ない学習サンプルでも過学習を起こさず汎化能力の高い学習アルゴリズムを確立することを目的とする.具体的には,研究代表者が関与したたんぱく質発現量からの食品機能性(複数のがん抑制活性)推定を題材に,生命活動を反映した数理モデルにより生成した学習サンプルと,ベクトルの要素を波のサンプル点と見做した距離関数を導入した拡張重み更新型自己組織化マップを併用することで,高精度かつ汎化能力の高い学習モデルの確立を目指す.

  • 自立故障補償可能なWSI規模超高速神経回路網の実現とその応用に関する研究

    2005年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    自律故障補償能力を持つ神経回路網をFPGA上に実現して故障補償能力を検証するとともに,応用例として遺伝子解析を取り上げて性能評価を行う.

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ミャンマー工学系3大学とのダブルデグリープログラム実質化に向けた訪問交流

    2015年08月 - 2016年03月

    宮崎大学工学教育研究部  学部長裁量経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ダブルデグリープログラム(DDP)を実施しているミャンマー工学系3大学(連携3大学)の学生・教員に対して宮崎大学での研究教育を具体的に紹介し、修士課程および博士後期課程の留学生を呼び込む定常的な活動の基盤を作る。

  • ICT企業の短期インターンシップを利用した単位認定プログラムの開発

    2015年06月 - 2016年02月

    地方自治体  宮崎市地方創成人材育成支援事業助成金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    複数の地元ICT企業のもつ1から2日程度の短期間のインターンシップを組み合わせ,多様な内容のインターンシップで構成されるプログラムを提供することにより,インターンシップ参加者数を増やし,地元ICT企業への就労意識を高めることを目的とする.

  • システムバイオロジーの創出を目指した翻訳システム制御ネットワークの網羅的解析

    2012年04月 - 2013年03月

    宮崎大学  戦略重点経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    実験系と情報系が有機的に連携して、遺伝子発現における翻訳システムの制御ネットワークを解析することにより、本学におけるシステムバイオロジーの基盤を構築することを目的とする。

  • 食の機能を中心としたがん予防基盤技術創出

    2005年01月 - 2008年12月

    科学技術振興機構  地域結集型共同研究事業 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    食の機能によりがんを予防する基盤技術の開発