児玉 由紀 (コダマ ユキ)

KODAMA Yuki

写真a

所属

医学部 医学科 発達泌尿生殖医学講座産婦人科学分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 2009年7月   宮崎医科大学 )

  • 医学士 ( 1991年3月   宮崎医科大学 )

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Myeloid cell thrombus and fetal vascular malperfusion in placentas with transient abnormal myelopoiesis

    Tomimori K., Kodama Y., Tanaka H., Yamashita A., Gi T., Asada Y., Doi K., Katsuragi S., Sato Y.

    Virchows Archiv   480 ( 6 )   1181 - 1187   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virchows Archiv  

    Transient abnormal myelopoiesis (TAM), also known as transient myeloproliferative disorder or transient leukemia, is a self-regressing neoplasia that afflicts infants with trisomy 21. A recent review article documented “myeloid cell thrombus (MCT)” and “fetal vascular malperfusion (FVM)” in placentas with TAM, although the characteristic TAM placental findings have not been clarified. Here, we compared the clinical and pathological placental findings between trisomy 21 patients with or without TAM. In 13 cases of trisomy 21, we identified six placentas with TAM and seven placentas without TAM. The six placentas with TAM included two stillborn cases. Microscopically, MCT was noted in all the cases, and a high incidence of FVM (50%) was observed in TAM cases. Immunohistochemically, MCT was found to be a platelet-rich thrombus. The placentas were grouped according to the presence or absence of TAM and subsequently compared. Clinically, the incidences of abnormal fetal heart rate pattern and fetal or neonatal death were significantly higher in TAM cases. Pathologically, placenta in TAM cases weighted more than those in cases without TAM, and the incidence of MCT was significantly higher in placentas with TAM. Moreover, the incidence of FVM was higher in placentas with TAM, but this difference was not statistically significant. We propose that MCT is a diagnostic feature of placentas with TAM and may be associated with poor fetal outcomes.

    DOI: 10.1007/s00428-022-03289-5

    Scopus

    PubMed

  • C4d deposition and CD39 downregulation in the placental infection by SARS-CoV-2. 査読あり

    Shimao Y, Yamauchi A, Ohtsuka T, Terao K, Kodama Y, Yamada N, Asada Y, Sato Y

    Pathology international   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.13214

    PubMed

  • Association between fetal vascular malperfusion and gestational diabetes 査読あり

    Goto T., Sato Y., Kodama Y., Tomimori K., Sameshima H., Aman M., Maekawa K., Yamashita A., Asada Y.

    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   48 ( 1 )   80 - 86   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  

    Aim: Diabetes mellitus (DM) is a major complication in pregnancy. Placental lesions with DM remain unclear and controversial. Recently, the terms of placental pathological findings, such as maternal and fetal vascular malperfusions (MVM and FVM, respectively) were introduced by the Amsterdam Placental Workshop Group Consensus Statement (APWGCS). FVM cases were classified as the partial obstruction type (global FVM) and the complete obstruction type (segmental FVM). The aim of this study was to clarify the pathological characteristics of the placenta with pregestational DM/gestational DM; GDM according to APWGCS. Methods: We studied the placentas of 182 DM women (27 pregestational DM and 155 GDM) and control placentas of 460 women without DM during 2011–2018. We excluded cases of intrauterine fetal death or multiple pregnancies. We reviewed microscopical findings including, MVM, FVM, chorioamnionitis with the slides according to the APWGCS. Results: Microscopically, the incidence of FVM was significantly higher in GDM patients than control (17% vs. 10%, p = 0.0138), but not significant in pregestational DM (11%, p = 0.7410). Segmental FVM (complete obstruction) was significantly more observed in GDM than control group (5% vs. 0.4%, p = 0.0013). Segmental FVM in GDM showed high incidence of light-for-dates infant (three of seven cases, 43%, p = 0.0288). In addition, several segmental FVM findings (villous stromal-vascular karyorrhexis and stem vessel occlusion) were frequently noted in 2 or 3 points positive of 75 g oral glucose tolerance test than 1 point positive GDM. Conclusion: Our placental findings suggest disorder of carbohydrate metabolism might affect the fetal vascular damage, especially complete fetal vascular obstruction.

    DOI: 10.1111/jog.15046

    Scopus

    PubMed

  • Congenital tracheo-esophageal transition: A previously undescribed tracheo-esophageal malformation that showed direct transition of the trachea to the esophagus. 査読あり

    Kiwaki T, Nagayasu MA, Yamada N, Kodama Y, Umekita Y, Fukushima T, Kataoka H, Tanaka H

    Pathology international   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pin.13189

    PubMed

  • A case of facial cellulitis caused by group B streptococcus in an extremely low birthweight infant. 査読あり

    Muraoka J, Kodama Y, Higashi M, Yamada N, Yamashita R, Nakame K, Kaneko M, Sameshima H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   47 ( 3 )   1110 - 1117   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.04.021

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 標準産科婦人科学 第5版

    児玉由紀( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第27章 新生児)

    医学書院  2021年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:619-654   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 第27章 新生児

    児玉由紀( 担当: 共著)

    医学書院  2021年3月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書

  • 新生児のアセスメント 注意すべき周産期情報

    谷口朋子,児玉由紀( 担当: 共著)

    MCメディカ出版  2020年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:36-44   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 産婦人科専門医のための必修知識2020年版

    児玉由紀( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 新生児検査)

    公益社団法人 日本産科婦人科学会  2020年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:B35-38   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • B. 周産期 7)新生児検査

    児玉由紀( 担当: 共著)

    杏林社  2020年11月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 事例でシミュレーション 周産期の緊急対応 3-06 羊水混濁

    児玉 由紀,池田 智明,土井 早苗

    ペリネイタルケア   ( 新春増刊 )   116 - 121  

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 弛緩出血の処置と対応

    児玉 由紀,鮫島 浩

    臨床婦人科産科   59 ( 6 )   881 - 885  

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 当科の管理指針

    児玉 由紀,鮫島 浩

    臨床婦人科産科   59 ( 12 )   1590 - 1593  

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 切迫早産の管理 招待あり

    松澤聡史、児玉由紀

    周産期医学   51 ( 8 )   1109 - 1112   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:東京医学社  

  • 退院後1ヶ月健診まで(2週間健診も含む)の母体・新生児への対応 招待あり

    村岡純輔,児玉由紀

    周産期医学   50 ( 12 )   2042 - 2044   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 「働き方改革と地域救急医療の両立」産婦人科医の立場より

    児玉由紀

    日本救急医学会九州地方会  (WEB)  日本救急医学会九州地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:WEB  

  • 宮崎県の周産期医療〜30年間の歩みとこれからの展望〜 招待あり

    児玉由紀

    宮崎市郡医師会しののめ医学会特別講演  (宮崎市郡医師会)  宮崎市郡医師会しののめ医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宮崎市郡医師会  

  • 宮崎県における有料拡大新生児スクリーニングの実施報告

    児玉 由紀

    日本小児科学会宮崎地方会89回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月14日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊娠18週で胎児胸水に対して胸腔-羊水腔シャント術を行い救命した一例

    児玉 由紀

    宮崎県産婦人科医会・宮崎県産科婦人科学会令和2年度冬期定時総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 遅発型B型溶連菌による頭頸部蜂窩織炎を呈した超低出生体重児の1例

    児玉 由紀

    宮崎県産婦人科医会・宮崎県産科婦人科学会令和2年度冬期定時総会・講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月30日

    会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)および入用突発性危急事態(ATLE)の病態解明等と死亡数減少のための研究

    2014年04月 - 2017年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    乳幼児突然死症候群(SIDS)および入用突発性危急事態(ATLE)の病態解明等と死亡数減少のための研究

  • 胎児期由来の器質的異常や高次脳機能障害の病態解明に向けた国際共同プロジェクト

    2010年10月 - 2011年03月

    独立行政法人 日本学術振興会  最先端研究開発戦略的強化費補助金(頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム) 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    胎児期由来の器質的異常や高次脳機能障害の病態解明に向けた国際共同プロジェクト

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • センター便り

    2020年01月

     詳細を見る

    宮崎県の産科医療とpopulation-based研究 -周産期予後改善の取り組み-(講演内容掲載)

  • 国際協力

    2019年09月

     詳細を見る

    JICA研修生への講義

  • Fetal & Neonatal Medicine

    2018年08月

     詳細を見る

    胎児、新生児、乳児の突然死を巡る最新情報(座談会)

  • 座談会「胎児、新生児、乳児の突然死を考える」

    2018年05月

     詳細を見る

    座談会での研究発表
    「Terminal bradycardiaに関連した胎内死亡および脳障害」

  • 国際学会Report 第63回Society for Reproductive Investigation(SRI)

    2016年08月

全件表示 >>

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 生命と病気

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目