SHINCHI Tatsuro

写真a

Affiliation

Director

External Link

Degree 【 display / non-display

  • 博士(工学) ( 2003.3   宮崎大学 )

  • 修士(学校教育学) ( 1994.3   兵庫教育大学 )

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Educational technology

 

Papers 【 display / non-display

  • プログラミング教育における対面研修とマイクロラーニングを融合した教員研修の開発と効 果の検証 Reviewed

    小林博典,新地辰朗

    臨床教科教育学会学会誌   20 ( 2 )   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 小学校教員を対象としたICTの基本的な操作の指導に関する実態調査 Reviewed

    渡邉光浩, 新地辰朗, 渡木秀明, 高橋純, 堀田龍也

    日本教育工学会論文誌   38   161 - 164   2014.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • A Survey of Teachers' Attitudes toward Learning about Measurement and Control Assuming Use of an Autonomous Robot Reviewed

    20   65 - 72   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 小学校理科授業におけるプログラミング体験の有 効性 小学校第4学年「電流の働き」単元の事例 Reviewed

    中山迅,小牧啓介,野添生,安影亜紀,徳永悟,新地 辰朗

    日 本教育工学会論文誌   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Evaluation of Junior High School Students' Understanding of Information Communication Aiming to Improve Educational Guidance about "D Technology of Information" Reviewed

    Tetsushi Kawano, Tatsuro Shinchi

    53 ( 1 )   25 - 32   2011.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 視聴覚メディアと教育

    佐賀啓男他5名( Role: Joint author ,  情報教育)

    樹村房  2002.10 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  • Recent Advances in Simulated Evolution and Learning

    T. Shinchi、T.Kitazoe、M.TabuseH.Ide、T.Horita( Role: Sole author ,  Chapter 14)

    World Scientific Series on Advances inNatural Computation,pp.250~267 (Chapter14)  2004.8 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

MISC 【 display / non-display

  • 校務の情報化における管理職のリーダーシップ

    新地辰朗

    教職研修総合特集,管理職のための「教育情報化ガイド」   2011.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:教育開発研究所  

  • 先進事例から学ぶ教育の情報化を実現するビジョンと体制づくり

    新地辰朗,南部昌敏

    Innovative Education 実践ハンドブック   2010.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:ICT教育推進プログラム協議会  

  • 実践研究助成を機に,ビジョン・リーダーに

    新地辰朗

    財団法人松下教育研究財団 平成20年度成果報告集   33   2 - 3   2008.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:財団法人松下教育研究財団  

  • 魅力ある教育の創造・マネージメントのために

    新地辰朗

    学習情報研究   ( 195 )   37 - 40   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:(財)学習ソフトウェア情報研究センター  

  • ICTの恩恵を実感できる「教育マネージメント」を

    新地辰朗

    日本教育工学協会ニューズレター   ( 79 )   2 - 3   2007.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:日本教育工学協会  

Presentations 【 display / non-display

  • A Case Study on Behavior Modification of the Teachers towards Practice of Programming Education in Arithmetic/Science in Elementary School

    Aki Yasukage, Tatsuro Shinchi

    Japan Society for Science Education

     More details

    Event date: 2019.3.16

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Tokyo Gakugei University  

  • フローチャート分析から考察する走行型ロボットを用いた小学校プログラミング教育

    新地 辰朗 ,安藤孝治

    2017年度第2回日本科学教育学会研究会  (熊本大学)  日本科学教育学会

     More details

    Event date: 2017.11.18

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:熊本大学  

  • 日本教育工学協会「先進校」「先進地域」に対するアンケート調査結果から考察する学校情報化認定事業の成果と課題

    新地 辰朗 ,野中陽一,堀田龍也

    日本教育工学会 第33回全国大会  (島根大学)  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2017.9.15 - 2017.9.18

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:島根大学  

  • 小学校における教師の意図的メディア活用可視化の試み

    新地 辰朗 ,竹内 智道,江頭 幸子]

    日本教育工学会 第32回全国大会  (大阪大学)  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2016.9.16 - 2016.9.19

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪大学  

  • 小学校算数科における「情報を整理する学習活動」の分布の整理

    渡邉光浩(三股町立三股西小学校),堀田龍也(東北大学大学院),高橋純(富山大学人間発達科学部),新地辰朗(宮崎大学大学院)

    第41回全日本教育工学研究協議会全国大会  (富山県民会館)  全日本教育工学研究協議会

     More details

    Event date: 2015.10.9 - 2015.10.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:富山県民会館  

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Investigation of Process of Teacher's Learning Instructional Designing Skills to Improve Information Literacy

    Grant number:17K01138  2017.04 - 2021.03

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Through the verification of lessons designed by richly experienced teacher, the following four knowledges concerning the teacher's competence to develop information literacy were obtained. (1) For the instruction taking advantage of students' problem-solving strategies and learning processes, effectiveness of activities expressing ideas in a flowchart format. (2) For the design of lesson with the utilization of information media or program experience, effectiveness of expression making most use of terms closely related to the concept that students learn in a subject. (3) For the teacher training that seeks behavioral change, the following contents are needed. Making them have a concrete lesson practice image and design lesson over a relatively long period of time such as a unit. (4) The effectiveness of teaching materials that make students to experience machine learning developed for classes that enhance the information literacy in response to the progress of information science.

  • 思考プロセス活用支援システムを活用した教え方・学び方の改善

    2010.04 - 2012.03

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    教師や複数の学習者間で相互に作用し合う思考プロセスの表出,記録,そして再利用に,ICTを応用し,教育活動の質的改善を目指す。ここでの思考プロセスとは,学習の深化とともに変化する学習者個々の思考過程であり,比較,累加,分類,統合,判断,一般化などを基礎的な要素とする。本研究で開発する思考プロセス活用支援システムでは,タブレット型PC,そしてWEB型協働学習プラットフォームから構成され,指導や学習に役立つように,思考活動の履歴を記録,閲覧表示できる。実際に,思考プロセス活用支援システムを学校教育現場で活用し,その効果の検証を行う。従来の教室では捉えにくかった複雑かつ多面的な学習者の知的振舞いを利用可能な状態に可視化し,教え方・学び方の質を向上させる。

  • 教育CIOを中核にしたICTの統合的・計画的利用による教育経営プログラムの開発

    2007.04 - 2009.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    「ITを活用した教科指導の改善のための調査研究事業(本研究代表者は実証授業に参加)」などにより,我が国における情報通信技術(ICT)利用による教育効果が検証されつつある。ただし,それらの多くが,一部の教員や限られた場面での効果についてのものが多く,学校全体や地域全体での情報メディア利用の教育効果が明らかにされた例はほとんどない.これに対して,本研究代表者は,地域全体で,しかも長期間にわたりICTを利用した効果を検証するために,当該地域の9年分の卒業生を対象にした追跡調査を実施した.その結果,教育活動の全般で,多様に情報メディア利用することで,基礎・基本的学力から問題解決能力に及ぶ広範な学力が身についていることを明らかした2)。調査対象とした地域について特筆すべき点として,学校や生涯学習などの地域の教育・学習全般におけるICT利用を長期的また統合的にマネージメントする役割を担った人の存在を挙げることができる.つまり,ICTの効果的利用には,教育経営全体を見通しつつ情報メディアの利用を戦略的に企画できる人材が必要であることが示されたことになる.そこで,本研究では,教育CIO(情報戦略統括担当者,chief information officer)を中核にしたICT利用による教育経営設計について検討することにした.

  • 高度情報通信網に構築する学習環境における協働型の情報・環境教育カリキュラムの開発

    2003.04 - 2005.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    本研究は,高度情報通信網上に構築する学習環境について検討し,そこで有効となる協働型の教育カリキュラムを開発するものである.本研究で開発する教育カリキュラムは,デジタルコンテンツとして地球観測衛星データを利用するところが特色の一つである.つまり,最新の科学技術による環境分析の手法を学校教育に導入し,さらに高度情報通信網を活用することにより,単一の学校での学習に留まることなく,学校を超えた広域の生徒間同士で,情報教育や環境教育に協働的に取り組む学習カリキュラムを開発する.

Other research activities 【 display / non-display

  • 管理職・ミドルリーダーのための教育情報化ガイド

    2010.04 - 2011.03

     More details

    学校経営全体でのICT活用を普及・総点検するためのガイド。A.情報化とこれからの学校教育,B.教師のモチベーションを向上・維持させるICT活用,C.すべての教師が参加し,教育活動を充実させる工夫,D.ICTを活用して保護者・地域へ働きかける学校,E.ICT活用の支援体制,の5つの観点からチェックポイントを解説とともに一覧提示。