盛武 浩 (モリタケ ヒロシ)

MORITAKE Hiroshi

写真a

所属

医学部 医学科 発達泌尿生殖医学講座小児科学分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2001年3月   宮崎医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • EVI1 triggers metabolic reprogramming associated with leukemogenesis and increases sensitivity to L-asparaginase. 査読あり

    Saito Y, Sawa D, Kinoshita M, Yamada A, Kamimura S, Suekane A, Ogoh H, Matsuo H, Adachi S, Taga T, Tomizawa D, Osato M, Soga T, Morishita K, Moritake H

    Haematologica   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3324/haematol.2019.225953

  • Long-term Remission of Acute Myeloid Leukemia Developed From Systemic Mastocytosis by Conventional Chemotherapy. 査読あり

    Yamada A, Kinoshita M, Sawa D, Saito Y, Kamimura S, Miyachi H, Moritake H

    Journal of pediatric hematology/oncology   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MPH.0000000000001259

    Scopus

    PubMed

  • Long-term remission of bilateral Wilms tumors that developed from premature separation of chromatids/mosaic variegated aneuploidy syndrome due to bilateral nephrectomy and peritoneal dialysis 査読あり

    Ochiai K., Yamada A., Kimoto Y., Imamura H., Ikeda T., Matsukubo M., Ieiri S., Moritake H.

    Pediatric Blood and Cancer   66 ( 8 )   e27804   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pediatric Blood and Cancer  

    © 2019 Wiley Periodicals, Inc. We report a 38-month-old Japanese male with premature chromatid separation/mosaic variegated aneuploidy syndrome bearing biallelic BUB1B germline mutations who suffered from bilateral Wilms tumor. After right nephrectomy, dactinomycin monotherapy was administered for the left Wilms tumor; however, severe adverse reaction prevented the patient from receiving further chemotherapy. Left nephrectomy was then performed without postoperative chemotherapy. The patient survived for 15 months after bilateral nephrectomy without peritoneal relapse, metastasis of Wilms tumor, or the occurrence of rhabdomyosarcoma and maintained a good quality of life while receiving peritoneal dialysis at home.

    DOI: 10.1002/pbc.27804

    Scopus

    PubMed

  • Robust and highly efficient hiPSC generation from patient non-mobilized peripheral blood-derived CD34<sup>+</sup> cells using the auto-erasable Sendai virus vector 査読あり

    Okumura T., Horie Y., Lai C., Lin H., Shoda H., Natsumoto B., Fujio K., Kumaki E., Okano T., Ono S., Tanita K., Morio T., Kanegane H., Hasegawa H., Mizoguchi F., Kawahata K., Kohsaka H., Moritake H., Nunoi H., Waki H., Tamaru S., Sasako T., Yamauchi T., Kadowaki T., Tanaka H., Kitanaka S., Nishimura K., Ohtaka M., Nakanishi M., Otsu M.

    Stem Cell Research and Therapy   10 ( 1 )   185   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Stem Cell Research and Therapy  

    © 2019 The Author(s). Background: Disease modeling with patient-derived induced pluripotent stem cells (iPSCs) is a powerful tool for elucidating the mechanisms underlying disease pathogenesis and developing safe and effective treatments. Patient peripheral blood (PB) cells are used for iPSC generation in many cases since they can be collected with minimum invasiveness. To derive iPSCs that lack immunoreceptor gene rearrangements, hematopoietic stem and progenitor cells (HSPCs) are often targeted as the reprogramming source. However, the current protocols generally require HSPC mobilization and/or ex vivo expansion owing to their sparsity at the steady state and low reprogramming efficiencies, making the overall procedure costly, laborious, and time-consuming. Methods: We have established a highly efficient method for generating iPSCs from non-mobilized PB-derived CD34+ HSPCs. The source PB mononuclear cells were obtained from 1 healthy donor and 15 patients and were kept frozen until the scheduled iPSC generation. CD34+ HSPC enrichment was done using immunomagnetic beads, with no ex vivo expansion culture. To reprogram the CD34+-rich cells to pluripotency, the Sendai virus vector SeVdp-302L was used to transfer four transcription factors: KLF4, OCT4, SOX2, and c-MYC. In this iPSC generation series, the reprogramming efficiencies, success rates of iPSC line establishment, and progression time were recorded. After generating the iPSC frozen stocks, the cell recovery and their residual transgenes, karyotypes, T cell receptor gene rearrangement, pluripotency markers, and differentiation capability were examined. Results: We succeeded in establishing 223 iPSC lines with high reprogramming efficiencies from 15 patients with 8 different disease types. Our method allowed the rapid appearance of primary colonies (~ 8 days), all of which were expandable under feeder-free conditions, enabling robust establishment steps with less workload. After thawing, the established iPSC lines were verified to be pluripotency marker-positive and of non-T cell origin. A majority of the iPSC lines were confirmed to be transgene-free, with normal karyotypes. Their trilineage differentiation capability was also verified in a defined in vitro assay. Conclusion: This robust and highly efficient method enables the rapid and cost-effective establishment of transgene-free iPSC lines from a small volume of PB, thus facilitating the biobanking of patient-derived iPSCs and their use for the modeling of various diseases.

    DOI: 10.1186/s13287-019-1273-2

    Scopus

    PubMed

  • Clinical and biological features of paediatric acute myeloid leukaemia (AML) with primary induction failure in the Japanese Paediatric Leukaemia/Lymphoma Study Group AML-05 study.

    Miyamura T, Moritake H, Nakayama H, Tanaka S, Tomizawa D, Shiba N, Saito AM, Tawa A, Shimada A, Iwamoto S, Hayashi Y, Koike T, Horibe K, Manabe A, Mizutani S, Taga T, Adachi S

    British journal of haematology   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjh.15799

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 鉄欠乏性貧血. 小児疾患診療のための病態生理3 改訂第5版.

    盛武 浩( 担当: 単著)

    東京医学社  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 白血球と分画

    盛武 浩( 担当: 単著)

    今日の小児診断指針  2004年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 新生児期にみられる一過性骨髄異常増殖症の病因・病態・診断・管理

    盛武 浩

    日本産婦人科・新生児血液学会誌   28   17 - 24   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 小児がんの現状と未来

    盛武 浩

    宮崎県医師会医学誌   42 ( 1 )   1 - 10   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 家族性白血病の診断・サーベイランス・治療

    盛武 浩

    臨床血液   59 ( 10 )   430 - 439   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 小児膀胱尿管逆流のトータルケア

    寺田 直樹, 上村 敏雄, 賀本 敏行, 此元 隆雄, 今村 秀明, 盛武 浩,

    日本小児腎不全学会雑誌   38   34 - 38   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 「希少小児遺伝性白血病:診断から管理まで」

    盛武 浩

    「希少小児遺伝性白血病:診断から管理まで」  (福岡)  第16回九州先天性代謝異常研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 日齢30以内発症の上室性頻拍12例の検討

    山下 尚人,原田 雅子,近藤 恭平

    日齢30以内発症の上室性頻拍12例の検討  (札幌)  .第55回日本小児循環器学会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • AML-R15

    盛武 浩

    AML-R15  (東京)  2019年度第2回JPLSG全体会議;足立班・真部班・小林班・岡本班・村松班・宮村班・嶋田班・坂本班・多賀班・康班・真田班・加藤班・小川班 合同班会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 右心バイパス症例に対する杯血管拡張薬投与の現状

    原田 雅子, 倉岡 彩子,兒玉 祥彦,石川 友一,中村 真,佐川 浩一,石川 司朗

    右心バイパス症例に対する杯血管拡張薬投与の現状  (札幌)  第55回日本小児循環器学会総会・学術集会.札幌(2019)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • 当科で経験した難治頻回部分発作重積型急性脳炎(AERRPS)の 3 例

    木許恭宏,谷口英理奈,唐澤直希,中原彰彦,池田俊郎,盛武浩

    当科で経験した難治頻回部分発作重積型急性脳炎(AERRPS)の 3 例  (名古屋)  第61回日本小児神経学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本白血病研究基金 一般研究賞(クレディセゾン賞)

    2014年11月   公益信託 日本白血病研究基金助成事業  

    盛武 浩

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Mfsd2遺伝子KOマウスを用いた、脳内DHAによるエネルギー代謝調節機構の解明

    2018年04月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    KOマウスの脳の組織学的評価と、摂食行動およびエネルギー代謝特性、代謝関連遺伝子発現を評価する。

  • 網羅的遺伝子解析をとおして同定した家族性白血病原因遺伝子の機能解析

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    網羅的遺伝子解析をとおして同定した家族性白血病原因遺伝子と想定される2つの遺伝子変異の機能解析を行う

  • 家族性急性リンパ性白血病の原因遺伝子の探索

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    家族性急性リンパ性白血病の原因遺伝子の探索

  • Mfsd2遺伝子ノックアウトマウスにおけるエネルギー代謝特性の解明

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    我々が作成したMfsd2遺伝子ノックアウトマウスにおけるエネルギー代謝特性を解析する

  • 胎盤の細胞融合におけるMfsd2遺伝子の機能解析

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    胎盤の細胞融合におけるMfsd2遺伝子の機能解析

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 小児の複数回再発・難治ALL に対する少量シタラビンとブリナツモマブによる寛解導入療法の第II相試験

    2021年12月 - 2026年03月

    特定非営利活動法人日本小児がん研究グループ 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 令和3 年度子どもの健康と環境に関する全国調査 南九州・沖縄ユニットセンター 委託業務

    2021年04月 - 2022年03月

    国立大学法人熊本大学  エコチル調査 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究

  • 小児急性骨髄性白血病(denovoAML)に対する標準的治療法の確立

    2020年04月 - 2021年03月

    国立大学法人京都大学 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • CDC42阻害剤による竹内・小崎症候群の治療法の開発

    2020年04月 - 2021年03月

    学校法人慶應義塾 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 慢性肉芽腫症腸炎に対する小児用サリドマイド製剤の実用化に関する研究

    2020年04月 - 2021年03月

    国立研究開発法人国立成育医療研究センター 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 発達泌尿生殖医学講座小児科学分野研究奨学金

    寄附者名称:日南病院 2021年02月

  • 発達泌尿生殖医学講座産婦人科学分野研究奨学金

    寄附者名称:平和台病院 2021年02月

  • 発達泌尿生殖医学講座産婦人科学分野研究奨学金

    寄附者名称:宮崎市郡医師会 2021年01月

  • 発達泌尿生殖医学講座小児科学分野研究奨学金

    寄附者名称:宮崎市郡医師会 2021年01月

  • 発達泌尿生殖医学講座小児科学分野研究奨学金

    寄附者名称:特定医療法人健腎会 2021年01月

全件表示 >>