永延 清和 (ナガノブ キヨカズ)

NAGANOBU Kiyokazu

写真a

所属

農学部 附属動物病院

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 獣医学 ( 1994年3月   山口大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A new needle biopsy approach for dolphins with lesions in the pterygoid sinus 査読あり

    KeikoYamamoto, ..., KiyokazuNaganobu, ...

    Emerging Animal Species   2022年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Identification of domestic cat hepadnavirus from a cat blood sample in Japan 査読あり

    Kazuki Takahashi 1 , Yasuyuki Kaneko 2 , Akiko Shibanai 3 , Shushi Yamamoto 2 , Ayana Katagiri 3 , Tatsuyuki Osuga 4 , Yoshiyuki Inoue 5 , Kohei Kuroda 5 , Mika Tanabe 6 , Tamaki Okabayashi 1 7 , Kiyokazu Naganobu 2 , Isao Minobe 8 , Akatsuki Saito 1 7

    J Vet Med Sci .   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.22-0010

  • Pancreatic enzyme activity in the bile of healthy cats and its association with biliary morphology 査読あり

    Fujimoto S., Torisu S., Kaneko Y., Mizutani S., Yamamoto S., Naganobu K., Nakamura K.

    Journal of Veterinary Internal Medicine   35 ( 4 )   1780 - 1788   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Internal Medicine  

    Background: In human medicine, congenital maljunction of the common bile duct (CBD) and main pancreatic duct (MPD), or pancreatobiliary maljunction (PBM), is a known cause of cholecystitis. Objective: Pancreatic enzyme activity in the bile (a diagnostic marker for PBM) of healthy cats was measured to determine normal values and evaluate its relationship with biliary morphology. Animals: Fifty-two healthy cats. Methods: Cross-sectional study of the biliary tracts of healthy cats during laparoscopic ovariohysterectomy and measurement of pancreatic enzyme activity in bile. The cats were divided into groups A and B based on the ratio of the diameter of the cystic duct (CD) to the CBD. The normal ratio was 3.4. Pancreatic enzyme activity in bile was compared between the groups. Results: The CBDs were straight in all cases, whereas the CDs were variably tortuous or dilated. Amylase activity in the bile (median, <100 U/L; range, <100-591 U/L) was lower than in serum in all cases, and group B, which had a CD/CBD ratio >3.4, had significantly higher amylase activity (median, 109 U/L; range, <100-591 U/L) in the bile than did group A (median, <100 U/L; range, <100-238 U/L), which had a CD/CBD ratio <3.4 (P =.0009). Conclusions and Clinical Importance: The results suggest that a dilated CD is associated with reflux of pancreatic juice. In the future, it will be necessary to examine the clinical usefulness of these findings by measuring pancreatic enzyme activity in the bile of cats with cholangitis.

    DOI: 10.1111/jvim.16196

    Scopus

  • Effects of a single-bolus bupivacaine injection into the coccygeal spinal canal of rabbits 査読あり

    Benedict H E Ong 1 , Yuki Hidaka 1 , Yasuyuki Kaneko 1 , Shushi Yamamoto 1 , Shinya Mizutani 1 , Satoshi Sekiguchi 2 , Shidow Torisu 1 , Kiyokazu Naganobu 1

    Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 2 )   197 - 203   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usefulness of Urinary Creatinine/Urea Nitrogen Ratio as Indicator of Body Protein Catabolism in Dogs Fed Low Protein Diets. 査読あり

    Shushi Yamamoto 1 , Yoshiyuki Ohta 2 , Etsuko Hasegawa 2 3 , Shiori Hashida 1 , Yasuyuki Kaneko 1 , Shinya Mizutani 1 , Benedict Huai Ern Ong 1 , Kiyokazu Naganobu 1 , Shidow Torisu 1

    Frontiers in Veterinary Science   6   449   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 犬と猫とエキゾチック動物の臨床麻酔学

    西村 亮平、佐野 忠士、・・・、永延清和、・・・( 担当: 共著)

    学窓社  2021年10月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • WHITESTAR(R)ICE使用時の超音波水晶体乳化吸引装置からのヒドロキシルラジカルの発生

    永延清和、中島暉

    日本酸化ストレス学会学術集会  (横浜市)  日本酸化ストレス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月24日 - 2010年6月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市  

  • 血液ガス分析を麻酔管理や日常診療に活かす:宮崎大学農学部附属動物病院の場合 国際会議

    永延清和

    獣医麻酔外科学会  (福岡市)  獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月29日 - 2011年1月30日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡市  

  • 門脈枝結紮による残存肝の代償性肥大後に肝臓中央・左区域を一括切除した犬の肝臓腫瘍2例

    山本集士, 鳥巣至道, 金子泰之, 水谷真也, 長谷川雅史, 貝沼大樹, 吉田均, 藤本晋輔, 永延清和

    日本獣医麻酔外科学会 2020年度オンライン学術集会  (オンライン)  日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 犬の肝臓腫瘍の予後不良症例に関する回顧的検討

    金子泰之ら

    九州地区獣医師大会  (北九州市)  北九州市獣医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月15日 - 2016年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州市  

  • 犬と猫の周術期にける血中アンモニア値と血中乳酸値に関する検討

    高橋愛美ら

    九州地区獣医師大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月15日 - 2016年10月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 犬で臨床応用可能な角膜実質再生法の確立

    2014年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    犬で臨床応用可能な角膜実質再生法の研究

  • 犬で臨床応用可能な角膜実質再生法の確立

    2012年04月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    犬で臨床応用可能な角膜実質再生法の確立を研究する

  • 犬猫におけるグレリンの病態生理学的役割の解明と臨床応用の可能性

    2005年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金