越本 知大 (コシモト チヒロ)

KOSHIMOTO Chihiro

写真a

所属

フロンティア科学総合研究センター 実験支援部門生物資源分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1992年3月   京都大学 )

  • 農学修士 ( 1988年3月   京都大学 )

  • 農学士 ( 1986年3月   京都大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 実験動物学  / リサーチバイオリソース

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

  • ライフサイエンス / 発生生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Translocator protein imaging with <sup>18</sup>F-FEDAC-positron emission tomography in rabbit atherosclerosis and its presence in human coronary vulnerable plaques 査読あり

    Maekawa K., Tsuji A.B., Yamashita A., Sugyo A., Katoh C., Tang M., Nishihira K., Shibata Y., Koshimoto C., Zhang M.R., Nishii R., Yoshinaga K., Asada Y.

    Atherosclerosis   337   7 - 17   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Atherosclerosis  

    Background and aims: This study aimed to investigate whether N-benzyl-N-methyl-2-[7,8-dihydro-7-(2-[18F]fluoroethyl)-8-oxo-2-phenyl-9H-purin-9-yl]acetamide (18F-FEDAC), a probe for translocator protein (TSPO), can visualize atherosclerotic lesions in rabbits and whether TSPO is localized in human coronary plaques. Methods: 18F-FEDAC-PET of a rabbit model of atherosclerosis induced by a 0.5% cholesterol diet and balloon injury of the left carotid artery (n = 7) was performed eight weeks after the injury. The autoradiography intensity of 18F-FEDAC in carotid artery tissue sections was measured, and TSPO expression was evaluated immunohistochemically. TSPO expression was examined in human coronary arteries obtained from autopsy cases (n = 16), and in human coronary plaques (n = 12) aspirated from patients with acute myocardial infarction (AMI). Results: 18F-FEDAC-PET visualized the atherosclerotic lesions in rabbits as high-uptake areas, and the standard uptake value was higher in injured arteries (0.574 ± 0.24) than in uninjured arteries (0.277 ± 0.13, p < 0.05) or myocardium (0.189 ± 0.07, p < 0.05). Immunostaining showed more macrophages and more TSPO expression in atherosclerotic lesions than in uninjured arteries. TSPO was localized in macrophages, and arterial autoradiography intensity was positively correlated with macrophage concentration (r = 0.64) and TSPO (r = 0.67). TSPO expression in human coronary arteries was higher in AMI cases than in non-cardiac death, or in the vulnerable plaques than in early or stable lesions, respectively. TSPO was localized in macrophages in all aspirated coronary plaques with thrombi. Conclusions: 18F-FEDAC-PET can visualize atherosclerotic lesions, and TSPO-expression may be a marker of high-risk coronary plaques.

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2021.10.003

    Scopus

    PubMed

  • Testosterone interrupts binding of Neurexin and Neuroligin that are expressed in a highly socialized rodent, Octodon degus 査読あり 国際誌

    Yagishita-Kyo N., Ikai Y., Uekita T., Shinohara A., Koshimoto C., Yoshikawa K., Maruyama K., Yagishita S.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   551   54 - 62   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    Octodon degus is said to be one of the most human-like rodents because of its improved cognitive function. Focusing on its high sociality, we cloned and characterized some sociality-related genes of degus, in order to establish degus as a highly socialized animal model in molecular biology. We cloned degus Neurexin and Neuroligin as sociality-related genes, which are genetically related to autism spectrum disorder in human. According to our results, amino acid sequences of Neurexin and Neuroligin expressed in degus brain, are highly conserved to that of human sequences. Most notably, degus Neuroligin4 is highly similar to human Neuroligin4X, which is one of the most important autism-related genes, whereas mouse Neuroligin4 is known to be poorly similar to human Neuroligin4X. Furthermore, our work also indicated that testosterone directly binds to degus Neurexin and intercepts intercellular Neurexin-Neuroligin binding. Moreover, it is of high interest that testosterone is another key molecule of the higher incidence of autism in male. These results indicated that degus has the potential for animal model of sociality, and furthermore may promote understanding toward the pathogenic mechanism of autism.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.03.015

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Equilibrium vitrification of mouse embryos using low concentrations of cryoprotectants 査読あり 国際誌

    Qiu J., Hasegawa A., Mochida K., Ogura A., Koshimoto C., Matsukawa K., Edashige K.

    Cryobiology   98   127 - 133   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cryobiology  

    Previously, we developed a method for vitrification of mouse embryos in a near-equilibrium state using EFS35c, PB1 medium containing 35% (v/v) ethylene glycol, and 0.98 M sucrose. This method has advantages in both slow freezing and vitrification. However, since the vitrification solution in this method contains high concentrations of cryoprotectants and thus has high osmolality, the solution would injure oocytes and embryos with high sensitivity to chemical toxicity and high osmolality. In this study, we examined whether embryos could be vitrified in a near-equilibrium state using a solution containing low concentrations of cryoprotectants and thus with low osmolality. To investigate whether embryos were vitrified in a near-equilibrium state, 2-cell mouse embryos were vitrified with EDFS10/10a, PB1 medium containing 10% (v/v) ethylene glycol, 10% (v/v) DMSO, and 0.4 M sucrose, in liquid nitrogen, stored at −80 °C for 4–28 days, and warmed in water at 25 °C. The viability of the embryos was evaluated by the appearance of embryos after warming and developmental ability. When embryos were vitrified in liquid nitrogen using EDFS10/10a, the survival and developmental ability into blastocysts after storage at −80 °C for 7 days were high, indicating that embryos were vitrified in a near-equilibrium state. A high proportion of embryos vitrified with EDFS10/10a developed to term after transportation with dry ice, re-cooling in liquid nitrogen, and transfer to recipients. Therefore, new equilibrium vitrification developed in this study may be useful for oocytes and embryos that are highly sensitive to the toxicity of cryoprotectants and high osmolality.

    DOI: 10.1016/j.cryobiol.2020.11.015

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • デグー(<i>Octodon degus</i>)に観察されるてんかん様発作の評価指標 査読あり

    伊海 結貴, 篠原 明男, 名倉(加藤) 悟郎, 七條 宏樹, 越本 知大

    哺乳類科学   61 ( 1 )   3 - 11   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本哺乳類学会  

    <p>デグー<i>Octodon degus</i>は南米原産の草食性齧歯類で,個体間での優れた音声コミュニケーションや道具機能の理解など,他の齧歯類に見られないユニークな特徴をもつ.近年ではこうした特徴が脳の高次機能と関連付けられ,主に医科学,行動心理学の分野で脳の発達やアルツハイマー病態の解明に有用なバイオリソースとしての特性把握が進められている.今回我々は宮崎大学において系統管理を続けているデグー集団内に「てんかん様発作」を示す個体を見出した.調べる限りデグーのてんかん様発作に関する報告はなく,その症状を精査することで,我々は新たな研究資源の創出の可能性を提示できると考えた.そこで本研究ではデグーのてんかん様発作症状を臨床的に評価する為の客観的指標を作成することを目的として,動画観察による発作の過程と強度,更には総持続時間の評価を試みた.</p><p>デグー16頭(雌:雄=7:9)が呈した合計35回のてんかん様発作を撮影した動画を解析した結果,デグーのてんかん様発作は体の一部の異常(過程1)に始まり,続く全身の強直様症状とけいれん(過程2),短時間の静止状態(過程3),そして再び体の強直様症状とけいれん以外の異常(過程4)を経て,静止状態(過程5)の後に健常な状態を回復するという一連の過程を辿る事が示された.マウスやラットより複雑な脳機能をもつと考えられるデグーは新たなてんかんモデル動物としての可能性を有すると考えられ,本研究で初めて作成した指標はデグーに観察されるてんかん様発作の評価基準として活用できる.また本研究では,発作の強度や総持続時間には性差があることが示唆されたが,一方で発作の頻度そのものに著しい個体差が見られたことから,今後の追加検討が急務である.</p>

    DOI: 10.11238/mammalianscience.61.3

    CiNii Research

    researchmap

  • Equilibrium vitrification of mouse embryos at various developmental stages using low concentrations of cryoprotectants

    Qiu J., Matsukawa K., Koshimoto C., Edashige K.

    Journal of Reproduction and Development   67 ( 2 )   109 - 114   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    We previously developed a new vitrification method (equilibrium vitrification) by which two-cell mouse embryos can be vitrified in liquid nitrogen in a highly dehydrated/concentrated state using low concentrations of cryoprotectants. In the present study, we examined whether this method is effective for mouse embryos at multiple developmental stages. Four-cell embryos, eight-cell embryos, morulae, and blastocysts were vitrified with EDFS10/10a, 10% (v/v) ethylene glycol and 10% (v/v) DMSO in FSa solution. The FSa solution was PB1 medium containing 30% (w/v) Ficoll PM-70 plus 0.5 M sucrose. The state of dehydration/concentration was assessed by examining the survival of vitrified embryos after storage at –80°C. When four-cell embryos and eight-cell embryos were vitrified with EDFS10/10a in liquid nitrogen and then stored at –80°C, the survival rate was high, even after 28 days, with relatively high developmental ability. On the other hand, the survival of morulae and blastocysts vitrified in liquid nitrogen and stored at –80°C for four days was low. Therefore, morulae and blastocysts cannot be vitrified in a highly dehydrated/concentrated state using the same method as with two-cell embryos. However, when blastocysts were shrunken artificially before vitrification, survival was high after storage at –80°C for four days with high developmental ability. In conclusion, the equilibrium vitrification method using low concentrations of cryoprotectants, which is effective for two-cell mouse embryos, is also useful for embryos at multiple stages. This method enables the convenient transportation of vitrified embryos using dry ice.

    DOI: 10.1262/jrd.2020-152

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大・中・小動物実験プロトコール

    越本知大・村上昇・他31名( 担当: 共編者(共編著者))

    宮日文化情報センター  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 猫の行動学

    斉藤徹, 久原孝俊, 片平清昭, 村中志朗 監訳 ( 担当: 共訳 ,  範囲: 第7章 ネコの摂食行動 pp255-296)

    インターズ  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Several contributors affecting mouse sperm cryopreservation

    C. Koshimoto, P. Mazur( 担当: 共著)

    Hokuto Shobo  2001年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 小児における晩発性確定的影響;放射線の線源と影響 原子放射線の影響に関する国連科学委員会の総会に対する1993年報告書 科学的付属書 I

    国連科学委員会監修、放射線医学総合研究所監訳( 担当: 共訳 ,  範囲: pp873-929)

    実業公報社  1995年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 冷蔵サンプルの輸送事故を防ぐための簡便な輸送方法に関する検討

    七條宏樹・増元圭三・泉 孝一・篠原明男・坂本信介・越本知大

    第34回日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会  (宮崎市)  日本実験動物技術者協会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月25日 - 2014年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市  

  • ヨーロッパモリネズミに観察される糖尿病様個体の選抜方法の改善

    冨山小百合・加藤悟郎・七條宏樹・坂本信介・篠原明男・越本知大、

    第32回九州実験動物研究会  (宮崎市)  九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月25日 - 2014年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市  

  • 高脂血症を自然発症するヨーロッパモリネズミの血中脂質への自発運動の影響

    猪口瑞穂・坂本信介・篠原明男・越本知大、

    第32回九州実験動物研究会  (宮崎市)  九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月25日 - 2014年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市  

  • BALB/c系統マウスの休眠発現は成長初期の栄養獲得量により調節される

    加藤悟郎・坂本信介・篠原明男・森田哲夫・越本知大、

    第32回九州実験動物研究会  (宮崎市)  九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月25日 - 2014年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市  

  • 野生アカネズミの盲腸内微生物は飼育により変化する

    井上比加里・酒井悠輔・坂本信介・越本知大・篠原明男

    日本哺乳類学会2014年度大会  (京都市)  日本哺乳類学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月4日 - 2014年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本哺乳類学会優秀ポスター賞

    2013年9月   日本哺乳類学会  

    井上比加里・酒井悠輔・坂本信介・森田哲夫・越本知大・篠原明男

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 九州実験動物研究会 山内半田賞

    2012年11月   九州実験動物研究会  

    酒井悠輔・坂本信介・森田哲夫・篠原明男・越本知大

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本哺乳類学会優秀ポスター賞

    2010年9月   日本哺乳類学会  

    坂本信介・鈴木惟司・篠原明男・越本知大

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本哺乳類学会優秀ポスター賞

    2009年11月   日本哺乳類学会  

    篠原明男・越本知大

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:台湾

  • Biology of the Cell Young Investigator Awards

    2007年7月   Biology of the Cell  

    83) K. Edashige, S. Ohta, M. Tanaka, T. Kuwano, D. M. Valdez Jr., T. Hara, B. Jin, S. Takahashi, S. Seki, C. Koshimoto, and M. Kasai

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本固有種と欧州種が並在する独創的な野生由来アカネズミ属バイオリソースの質的評価

    2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    日本固有種および欧州種のアカネズミ属2種を対象に実験室繁殖コロニーを確立し、それぞれの質的評価を行うことで新規バイオリソースを創成する

  • 温度センサーチャンネル制御による生殖細胞と胚の低温/高温障害の克服

    2014年04月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    環境温度の変動によって発現する細胞膜表面の低分子輸送チャンネルの発現メカニズムを解析し、その人為制御を介して、生殖細胞凍結保存時の冷却もしくは加温ストレスの低減を試みる。

  • 動物接種とゲノム解析の組み合わせによる画期的な難同定病原微生物診断法の開発

    2013年04月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    未同定感染症患者の検体を培地もしくは実験動物に接種して培養して増幅し、大規模ゲノム解析にて確定診断する一連のプロトコルの開発

  • 生命現象の多様性を科学する新しい研究基盤の開発:日本固有齧歯類の実験動物化の試み

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    日本固有の野生齧歯類であるApodemus属二種の実験動物化による研究基盤の創出の試み

  • 内在性水チャンネルの人為誘導と開閉制御による哺乳動物卵子の耐凍性向上

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    哺乳類卵子(未受精卵)は受精卵とは異なる凍結特性を有している。そこで卵子細胞膜上に低分子耐凍剤を透過するチャンネルを人為誘導し、その開閉を制御することで耐凍性を改善し、卵子凍結法の改善を試みる。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Research in mouse sperm cryopreservation

    1999年02月 - 2002年02月

    海外  NIH Grant R24-RR13194 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    マウス生理凍結保存に関する基礎研究

  • 人獣共通感染症対策に関する学部横断研究プロジェクト

    2004年03月 - 2005年03月

    宮崎大学  平成16年度宮崎大学学長裁量経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    人獣共通感染症教育研究プロジェクトとして、E型肝炎に関する研究を分担

  • 新しいゲノム研究モデル生物の凍結保存法によるコロニー維持法の開発

    2003年04月 - 2004年03月

    民間財団等  平和中島財団国際学術研究助成外国人研究者等招致助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ショウジョウバエに次ぐゲノム研究モデル昆虫であるキョウソヤドリコバチ生殖細胞の凍結保存法開発に関する共同研究

  • 「感染症ネットワーク」への継続的参加を目指した学部横断研究組織による

    2005年04月 - 2006年03月

    宮崎大学  平成17年度宮崎大学戦略重点経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    「感染症ネットワーク」への継続的参加を目指した学部横断研究組織による宮崎大学独自のゲノムプロジェクト

  • 「実験動物一級技術師」在学受験資格取得認定校としての教育カリキュラム立上げ

    2005年04月 - 2006年03月

    宮崎大学  平成17年度宮崎大学戦略重点経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    「実験動物一級技術師」在学受験資格取得認定校として日本実験動物協会が要求する内容の講義・演習カリキュラムの立ちあげと実施。

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 絶滅危惧種 オキナワトゲネズミ 棲息調査

    2013年03月

     詳細を見る

    トゲネズミ属3種の内2種は哺乳類でほぼ唯一Y染色体を欠く清家って一期校を有し、その仕組みが破壊召されていないため、本種の実験動物化とiPS細胞自立を目指し、その生息調査と試料採取を行った

  • 絶滅危惧種 アマミトゲネズミ 棲息調査

    2013年02月

     詳細を見る

    トゲネズミ属3種の内2種は哺乳類でほぼ唯一Y染色体を欠くせい決定機構を有し、その仕組みや進化が解明されていないため、本種の実験動物化とiPS細胞自立を目指し、その生息調査と試料採取を継続した

  • 絶滅危惧種 トクノシマトゲネズミ 棲息調査

    2012年12月

     詳細を見る

    トゲネズミ属3種の内2種は哺乳類でほぼ唯一Y染色体を欠くせい決定機構を有し、その仕組みや進化が解明されていないため、本種の実験動物化とiPS細胞自立を目指し、その生息調査と試料採取を継続した

  • 絶滅危惧種 アマミトゲネズミ 棲息調査

    2012年11月

     詳細を見る

    トゲネズミ属3種の内2種は哺乳類でほぼ唯一Y染色体を欠くせい決定機構を有し、その仕組みや進化が解明されていないため、本種の実験動物化とiPS細胞自立を目指し、その生息調査と試料採取を行った

  • 天然記念物ニホンカモシカ九州内合同調査

    2012年01月 - 2012年10月

     詳細を見る

    環境省委託ニホンカモシカ調査に参加