塩盛 弘一郎 (シオモリ コウイチロウ)

SHIOMORI Koichiro

写真a

職名

教授

研究室住所

宮崎市学園木花台西1−1宮崎大学工学部

研究室電話番号

0985-58-7309

研究室FAX番号

0985-58-7323

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 1999年3月   大阪大学 )

  • 工学修士 ( 1990年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Preparation of Polystyrene Microcapsules Containing Saline Water Droplets via Solvent Evaporation Method and Their Structural Distribution Analysis by Machine Learning 査読あり 国際共著 国際誌

    S. Batchuluun, H. Matsune, K. Shiomori, O. Bayanjargal, T. Baasankhuu

    J. Chem. Eng. Japan   54 ( 9 )   517 - 524   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:化学工学会  

    Most microcapsule preparation methods produce a population of microcapsules in a bulk solution. To control the microcapsule preparation or obtain an optimal preparation condition, the mechanism of the microcapsule preparation should be investigated. The mechanism is estimated via structure reformation during the preparation process because diameter and wall thickness are drastically altered in the solution. Considering microcapsule applications, some important properties, such as the mechanical properties of microcapsules and release rate of the encapsulated product, depend on the microcapsule structure. In this study, polystyrene microcapsules containing saline water droplets were prepared via the solvent evaporation method from a solid-in-oil-in-water (S/O/W) emulsion system. The microcapsules exhibited a specific structural distribution, which comprised monocore, multicore, and solidcore structures. The structural distribution was altered by the preparation condition. The monocore structure was absolutely dominant owing to the increase in the amount of calcium chloride added in the organic phase. The salt concentration is not the sole controlling factor of the microcapsule structure, as the surfactant and dispersion exerted a significant impact on the microcapsule structure. The structural distribution was automatically analyzed by a machine learning algorithm (MLA). The decision-making time for the microcapsules preparation was shortened by the accelerated structure determination, and the accuracy was improved by increasing the number of counting particles.

    DOI: 10.1252/jcej.21we052

  • カプセル化したサッチ分解菌の糖類添加による活性維持の効果 査読あり

    服巻 晃志, 大角 義浩, 清山 史朗, 塩盛 弘一郎, 幡手 泰雄, 武井 孝行, 吉田 昌弘

    科学・技術研究   10 ( 1 )   37 - 40   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    芝生は、家庭や公園のような身近な場所からゴルフ場などの広域なものまで、様々な場所で利用されている。芝生が生育する場所では、管理のために定期的に芝刈りを行う必要がある。芝刈りで発生する刈かすは、堆積してサッチ層となり、芝の目詰まりや病原菌の温床となることから、芝に様々な障害を引き起こす。そこで本研究では、微生物(サッチ分解菌)の分解能力に着目し、カプセル化することでサッチ層の除去効果を持続させるための基礎的検討を目的としている。 具体的には、サッチ分解菌の選定およびアルギン酸カルシウムを璧材としたサッチ分解菌内包カプセルの調製を行い、さらに糖類溶液(グルコース、スクロース、トレハロース)による保護剤処理によって、サッチ分解菌の長期安定化を試みた。候補となる複数のサッチ分解菌でセルロースの分解試験を行った結果、Bacillus pumilus NBRC12092を選択した。保護剤処理をカプセルに対して行うことで、カプセル内の分解菌を乾燥処理による負荷から保護することができた。 保存安定性試験では、カプセルの形状を崩壊することなく保ち続け、0.2 mol/Lスクロース水溶液を用いた保護剤処理を行うことで、21日経過した後もカプセル中で約108 CFU/gと高い生菌数を保持していた。さらに、サッチの主要成分であるセルロースの分解能力も維持していた。

    DOI: 10.11425/sst.10.37

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Recent developments of microcapsules and polymer particles for separation medium 査読あり

    K. Shiomori, H. Matsune, S. Kiyoyama, T. Takei, M. Yoshida and H. Umakoshi

    Journal of Physics: Conference Series   1763   012011   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Microcapsules and porous polymer particles containing extractants, which are functional molecules to extract target ions or molecules by specific interaction using in solvent extraction process, are expected to be an effective separation medium of various substances from aqueous solution in hydrometallurgical process of harmful or valuable metals and in environmental protection processes from various pollutants. The preparation method, encapsulating materials and application area of these materials has been developed and extended in recent years. Recent topics of this field was been presented. The research on the polymeric particles for separation medium investigated by authors was introduced and showed the structural effect of the polymeric particles containing extractant on the separation performance of metal ion and chiral separation of amino acids by porous particles impregnated with phospholipids.

    DOI: 10.1088/1742-6596/1763/1/012011

  • Chromium adsorption on sodium sulfide treated sheep wool 査読あり

    S. Enkhzaya, H. Matsune, K. Shiomori, B. Oyuntsetseg

    Journal of Physics: Conference Series   1763   012009   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Chromium adsorption from the aqueous phase was evaluated using Mongolian sheep wool as a biosorbent. The wool was chemically treated with sodium sulfide to enhance the adsorption capacity. The surface of the wool was analyzed by SEM. EDX and FTIR were also used for the analysis of differences in the wool after chromium adsorption. Chromium was detected in the wool after adsorption by EDX analysis. FTIR data indicated the intensity change in amide A and amide I, which shows chromium may be adsorbed to the amino and carboxyl groups of the wool. The sodium sulfide treated wool showed better adsorption capacity of chromium(III) than the untreated wool. In the case of chromium(III), the adsorption amount increased with the pH increased, while for chromium(VI), the adsorption value increased with the pH decreased. Kinetic analysis of the adsorption indicated that the removal of chromium followed pseudo-second order kinetic model for the whole contact time range. Langmuir isotherm model was used for the analysis of adsorption equilibrium and the adsorption followed well Langmuir isotherm. This study demonstrates the sodium sulfide treated wool is an effective and low-cost biosorbent for heavy metal adsorption.

    DOI: 10.1088/1742-6596/1763/1/012009

  • Analysis of the microcapsule structure based on machine learning algorithm 査読あり

    S. Batchuluun, H. Matsune, K. Shiomori, O. Bayanjargal, T. Baasankhuu

    Journal of Physics: Conference Series   1763   012030   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    For the microcapsules preparation process, the mechanism is estimated by structure reformation during the preparation process since diameter and wall thickness drastically changed. Microstructures are recently studied by machine learning techniques. The Hough transformation algorithm is used by other researchers for the preparation of the microcapsules but it is difficult to determine the mechanism by using only a diameter change of the microcapsules. Therefore, one additional way to establish the mechanism is the analysis of the formation of the microcapsule structure. In this study, The Hough transformation algorithm was used for the image segmentation, the simple feature extractions were checked and the support vector machine and the k-nearest neighbors algorithm were used as classifiers in order to analyze the structure of the microcapsules which were prepared by solvent evaporation method from a solid in oil in water, S/O/W, emulsion system. The structural distribution was analyzed by the developed detection method. The microcapsules had a specific structural distribution which are monocore, multicore, and other aggregated structures. The structural distribution was changed by the preparation condition. The monocore structure was dominant by increasing in the amount of water soluble solid particles added in the organic phase.

    DOI: 10.1088/1742-6596/1763/1/012030

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • バイオマス燃料製造による焼酎粕処理プロセスの開発と焼酎バイオエナジー宮崎日南工場の開設―あなぶきグループと宮崎大学との連携―

    塩盛弘一郎

    産学官連携ジャーナル   17 ( 9 )   29 - 32   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:国立研究開発法人 科学技術振興機構 産学連携展開部 産学連携プロモーショングループ  

    南九州では古くから焼酎、特に芋焼酎が愛飲され、重要な産業となっている。焼酎製造の過程で蒸留残渣である焼酎粕が焼酎生産量の2倍程度発生する。焼酎粕をエタノール燃料と固形ペレット燃料のバイオマス燃料に変換・利用して処理するプロセスを、焼酎業界と全く異業種といえるあなぶきグループと2014年から共同研究を続け開発した。

    当初、焼酎粕を再発酵して生成したエタノールを蒸留してエタノール燃料を製造するプロセスのみの共同研究であったが、その後、エタノール蒸留後の固形分も分離してペレット燃料に成形し利用する総合的な焼酎粕処理プロセスとして研究を進め、2017年11月に宮崎大学産学・地域連携研究センターの敷地内に1日100Lのエタノール発酵を行うパイロットプラントを設置した。パイロットプラントでの実験結果に基づき、1日15tの処理が可能な実証工場「焼酎バイオエナジー宮崎日南工場」を2021年4月に宮崎県日南市に株式会社あなぶきハウジングサービスが開設し、実証運転を開始した。開発した焼酎粕処理プラントの焼酎工場への導入・設置を目指す。

    エタノール燃料は、処理プラントの運転のための燃料に利用し、固形ペレット燃料も処理プラントおよびバイオマス発電などの燃料に利用する。これまで廃棄物として「処理」していた焼酎粕を焼酎バイオマスとして捉え、焼酎バイオマス燃料に転換し化石燃料に替わる燃料として「利用」することで、カーボンフリーな社会の構築に貢献できると期待される。

  • 高分子を壁物質に用いたマイクロカプセル・機能性微粒子の特徴と事例 招待あり

    塩盛弘一郎, 宮武宗利, 松根英樹, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘

    プラスチックス   71 ( 9 )   9 - 19   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本プラスチック工業連盟  

  • ケイ酸化合物系消火剤を用いた油火災消火に関する研究

    塩盛弘一郎, 松木嚴生, 真 隆志, 菅原鉄治

    消防防災科学技術研究推進制度 令和元年度終了研究課題 成果報告書   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:総務省消防庁  

    本研究では、感温発泡性を有するケイ酸化合物を主成分とする液状消火剤および粉末消火剤を調製し、天ぷら油などの油火災の消火に適用し、消火特性を明らかにした。天ぷら油火災の実験モデルを構築し、消火剤の消火時での発泡挙動、発泡後の固体泡の油中での浮遊状態と経時特性、粉末消火剤の流動特性を明らかにした。種々の組成の消火剤を用いて天ぷら油火災の消火実験を行い、消火時の液状消火剤と粉末消火剤の消火特性を明らかにし、これまで報告した木材火災とマグネシウム火災に加え、油火災の消火にも有効である事を実証した。

  • クライオゲル複合材料によるヒ素の吸着除去 招待あり

    塩盛弘一郎

    日本海水学会誌   74 ( 1 )   15 - 19   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本海水学会  

    J-GLOBAL

    その他リンク: https://fshare.ccad.miyazaki-u.ac.jp/public/t_UUQAdIFk-AL_MB1LRw89cicEtIR76X6ACDgbpg3BoS

  • 感温性自己発泡型無機素材を利用した新規消火剤の研究開発

    塩盛弘一郎, 松木嚴生, 真 隆志, 菅原鉄治

    消防防災科学技術研究推進制度 平成29年度終了研究課題 成果報告書   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:総務省消防庁  

    本研究では、これまで消火剤の主成分として用いられることの無かった感温性を有するケイ酸化合物を主成分とする消火剤の研究開発を行った。自由噴霧法にて消火能力の有無を調査し、消火に適する組成探索、および各実験系において消火能力を評価した。更に国家検定規格の A1 クリブを用いて消火能力を定量化した。延焼抑止効果を単位面積あたり同一の噴霧量にて評価した。金属マグネシウム消火では、マグネシウム火源に投入する消火剤の様態の影響を明らかにした。マグネシウム消火時の降温のきっかけを特定し、短時間で室温まで冷却する消火剤の粘度特性を評価した。マグネシウム消火残物の調査および被膜の密着性を明らかにした。さらに、マグネシウム消火時の延焼抑止効果も検証した。本消火剤を環境中へ噴霧した場合の影響を検証した。本消火剤の製造プロセスは、製造工程時のトラブル耐性と、充填工程の親環境性を満足させるように構築した。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 異なる成分の太陽光パネル廃ガラスを用いたモルタルの性能評価に関する研究, 1316

    川畑勇輝,李春鶴,塩盛弘一郎,原田秀樹

    第75回セメント技術大会  (オンライン大会)  一般社団法人セメント協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月26日 - 2021年5月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン大会  

    川畑勇輝,李春鶴,塩盛弘一郎,原田秀樹:異なる成分の太陽光パネル廃ガラスを用いたモルタルの性能評価に関する研究,第75回セメント技術大会(東京)講演要旨,pp.96-97,2021.5.26 要旨のダウンロードが必要なかたはパスワードを問合せ下さい。

  • ポリジビニルベンゼン多孔質微粒子の残存ビニル基の表面特性への影響, PE340

    夏井雄吾, 松根英樹, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎

    化学工学会第86年会  (オンライン大会)  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン大会  

  • PC‐88A内包PVA/アルギン酸架橋ゲルマイクロカプセルのLaとYbの抽出特性, PC249

    吉川公貴, 松根英樹, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎

    化学工学会第86年会  (オンライン大会)  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン大会  

  • 疎水性クライオゲルの調製および抽出剤内包による銅抽出, PE334

    合谷直敏, 松根英樹, 清山史朗, 塩盛弘一郎

    化学工学会第86年会  (オンライン大会)  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン大会  

  • 太陽光パネル廃ガラスを利用したモルタルの性能評価, V-30

    川畑勇輝,中島直輝, 李 春鶴, 塩盛弘一郎, 原田秀樹

    令和2年度土木学会西部支部研究発表会  (オンライン大会)  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン大会  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Presenter

    2020年9月   The 2nd International Seminar on Science and Technology (ISST-2) 2020   Chromium adsorption on sodium sulfide treated sheep wool

    Solongo Ekhzaya

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成30年度消防防災科学技術賞 優秀賞 消防防災科学に関する論文

    2018年11月   消防庁   「木材およびマグネシウム」火災に有効なケイ酸化合物系消火剤

    真 隆志、菅原 鉄治、松木 嚴生、塩盛 弘一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 環境資源工学会 平成30年度論文賞

    2018年10月   環境資源工学会   2-エチルヘキシルホスホン酸-モノ-2-エチルヘキシルを内包した ポリビニルアルコール/アルギン酸架橋ゲルマイクロカプセルによるCo(Ⅱ)抽出平衡

    小松俊一, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 化学工学会第50回秋季大会 分離プロセス部会実用分離技術ポスター賞

    2018年9月   化学工学会   再発酵・蒸留・固液分離を統合した焼酎蒸留廃液処理プラントによるバイオ燃料製造

    大泉百合香, 池田勇人, 塩盛弘一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 化学工学会第50回秋季大会 分離プロセス部会優秀ポスター賞

    2018年9月   化学工学会   ヒドロキシオキシム抽出剤含浸多孔質ポリマー微粒子によるCu(II)の抽出速度解析

    大串 渉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高分子超多孔体に固定化した機能性自己組織分子相の特性解析と分離への応用

    研究課題/領域番号:20K05198  2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    塩盛弘一郎、松根英樹

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    溶媒氷晶およびエマルション粒子を鋳型として,大きく連結した細孔を有するクライオゲルおよび多孔質微粒子を調製し、その壁にリン脂質や抽出剤の機能性自己組織分子を担持させ,水に溶解している有機分子,生体分子,タンパク質および金属イオンを高速かつ高選択的に吸着する超多孔質吸着材を開発する。機能性自己組織分子の高分子超多孔体の壁での担持状態と分子相特性を解明し,機能発現に適した材料設計とゲル構造および細孔構造の制御方法を確立する。超多孔性吸着材を用いて,アミノ酸のキラル分離,細胞外ベシクルのサイズ選択分離,環境汚染物質の除去および有用金属の選択的回収等の重要かつ新規な分離プロセスへ応用する。

  • ナノ・マイクロ粒子固定化モノリス状高速吸着フィルターの開発

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    塩盛弘一郎、清山史朗,馬越大

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では,氷晶およびエマルション粒子を鋳型として大きく連結した細孔を有する多孔質ゲルを調製し、その壁内に層状復水酸化物および酸化水酸化鉄のナノ・マイクロ粒子を高分散かつ高担持量で内包させた多孔質フィルターを調製し、水中の砒素およびクロムなどの環境汚染物質を高速かつ高効率に除去できる環境浄化フィルターの開発を行う。ナノ・マイクロ粒子をゲル内に内包させることにより分散性と表面特性を保持し、これらの粒子の機能を最大限に発現することが出来る。多孔質ゲルの大きな細孔は汚染水を高速で流通させることが可能であり、ゲル壁の高い表面積と薄い壁内に高分散で固定化されたナノ・マイクロ粒子により高速で汚染物質を吸着することが出来る。

  • ヒ素メチル基転移酵素を使ったメチル化反応による向きヒ素の無毒化に関する研究

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • Membrane-on-Membrane ~階層型自己組織化材料の創成~

    2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    目標は,リポソームを始めとする自己組織系を一つのユニット(単位)とした人工膜/シート(Membrane-on-Membraneシート(MoMシート))を調製し,その基礎物性を定量的に評価し,ケーススタディを通じて工業利用ならびに医療応用への展開の可能性を示す.

  • 凍結ゲル内へのナノ粒子のin situ固定化による汚染物質除去フィルターの開発

    2014年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    塩盛弘一郎、清山史朗

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では,非常に大きく連結した細孔を有する凍結ゲルの薄い壁内で酸化水酸化鉄、金およびプルシアンブルーのナノ粒子をin situ で調製し、これらのナノ粒子が高分散かつ高担持量で内包された多孔質フィルターを調製し、水中の砒素、硝酸態窒素および放射性セシウムなどの水中に微量で溶解している環境汚染物質を高速かつ高効率に除去できる環境浄化プロセスの開発を行う。ナノ粒子をゲル内で調製することにより粒子の粒径と分散性の制御が可能であり、ナノ粒子の機能を最大限に発現することが出来る。凍結ゲルの大きな細孔は汚染水を高速で流通させることが可能であり、ゲル壁の高い表面積とそこに高分散で固定化されたナノ粒子により高速で吸着を行うことが出来る。これらの成果により飛躍的に除去効率を高めた環境浄化フィルターを開発できる。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ケイ酸化合物系消火剤を用いた油火災消火に関する研究

    2019年05月 - 2020年03月

    総務省  消防庁消防防災科学技術研究推進制度 

    塩盛弘一郎、真隆志,菅原鉄治,松木嚴生

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    加熱すると固体状の泡が発生するケイ酸化合物を利用して、油火災において油面に被膜を形成し、高い消火性能を発揮する消火薬剤を開発する。

  • キャリアアップを実現する工学技術者資格取得講座

    2019年05月 - 2020年03月

    宮崎大学工学部  令和元年度工学部長裁量経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • キャリアアップを実現する工学技術者資格取得講座

    2018年08月 - 2019年03月

    宮崎大学工学部  平成30年度工学部長裁量経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • モンゴル・宮崎環境汚染シンポジウム開催を通じた学生・教員の双方向国際交流によるグローバル人材育成

    2018年07月 - 2019年03月

    宮崎大学  宮崎大学研究戦略経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    企画1.英語によるプレゼンおよびコミュニケーションに関する研修
     工学部の学生は,英語に対する苦手意識が非常に強く,英語での交流となると尻込みし,避ける傾向が強い.まず,中学校で学習する程度の英語知識で交流するための研修を行い,英語で発言することによりコミュニケーションが始まることを体験し,特に工学系のプレゼンテーションの基本的なことを学び,実際に簡単な研究のプレゼンテーションを英語で行う.また,国際貢献の現状や国際交流における留意点などについて講義を受け,国際交流の基本的な知識を学ぶ.

    企画2.学生カンファレンスの開催と研究発表による相互交流(2回)
    モンゴル国立大学および宮崎大学の両校において学生カンファレンスを開催し、学生が英語により研究発表を行い、質疑応答、交流をおこない相互に理解を深める。研究発表テーマは、特に限定せず学生が広く参加できるようにする。それぞれの大学から5名程度の大学院生または学部生,教員3名程度が相互に訪問し交流する。

    企画3.共同研究・研修セミナー・環境フィールド活動への参加による相互交流
     NUMとの鉱山廃水の環境影響に関する共同研究での現地調査、NUMと本学のそれぞれにおいての環境関連研究や環境保全技術を紹介する研修セミナー、廃鉱山の坑道水処理場、土呂久鉱山跡、環境リサイクルセンターなどの施設・国定公園などの見学・研修などの環境フィールド活動に参加し、これらの活動での意見交換・交流を通じて、相互理解を深める。

  • モンゴル産の鉱物および畜産バイオマスの化学処理による重金属類吸着除去材の開発に関する国際共同研究

    2018年06月 - 2019年03月

    宮崎大学工学部  平成30年度工学部長裁量経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

     モンゴル産の天然ゼオライトや層状粘土類などの鉱物および羊毛などの畜産バイオマスを化学処理することにより機能化し、ヒ素および鉛や銅などの重金属類により汚染された排水から、これらの金属類を効率よく除去するための吸着材料の調製と排水処理プロセスの開発に関する研究を、モンゴル国立大学(NUM)と共同して行う。開発した吸着剤は、これまでNUMと共同で行っている小規模鉱山の廃水処理プロセスにも応用する。

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Arsenic Letter No.18編集者

    2013年08月

     詳細を見る

    日本ヒ素研究会より毎年発行しているArsenic LetterのNo.18の企画・編集・発行を担当した。