塩盛 弘一郎 (シオモリ コウイチロウ)

SHIOMORI Koichiro

写真a

所属

工学教育研究部 工学科応用物質化学プログラム担当

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 1999年3月   大阪大学 )

  • 工学修士 ( 1990年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Preparation and Characterization of Polystyrene Microcapsule Containing Phase Change Material by Volatile Exchange Impregnation 査読あり 国際共著 国際誌

    S. Batchuluun, K. Yasui, H. Matsune, K. Shiomori, S. Kiyoyama, O. Bayanjargal

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   55 ( 5 )   217 - 224   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:化学工学会  

    Polystyrene microcapsules were prepared by using the solvent evaporation method from S/O/W emulsion which contains fine particles of CaCl2 in the organic phase. The microcapsules were fractionated by their size and permeability of the wall using settling difference in methanol. Further, phase change materials that have two different wet-ability characters were successfully impregnated. The hydrophobic compound was easily impregnated to microcapsules which have hydrophobic wall material. Meanwhile, the hydrophilic compound, which is salt hydrate, was not impregnated to the same microcapsules via direct impregnation but the salt hydrate was successfully impregnated by the volatile exchange impregnation method. Simple thermal properties of the prepared phase change material microcapsules were examined by TGA and DSC methods.

    DOI: 10.1252/jcej.21we120

  • Preferential Adsorption of L-Tryptophan by L-Phospholipid Coated Porous Polymer Particles 査読あり

    Hayato Takase, Keishi Suga, Hideki Matsune, Hiroshi Umakoshi and Koichiro Shiomori

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces   In Press   112535   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V. All  

    Chiral selective adsorption of L-amino acid, tryptophan (Trp) was achieved using phospholipid membrane-coated porous polymer particles (PPPs). PPPs with numerous pores were prepared by in situ polymerization of divinylbenzene, and then coated with 1,2-dipalmitoyl-sn-glycero-3-phosphocholine (DPPC, L-phospholipid) via the impregnation method. Elemental mapping of energy dispersive X-ray (EDX) analysis revealed that DPPC molecules were distributed to the surface and the inner part of PPPs, where almost all the DPPC applied for impregnation was deposited on PPPs. The phospholipid membrane properties of DPPC-PPPs were characterized using the fluorescence probe 6-lauroyl-2-dimethylamino naphthalene (Laurdan). The results show that DPPC-PPPs possessed a lipid membrane-like environment similar to that of pure DPPC liposomes, especially at temperatures below 35 °C. DPPC-PPPs slightly adsorbed L-Trp and D-Trp at 45 °C, while DPPC-PPPs significantly adsorbed L-Trp but not D-Trp at 30 °C: enantio excess (e.e.) was 75.0%. The time course of Trp adsorption was investigated: for both enantiomers, similar adsorption behaviors were observed for 30 h, thus suggesting surface adsorption onto DPPC-PPPs. L-Trp adsorption continued after 30 h, suggesting that L-Trp could be distributed in the inner part of DPPC-PPPs. Interestingly, the reused DPPC-PPPs featured improved adsorption performance, suggesting that the deposited DPPC membranes on PPPs could act as chiral selectors for L-Trp. The optical resolution of L-/D-Trp was performed using DPPC-PPPs, resulting in the e.e. of D-Trp was >60%. Thus, DPPC-PPPs have the potential of chiral selective adsorption of L-amino acid, which can be used as chiral separation materials.

    DOI: 10.1016/j.colsurfb.2022.112535

    Scopus

  • Study on Arsenic Methylation Properties of Cellulomonas sp. K31 査読あり 国際誌

    Munetoshi MIYATAKE, Jun HIROSE, Koichiro SHIOMORI, Haruhiko YOKOI

    Resources Processing   68 ( 3 )   117 - 123   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:環境資源工学会  

    To develop an effective technology for conversion of inorganic arsenic to methylated organic arsenic compounds by using microorganisms, we have searched for microorganisms to have the arsenic methylation ability that are adequately applicable for the detoxification process. As a result, we have isolated arsenic-methylating bacteria Cellulomonas sp. K31.
    The growth of strain K31 was also observed in 400 mg As/L arsenic medium. The percent of organic methylated arsenic excreted into the medium by strain K31 showed 91.6% of total arsenic compounds when strain K31 was cultured in the medium containing 5.0 mg As/L arsenic for 4 days. Under this condition Productions of trimethylarsenic oxide and arsenobetaine were 36.1% and 2.5%, respectively. The methylation of inorganic arsenic was evaluated using intracellular extract from strain K31. The result was that total yield of methylated organic arsenic compounds was 57.0% (after 2 h of incubation at pH 6.5 and 40°C), of which trimethyl arsenic compounds accounted for 17.9%. The percentages of methylated organic arsenic compound were the highest value compared to the previous arsenic-methylating bacteria.

    DOI: 10.4144/rpsj.68.117

  • Designer Exosomes: Smart Nano-Communication Tools for Translational Medicine 査読あり 国際共著

    Madhyastha Harishkumar, Madhyastha Radha, Nakajima Yuichi, Gothandam Kodiveri Muthukalianan, Ohe Kaoru, Koichiro Shiomori, Kentaro Sakai, Watanabe Nozomi

    Bioengineering   8 ( 11 )   158   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    Exosomes are the master transporters of genes, RNAs, microRNAs, proteins, and lipids. They have applications in major diseases, including cancer, cardiovascular diseases, neurological disorders, and diabetes mellitus. Delivery of the exosomes to recipient cells is governed by the functional heterogenicity of the tissues. Engineered exosomes are promising tools in tissue regeneration. In addition to their role as intracellular communication cargos, exosomes are increasingly primed as standard biomarkers in the progression of diseases, thereby solving the diagnostic dilemma. Futuristic empowerment of exosomes with OMICS strategy can undoubtedly be a bio-tool in translational medicine. This review discusses the advent transformation of exosomes in regenerative medicine and limitations that are caveats to broader applications in clinical use.

    DOI: 10.3390/bioengineering8110158

    Scopus

  • Removal and mechanism of heavy metals and precious metals from aqueous solution by adsorption with livestock biomass with chemical treatment 査読あり 国際共著 国際誌

    Solongo Enkhzaya, Hideki Matsune, Koichiro Shiomori and Bolormaa Oyuntsetseg

    AIP Conference Proceedings   2360   050003-1 - 050003-11   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AIP Publishing  

    This study examined the adsorption of heavy metals and precious metals from aqueous solution by livestock biomass as biosorbents and their treatment effect with reducing chemicals. The adsorption of copper, lead and cadmium was carried out using sheep wool, sheep manure and sheep fat. The copper adsorption was highest among three biosorbents. Sheep wool was treated with an aqueous solution of Na2S, NaOH, NaHSO3, and NaBH$U4R to enhance the adsorption ability. The Na#U2S treatment of sheep wool dramatically enhanced the adsorption amount of Au(III) and Cr(III) and was several effective for Cu(II) and Cr(IV). All adsorption results were confirmed with the Langmuir isotherm model in the equilibrium and Pseudo-second order model in the kinetics. From the adsorption properties and ESCA analysis of sheep wool adsorbed each metal, it was confirmed that Au(III) interacted with thiol and amino groups, Cu(II) and Cr(III) with a carboxyl group, and Cr(VI) with the amino group of sheep wool.

    DOI: 10.1063/5.0059664

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • マグネシウム火災を消火する~感温性自己発泡型ケイ酸化合物の消火剤への応用~

    正入木未来,, 真隆志, 松根英樹, 塩盛弘一郎

    化学工業   73 ( 5 )   324 - 331   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:化学工業社  

  • バイオマス燃料製造による焼酎粕処理プロセスの開発と焼酎バイオエナジー宮崎日南工場の開設―あなぶきグループと宮崎大学との連携― 招待あり

    塩盛弘一郎

    産学官連携ジャーナル   17 ( 9 )   29 - 32   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:国立研究開発法人 科学技術振興機構 産学連携展開部 産学連携プロモーショングループ  

    南九州では古くから焼酎、特に芋焼酎が愛飲され、重要な産業となっている。焼酎製造の過程で蒸留残渣である焼酎粕が焼酎生産量の2倍程度発生する。焼酎粕をエタノール燃料と固形ペレット燃料のバイオマス燃料に変換・利用して処理するプロセスを、焼酎業界と全く異業種といえるあなぶきグループと2014年から共同研究を続け開発した。

    当初、焼酎粕を再発酵して生成したエタノールを蒸留してエタノール燃料を製造するプロセスのみの共同研究であったが、その後、エタノール蒸留後の固形分も分離してペレット燃料に成形し利用する総合的な焼酎粕処理プロセスとして研究を進め、2017年11月に宮崎大学産学・地域連携研究センターの敷地内に1日100Lのエタノール発酵を行うパイロットプラントを設置した。パイロットプラントでの実験結果に基づき、1日15tの処理が可能な実証工場「焼酎バイオエナジー宮崎日南工場」を2021年4月に宮崎県日南市に株式会社あなぶきハウジングサービスが開設し、実証運転を開始した。開発した焼酎粕処理プラントの焼酎工場への導入・設置を目指す。

    エタノール燃料は、処理プラントの運転のための燃料に利用し、固形ペレット燃料も処理プラントおよびバイオマス発電などの燃料に利用する。これまで廃棄物として「処理」していた焼酎粕を焼酎バイオマスとして捉え、焼酎バイオマス燃料に転換し化石燃料に替わる燃料として「利用」することで、カーボンフリーな社会の構築に貢献できると期待される。

    DOI: 10.1241/sangakukanjournal.17.9_29

  • 高分子を壁物質に用いたマイクロカプセル・機能性微粒子の特徴と事例 招待あり

    塩盛弘一郎, 宮武宗利, 松根英樹, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘

    プラスチックス   71 ( 9 )   9 - 19   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本プラスチック工業連盟  

    その他リンク: https://fshare.ccad.miyazaki-u.ac.jp/public/E_5YQA0ImA-AiyIB-LF0CvVRY1z4syWJpcU5U29yGEf1

  • ケイ酸化合物系消火剤を用いた油火災消火に関する研究

    塩盛弘一郎, 松木嚴生, 真 隆志, 菅原鉄治

    消防防災科学技術研究推進制度 令和元年度終了研究課題 成果報告書   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:総務省消防庁  

    本研究では、感温発泡性を有するケイ酸化合物を主成分とする液状消火剤および粉末消火剤を調製し、天ぷら油などの油火災の消火に適用し、消火特性を明らかにした。天ぷら油火災の実験モデルを構築し、消火剤の消火時での発泡挙動、発泡後の固体泡の油中での浮遊状態と経時特性、粉末消火剤の流動特性を明らかにした。種々の組成の消火剤を用いて天ぷら油火災の消火実験を行い、消火時の液状消火剤と粉末消火剤の消火特性を明らかにし、これまで報告した木材火災とマグネシウム火災に加え、油火災の消火にも有効である事を実証した。

  • クライオゲル複合材料によるヒ素の吸着除去 招待あり

    塩盛弘一郎

    日本海水学会誌   74 ( 1 )   15 - 19   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本海水学会  

    J-GLOBAL

    その他リンク: https://fshare.ccad.miyazaki-u.ac.jp/public/t_UUQAdIFk-AL_MB1LRw89cicEtIR76X6ACDgbpg3BoS

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 逆ライデンフロスト効果を活用したsponge-likeクライオゲル粒子の開発, PE342

    高瀬 隼, 塩盛弘一郎, 岡本行広, 渡邊望美, 松根英樹, 馬越 大

    化学工学会第87年会  (神戸大学 鶴甲第1キャンパス+オンライン大会)  2022年3月18日  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月16日 - 2022年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸大学 鶴甲第1キャンパス+オンライン大会   国名:日本国  

  • マイクロカプセル混合塗料を用いたコンクリート構造物の断熱, V-13

    小林紗恵, 安井賢太郎, 塩盛弘一郎

    2021年度(令和3年度)土木学会西部支部研究発表会  (鹿児島県霧島市 鹿児島工業高等専門学校)  2022年3月5日  特定非営利活動法人エコテクノロジー研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県霧島市 鹿児島工業高等専門学校   国名:日本国  

  • マイクロカプセルを添加した固化処理土の力学的特性, III-29

    福重大樹, 安井賢太郎, 原弘行, 塩盛弘一郎

    2021年度(令和3年度)土木学会西部支部研究発表会  (鹿児島県霧島市 鹿児島工業高等専門学校)  2022年3月5日  特定非営利活動法人エコテクノロジー研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県霧島市 鹿児島工業高等専門学校   国名:日本国  

  • マイクロカプセル混合塗料を用いたコンクリート構造物の断熱, O-02

    小林紗恵, 安井賢太郎, 塩盛弘一郎

    第2 回エコテクノロジーフォーラム  (鹿児島県霧島市 鹿児島工業高等専門学校)  2021年12月4日  特定非営利活動法人エコテクノロジー研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月4日 - 2021年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県霧島市 鹿児島工業高等専門学校   国名:日本国  

  • マイクロカプセルを添加した改良体の力学的特性, O-03

    福重大樹, 安井賢太郎, 原弘行, 塩盛弘一郎

    第2 回エコテクノロジーフォーラム  (鹿児島県霧島市 鹿児島工業高等専門学校)  2021年12月4日  特定非営利活動法人エコテクノロジー研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月4日 - 2021年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県霧島市 鹿児島工業高等専門学校   国名:日本国  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Presenter

    2020年9月   The 2nd International Seminar on Science and Technology (ISST-2) 2020   Chromium adsorption on sodium sulfide treated sheep wool

    Solongo Ekhzaya

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成30年度消防防災科学技術賞 優秀賞 消防防災科学に関する論文

    2018年11月   消防庁   「木材およびマグネシウム」火災に有効なケイ酸化合物系消火剤

    真 隆志、菅原 鉄治、松木 嚴生、塩盛 弘一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 環境資源工学会 平成30年度論文賞

    2018年10月   環境資源工学会   2-エチルヘキシルホスホン酸-モノ-2-エチルヘキシルを内包した ポリビニルアルコール/アルギン酸架橋ゲルマイクロカプセルによるCo(Ⅱ)抽出平衡

    小松俊一, 清山史朗, 武井孝行, 吉田昌弘, 塩盛弘一郎

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 化学工学会第50回秋季大会 分離プロセス部会実用分離技術ポスター賞

    2018年9月   化学工学会   再発酵・蒸留・固液分離を統合した焼酎蒸留廃液処理プラントによるバイオ燃料製造

    大泉百合香, 池田勇人, 塩盛弘一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 化学工学会第50回秋季大会 分離プロセス部会優秀ポスター賞

    2018年9月   化学工学会   ヒドロキシオキシム抽出剤含浸多孔質ポリマー微粒子によるCu(II)の抽出速度解析

    大串 渉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Bio-Inspired化学工学の新展開を志向する「膜場」活用戦略の創成

    研究課題/領域番号:21H04628  2021年04月 - 2026年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    馬越 大 大阪大学, 基礎工学研究科, 教授;菅 恵嗣 東北大学, 工学研究科, 准教授;渡邉 望美 大阪大学, 基礎工学研究科, 助教;塩盛 弘一郎 宮崎大学, 工学部, 教授

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金


    これまでに,適切にデザインした自己組織系膜場で,特異的な機能(例 分子認識/変換機能)を誘導・制御できる事を明らかにしており,自己組織化膜構造体を固定化した分離担体(Membrane-on-Membrane)を設計開発してきた.両者を【融合】した革新的な分離技術を確立し,ケーススタディとしてプロセス開発への応用の可能性を検討する.
    特に,両親媒性触媒/分子(4級アンモニウム系触媒, 脂肪酸系界面活性剤など)を,(1)液液界面(油相-水相系),ならびに,(2)固液界面(cryoゲル), (3) Cubosomalゲルに機能化し,高度な分子変換能・分子認識能を誘起・制御する手法を明らかにする.

  • 微生物のヒ素メチル基転移酵素を内包した高メチル化活性カプセルの開発

    研究課題/領域番号:21K12296  2021年04月 - 2024年03月

    科学研究費補助金   基盤研究(C)

    宮武宗利

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    毒性の高い無機ヒ素はメチル化しメチル化有機ヒ素に変換することで、無毒化できる。しかし、無機ヒ素のメチル化効率の低さとコストの高さから、実用化には至っていない。申請者は、微生物の機能を利用して無機ヒ素をメチル化することで、それらの問題が解決できると考えた。これまでに無機ヒ素をメチル化できるヒ素メチル化細菌のヒ素メチル基転移酵素(arsM)を直接で使うことで、メチル化有機ヒ素への変換効率の向上を図ってきた。
    そこで本研究は、直接酵素を使う方法で問題であった酵素の耐久性を向上させるために、微生物のarsMを内包した高メチル化活性カプセルの開発を目的として実施するものである。

  • 高分子超多孔体に固定化した機能性自己組織分子相の特性解析と分離への応用

    研究課題/領域番号:20K05198  2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    塩盛弘一郎、松根英樹

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    溶媒氷晶およびエマルション粒子を鋳型として,大きく連結した細孔を有するクライオゲルおよび多孔質微粒子を調製し、その壁にリン脂質や抽出剤の機能性自己組織分子を担持させ,水に溶解している有機分子,生体分子,タンパク質および金属イオンを高速かつ高選択的に吸着する超多孔質吸着材を開発する。機能性自己組織分子の高分子超多孔体の壁での担持状態と分子相特性を解明し,機能発現に適した材料設計とゲル構造および細孔構造の制御方法を確立する。超多孔性吸着材を用いて,アミノ酸のキラル分離,細胞外ベシクルのサイズ選択分離,環境汚染物質の除去および有用金属の選択的回収等の重要かつ新規な分離プロセスへ応用する。

  • ナノ・マイクロ粒子固定化モノリス状高速吸着フィルターの開発

    研究課題/領域番号:17K06896  2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    塩盛弘一郎

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では,氷晶およびエマルション粒子を鋳型として大きく連結した細孔を有する多孔質ゲルを調製し、その壁内に層状復水酸化物および酸化水酸化鉄のナノ・マイクロ粒子を高分散かつ高担持量で内包させた多孔質フィルターを調製し、水中の砒素およびクロムなどの環境汚染物質を高速かつ高効率に除去できる環境浄化フィルターの開発を行う。ナノ・マイクロ粒子をゲル内に内包させることにより分散性と表面特性を保持し、これらの粒子の機能を最大限に発現することが出来る。多孔質ゲルの大きな細孔は汚染水を高速で流通させることが可能であり、ゲル壁の高い表面積と薄い壁内に高分散で固定化されたナノ・マイクロ粒子により高速で汚染物質を吸着することが出来る。

  • ヒ素メチル基転移酵素を使ったメチル化反応による向きヒ素の無毒化に関する研究

    研究課題/領域番号:16K00589  2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ケイ酸化合物系消火剤を用いた油火災消火に関する研究

    2019年05月 - 2020年03月

    総務省  消防庁消防防災科学技術研究推進制度 

    塩盛弘一郎、真隆志,菅原鉄治,松木嚴生

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    加熱すると固体状の泡が発生するケイ酸化合物を利用して、油火災において油面に被膜を形成し、高い消火性能を発揮する消火薬剤を開発する。

  • キャリアアップを実現する工学技術者資格取得講座

    2019年05月 - 2020年03月

    宮崎大学工学部  令和元年度工学部長裁量経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • キャリアアップを実現する工学技術者資格取得講座

    2018年08月 - 2019年03月

    宮崎大学工学部  平成30年度工学部長裁量経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • モンゴル・宮崎環境汚染シンポジウム開催を通じた学生・教員の双方向国際交流によるグローバル人材育成

    2018年07月 - 2019年03月

    宮崎大学  宮崎大学研究戦略経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    企画1.英語によるプレゼンおよびコミュニケーションに関する研修
     工学部の学生は,英語に対する苦手意識が非常に強く,英語での交流となると尻込みし,避ける傾向が強い.まず,中学校で学習する程度の英語知識で交流するための研修を行い,英語で発言することによりコミュニケーションが始まることを体験し,特に工学系のプレゼンテーションの基本的なことを学び,実際に簡単な研究のプレゼンテーションを英語で行う.また,国際貢献の現状や国際交流における留意点などについて講義を受け,国際交流の基本的な知識を学ぶ.

    企画2.学生カンファレンスの開催と研究発表による相互交流(2回)
    モンゴル国立大学および宮崎大学の両校において学生カンファレンスを開催し、学生が英語により研究発表を行い、質疑応答、交流をおこない相互に理解を深める。研究発表テーマは、特に限定せず学生が広く参加できるようにする。それぞれの大学から5名程度の大学院生または学部生,教員3名程度が相互に訪問し交流する。

    企画3.共同研究・研修セミナー・環境フィールド活動への参加による相互交流
     NUMとの鉱山廃水の環境影響に関する共同研究での現地調査、NUMと本学のそれぞれにおいての環境関連研究や環境保全技術を紹介する研修セミナー、廃鉱山の坑道水処理場、土呂久鉱山跡、環境リサイクルセンターなどの施設・国定公園などの見学・研修などの環境フィールド活動に参加し、これらの活動での意見交換・交流を通じて、相互理解を深める。

  • モンゴル産の鉱物および畜産バイオマスの化学処理による重金属類吸着除去材の開発に関する国際共同研究

    2018年06月 - 2019年03月

    宮崎大学工学部  平成30年度工学部長裁量経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

     モンゴル産の天然ゼオライトや層状粘土類などの鉱物および羊毛などの畜産バイオマスを化学処理することにより機能化し、ヒ素および鉛や銅などの重金属類により汚染された排水から、これらの金属類を効率よく除去するための吸着材料の調製と排水処理プロセスの開発に関する研究を、モンゴル国立大学(NUM)と共同して行う。開発した吸着剤は、これまでNUMと共同で行っている小規模鉱山の廃水処理プロセスにも応用する。

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Arsenic Letter No.18編集者

    2013年08月

     詳細を見る

    日本ヒ素研究会より毎年発行しているArsenic LetterのNo.18の企画・編集・発行を担当した。