TAMURA Hiroki

写真a

Affiliation

Engineering educational research section Electrical and Electronic Engineering Program

Title

Professor

External Link

Degree 【 display / non-display

  • Doctor (Engineering) ( 2006.1   Kyushu University )

Research Areas 【 display / non-display

  • Informatics / Kansei informatics

  • Informatics / Intelligent informatics

 

Papers 【 display / non-display

  • Two Functional Wheel Mechanism Capable of Step Ascending for Personal Mobility Aids Reviewed

    Geunho Lee, Naohisa Togami, Yusuke Hayakawa, Hiroki Tamura

    Electronics   12 ( 6 )   1 - 18   2023.3

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.3390/electronics12061399

  • A Review on the Motion of Magnetically Actuated Bio-Inspired Microrobots Reviewed International coauthorship

    Shanuka Dodampegama, , Amith Mudugamuwa , Menaka Konara, Nisal Perera, Dinindu De Silva,Uditha Roshan , Ranjith Amarasinghe, Nirosh Jayaweera and Hiroki Tamura

    Applied Sciences   12 ( 22 )   1 - 19   2022.11

     More details

    Authorship:Last author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • HMM-Based Action Recognition System for Elderly Healthcare by Colorizing Depth Map Reviewed

    Ye Htet , Thi Thi Zin, , Pyke Tin , Hiroki Tamura , Kazuhiro Kondo and Etsuo Chosa

    International Journal of Environmental Research and Public Health   19 ( 19 )   1 - 21   2022.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.3390/ijerph191912055

  • A Study on Analysis Method for a Real-Time Neurofeedback System Using Non-Invasive Magnetoencephalography Reviewed

    Kazuhiro Yagi, Yuta Shibahara, Lindsey Tate and Hiroki Tamura

    Electronics   11 ( 15 )   1 - 12   2022.8

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • A Study on Sound Analysis Algorithm for Heart Sounds using YOLO Deep Learning Model Reviewed

    Hiroki Tamura, Praveen Nuwantha Gunaratne, Hiromu Takeguchi, Hiroyuki,Fukumoto and Yoshifumi Hashiguchi

    Journal of Information Technology and Computer Science   7 ( 2 )   154 - 159   2022.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 自動運転のための高精度センシング技術

    田村宏樹,櫻井啓子, 島内 匠( Role: Contributor)

    エヌ・ティー・エス  2020.11 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 生体情報センシングと人の状態推定への応用

    田村宏樹( Role: Sole author)

    NTS  2020.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • Intelligent Soft Computation and Evolving Data Mining: Integrating Advanced Technology

    Shangce Gao, Zheng Tang, and Hiroki Tamura( Role: Joint author ,  Book Chapter ``Clonal selection algorithm and its application")

    IGI Global  2010.3 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

MISC 【 display / non-display

  • 宮崎大学「データサイエンス・AI教育プログラム」の取組み とそれを生かしたデジタル人材育成への展開 Invited

    田村 宏樹, 秋山 博臣, 児玉真理英

    大学教育と情報   2022年度 No.4   31 - 36   2023.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

  • 地域の可能性を見つける人材に。宮崎大学のデータサイエンス教育 Invited

    田村宏樹、秋山博臣

    月刊先端教育   ( 1月号 )   2023.1

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 労働者を対象としたロコモ予防のための体力・運動機能向上プログラム Invited

    鶴田 来美,吉永 砂織,田村 宏樹,帖佐 悦男

    Medical Science Digest 2019年 6月号   ( 6 )   2019.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • [解説] ヘルスケア機器とそれを支えるデバイス技術 Invited Reviewed

    淡野 公一, 田村 宏樹

    「システム/制御/情報」   61 ( 8 )   334 - 339   2017.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 介護・福祉への応用を目指した生体情報処理技術について

    田村宏樹

    看護人間工学研究誌   ( 16 )   1 - 5   2016.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)   Publisher:日本人間工学会 看護人間工学部会  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 表面筋電位を用いた咀嚼評価に関する研究

    柴原優太(宮崎大),菊谷 武,宮下大志(日本歯科大), 田村宏樹(宮崎大)

    電子情報通信学会 バイオメトリックス研究会 

     More details

    Event date: 2020.11.25

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 表面筋電位を用いた顔面神経麻痺評価に関する研究

    山口幸太郎, 湯池俊子, 我那覇 章, 東野哲也, 田村宏樹

    電子情報通信学会 バイオメトリックス研究会 

     More details

    Event date: 2020.11.25

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 学習機能をもつ物体追跡手法を用いた複数豚追跡に関する研究

    古藤好美,千布流星,田村宏樹,淡野公一

    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) 

     More details

    Event date: 2019.3.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 圧電素子を用いた心拍・呼吸・体動計測システムとその応用に関する研究

    吉田千香,田村宏樹,淡野公一,高橋伸弥

    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) 

     More details

    Event date: 2019.3.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 歩行計測機器による歩行状態とロコモティブシンドロームの関係について

    田村 宏樹,鶴田 来美,帖佐 悦男

    第45回日本臨床バイオメカニクス学会 

     More details

    Event date: 2018.11.16 - 2018.11.17

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 腰痛予防デジタルヘルスアプリ よーぶくん

    田村宏樹

    2022.8

     More details

    Work type:Software  

  • 歩行測定装置

    田村宏樹

    2018.4.24

Awards 【 display / non-display

  • 2022年度農業食料工学会「森技術賞」

    2022.9   農業食料工学会   高機動畦畔草刈機の開発

    栗原 英治(農研機構 農業機械研究部門) 山下 晃平(元農研機構) 西川 純(農研機構 農業機械研究部門) 林 和信(農研機構 農業機械研究部門) 戸田 勉((株)ササキコーポレーション) 田村 宏樹(宮崎大学 工学部) 小林 太一(宮崎大学 産学・地域連携センター) 日吉 健二(宮崎大学 農学部)

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc. 

  • Sri Lankan Medical Association Innovation Award: Health Innovation for tomorrow -2020

    2020.7   Sri Lankan Medical Association   Design and fabricate the multifunctional medical bed with a remote patient monitoring system.

    Manuka Suriyage, 他

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc.  Country:Sri Lanka

  • 高等教育コンソーシアム「平成28年度公募型卒業研究テーマ成果発表会」最優秀賞

    2017.3   高等教育コンソーシアム宮崎  

    日高 龍馬,程 玉,上田 将嗣,田村 宏樹

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • 多値論理フォーラム奨励賞

    2014.1   多値論理研究会  

    笹川善正, 田村宏樹, 外山貴子, 淡野公一

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • 宮崎銀行ふるさと振興助成事業【学術研究部門】

    2013.1   (財)みやぎん経済研究所  

    田村宏樹

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc.  Country:Japan

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 日常歩行動作に着目した子どものロコモ予防運動プログラムの開発

    Grant number:22K11204  2022.04 - 2026.03

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 作業負担を見える化するリアルタイム腰部疲労度計測システムとその検証に関する研究

    Grant number:21K11980  2021.04 - 2024.03

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 圧電素子を用いた学習機能を有するベッド上での心拍・呼吸・体動検出システムの開発

    Grant number:18K11531  2018.04 - 2021.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    本研究では、利用者のプライバシーと拘束性を考慮し、超薄型で高感度な圧電素子を用い、非接触でベッド上の人の呼吸・心拍信号の抽出が、どの程度の精度で抽出可能か検証する。
    本研究の特徴としては、複数の圧電素子から取得した信号の処理方法と、ファジィ理論を応用した呼吸・心拍のカウント方法の提案であり、そのカウント結果を、医療機器を真値として、比較検証する。また、複数枚の圧電素子を用いることにより、ベッド上に加わっている重心位置及び、寝返りの回数などがわかる。さらに、ベッド上での体動パターンを識別する方法を提案し、離床直前の動作を識別することで、ベッドからの転倒危険度を事前に予測可能か検証する。本研究成果を用いることで、睡眠時の呼吸数、心拍数、体動を継続的にモニタリングし、睡眠時の無呼吸状態判定などの健康管理及び見守りが行うことができると期待できる。

  • 難病患者生活の質向上のための眼電位を用いたマウスカーソル制御システムの開発

    2011.04 - 2013.03

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    本申請は、筋委縮性側策硬化症(ALS)患者や四肢麻痺患者を対象とし、眼電位を用いた自由度の高いパーソナルコンピュータのマウスカーソル制御装置の試作器の開発を行う。申請者の調査した範囲では、マウスを用いたマウスカーソル制御と同じレベルでの眼電位を用いたマウスカーソル制御システムは存在しない。開発したマウスカーソル制御装置でブラウザや市販されている文章作成ソフトをスムーズに制御することを本申請研究の最終目的としている。また、開発した装置を使用した際の操作性・ストレスを定量的に評価し、より利便性の高いインターフェイスの条件を明確にし、改善を行う。
     本申請では、マウスカーソル制御装置の試作器を製作し、その試作器を使用する条件を健常者で事前評価して、最終的には実際の障がい者2名から3名でのモニタリングテストを実施する。

Available Technology 【 display / non-display