田村 宏樹 (タムラ ヒロキ)

TAMURA Hiroki

写真a

所属

工学教育研究部 工学科電気電子工学プログラム担当

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 2006年1月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 感性情報学

  • 情報通信 / 知能情報学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Basic research for the realization of online MEG using SSD 査読あり

    Kazuhiro Yagi, Yuta Shibahara, Lindsey Tate,Keiko Sakurai,Hiroki Tamura

    The 2021 International Conference on Artificial Life and Robotics   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Deep time-delay Markov network for prediction and modeling the stress and emotions state transition 査読あり

    Prasetio B.H., Tamura H., Tanno K.

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    © 2020, The Author(s). To recognize stress and emotion, most of the existing methods only observe and analyze speech patterns from present-time features. However, an emotion (especially for stress) can change because it was triggered by an event while speaking. To address this issue, we propose a novel method for predicting stress and emotions by analyzing prior emotional states. We named this method the deep time-delay Markov network (DTMN). Structurally, the proposed DTMN contains a hidden Markov model (HMM) and a time-delay neural network (TDNN). We evaluated the effectiveness of the proposed DTMN by comparing it with several state transition methods in predicting an emotional state from time-series (sequences) speech data of the SUSAS dataset. The experimental results show that the proposed DTMN can accurately predict present emotional states by outperforming the baseline systems in terms of the prediction error rate (PER). We then modeled the emotional state transition using a finite Markov chain based on the prediction result. We also conducted an ablation experiment to observe the effect of different HMM values and TDNN parameters on the prediction result and the computational training time of the proposed DTMN.

    DOI: 10.1038/s41598-020-75155-w

    Scopus

  • Elderly monitoring and action recognition system using stereo depth camera 査読あり

    Zin T.T., Htet Y., Akagi Y., Tamura H., Kondo K., Araki S.

    2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2020   316 - 317   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2020  

    © 2020 IEEE. The proposed system used stereo type depth camera by examining the human action recognition and also sleep monitoring in the elderly care center. Different regions of interest (ROI) are extracted using the U-Disparity and V-Disparity maps. The main information used for recognition is 3D human centroid height relative to the floor and percentage of movement from frame differencing for sleep monitoring. The results from the experiments of the proposed method show that this system can detect the person location, sitting or lying and also sleep behaviors effectively.

    DOI: 10.1109/GCCE50665.2020.9291785

    Scopus

  • Design and Development of a Second Generation Endometrial Ablation System with a Multi-sensory Feedback System

    Gunaratne P.N., Harshana R.L.A., Brian M.R., Amarasinghe Y.W.R., Jayaweera N., Tamura H., Jayawardane M.

    ACM International Conference Proceeding Series   289 - 293   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ACM International Conference Proceeding Series  

    © 2020 ACM. Dysfunctional Uterine Bleeding (DUB) is a common clinical problem that generally affects 20-30% of women in a society. This paper suggests a novel system for thermal balloon endometrial ablation, which allows the Endometrium to be destroyed, easily and safely with minimal menstrual blood loss and it prevents from having any severe blood loss and further anemic conditions that can occur in the future. It incorporates an innovative design and a multi-sensory feedback system with the purpose of making precise positioning of the ablation device inside the uterus. Further, it ensures a higher cost effectiveness by introducing the modularity into the system by keeping the clinical requirements at priority. A Single Board Computer (SBC) along with a microcontroller based control system were employed in order to control and maintain the required conditions inside the uterus, at their optimum levels while performing the operation. Apart from the commercially accepted set values for ablation related conditions, here the consultant/ caregiver was allowed to make changes based on the actual condition of the patient. Finally, all these assemblies were merged to innovate a single, handheld, wireless device. A numerical analysis was conducted based on the generally accepted conditions, to evaluate the depth of the endometrial tissue destruction on a modeled uterus. Further, the proposed system was tested on hysterectomized uteruses, and the performance of the developed model was validated using the obtained results.

    DOI: 10.1145/3397391.3397396

    Scopus

  • Gaze-based vehicle driving evaluation of system with an actual vehicle at an intersection with a traffic light 査読あり

    Shimauchi T., Sakurai K., Tate L., Tamura H.

    Electronics (Switzerland)   9 ( 9 )   1 - 15   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Electronics (Switzerland)  

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Due to the population aging in Japan, more elderly people are retaining their driver’s licenses and the increase in the number of car accidents by elderly drivers is a social problem. To address this problem, an objective data-based method to evaluate whether elderly drivers can continue driving is needed. In this paper, we propose a car driving evaluation system based on gaze as calculated by eye and head angles. We used an eye tracking device (TalkEye Lite) made by the Takei Scientific Instruments Cooperation. For our image processing technique, we propose a gaze fixation condition using deep learning (YOLOv2-tiny). By using an eye tracking device and the proposed gaze fixation condition, we built a system where drivers could be evaluated during actual car operation. We describe our system in this paper. In order to evaluate our proposed method, we conducted experiments from November 2017 to November 2018 where elderly people were evaluated by our system while driving an actual car. The subjects were 22 general drivers (two were 80–89 years old, four were 70–79 years old, six were 60–69 years old, three were 50–59 years old, five were 40–49 years old and two were 30–39 years old). We compared the subjects’ gaze information with the subjective evaluation by a professional driving instructor. As a result, we confirm that the subjects’ gaze information is related to the subjective evaluation by the instructor.

    DOI: 10.3390/electronics9091408

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 自動運転のための高精度センシング技術

    田村宏樹,櫻井啓子, 島内 匠( 担当: 分担執筆)

    エヌ・ティー・エス  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 生体情報センシングと人の状態推定への応用

    田村宏樹( 担当: 単著)

    NTS  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Intelligent Soft Computation and Evolving Data Mining: Integrating Advanced Technology

    Shangce Gao, Zheng Tang, and Hiroki Tamura( 担当: 共著 ,  範囲: Book Chapter ``Clonal selection algorithm and its application")

    IGI Global  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 労働者を対象としたロコモ予防のための体力・運動機能向上プログラム 招待あり

    鶴田 来美,吉永 砂織,田村 宏樹,帖佐 悦男

    Medical Science Digest 2019年 6月号   ( 6 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • [解説] ヘルスケア機器とそれを支えるデバイス技術 招待あり 査読あり

    淡野 公一, 田村 宏樹

    「システム/制御/情報」   61 ( 8 )   334 - 339   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 介護・福祉への応用を目指した生体情報処理技術について

    田村宏樹

    看護人間工学研究誌   ( 16 )   1 - 5   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本人間工学会 看護人間工学部会  

  • ロコモ度の機器による評価は?

    帖佐悦男, デン鋼, 田村宏樹, 山子剛,塩満智子, 鶴田来美

    LOCO CURE vol.2 no.4(2016―運動器領域の医学情報誌 特集:ロコモをめぐる最新の話題   56 - 59   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Robot and Neuroscience Technology: Computational and Engineering Approaches in Medicine 査読あり

    Hiroki Tamura, Shangce Gao, Qixin Cao, Chuntao Leng, Hui Yu, Harold Szu

    Computational Intelligence and Neuroscience   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2016/5204510

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 表面筋電位を用いた咀嚼評価に関する研究

    柴原優太(宮崎大),菊谷 武,宮下大志(日本歯科大), 田村宏樹(宮崎大)

    電子情報通信学会 バイオメトリックス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表面筋電位を用いた顔面神経麻痺評価に関する研究

    山口幸太郎, 湯池俊子, 我那覇 章, 東野哲也, 田村宏樹

    電子情報通信学会 バイオメトリックス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 学習機能をもつ物体追跡手法を用いた複数豚追跡に関する研究

    古藤好美,千布流星,田村宏樹,淡野公一

    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 圧電素子を用いた心拍・呼吸・体動計測システムとその応用に関する研究

    吉田千香,田村宏樹,淡野公一,高橋伸弥

    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月1日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 歩行計測機器による歩行状態とロコモティブシンドロームの関係について

    田村 宏樹,鶴田 来美,帖佐 悦男

    第45回日本臨床バイオメカニクス学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月16日 - 2018年11月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

受賞 【 表示 / 非表示

  • Sri Lankan Medical Association Innovation Award: Health Innovation for tomorrow -2020

    2020年7月   Sri Lankan Medical Association   Design and fabricate the multifunctional medical bed with a remote patient monitoring system.

    Manuka Suriyage, 他

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:スリランカ民主社会主義共和国

  • 高等教育コンソーシアム「平成28年度公募型卒業研究テーマ成果発表会」最優秀賞

    2017年3月   高等教育コンソーシアム宮崎  

    日高 龍馬,程 玉,上田 将嗣,田村 宏樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 多値論理フォーラム奨励賞

    2014年1月   多値論理研究会  

    笹川善正, 田村宏樹, 外山貴子, 淡野公一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 宮崎銀行ふるさと振興助成事業【学術研究部門】

    2013年1月   (財)みやぎん経済研究所  

    田村宏樹

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 圧電素子を用いた学習機能を有するベッド上での心拍・呼吸・体動検出システムの開発

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では、利用者のプライバシーと拘束性を考慮し、超薄型で高感度な圧電素子を用い、非接触でベッド上の人の呼吸・心拍信号の抽出が、どの程度の精度で抽出可能か検証する。
    本研究の特徴としては、複数の圧電素子から取得した信号の処理方法と、ファジィ理論を応用した呼吸・心拍のカウント方法の提案であり、そのカウント結果を、医療機器を真値として、比較検証する。また、複数枚の圧電素子を用いることにより、ベッド上に加わっている重心位置及び、寝返りの回数などがわかる。さらに、ベッド上での体動パターンを識別する方法を提案し、離床直前の動作を識別することで、ベッドからの転倒危険度を事前に予測可能か検証する。本研究成果を用いることで、睡眠時の呼吸数、心拍数、体動を継続的にモニタリングし、睡眠時の無呼吸状態判定などの健康管理及び見守りが行うことができると期待できる。

  • 難病患者生活の質向上のための眼電位を用いたマウスカーソル制御システムの開発

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本申請は、筋委縮性側策硬化症(ALS)患者や四肢麻痺患者を対象とし、眼電位を用いた自由度の高いパーソナルコンピュータのマウスカーソル制御装置の試作器の開発を行う。申請者の調査した範囲では、マウスを用いたマウスカーソル制御と同じレベルでの眼電位を用いたマウスカーソル制御システムは存在しない。開発したマウスカーソル制御装置でブラウザや市販されている文章作成ソフトをスムーズに制御することを本申請研究の最終目的としている。また、開発した装置を使用した際の操作性・ストレスを定量的に評価し、より利便性の高いインターフェイスの条件を明確にし、改善を行う。
     本申請では、マウスカーソル制御装置の試作器を製作し、その試作器を使用する条件を健常者で事前評価して、最終的には実際の障がい者2名から3名でのモニタリングテストを実施する。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ロコモティブシンドローム(ロコモ)の病態解明・対策-地方創生・ロコモザワールド宮崎の構築―

    2016年04月 - 2021年03月

    文部科学省  機能強化経費(概算要求事項) 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 医工連携及びロボット工学の最先端技術の交流

    2015年08月

    その他省庁等  JST さくらサイエンスプラン 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    宮崎県と大分県は「東九州メディカルバレー構想」の特区に認定されていて、医工連携による医療機器の開発に力を注いでいます。本プログラムでは、医工連携およびロボット工学の最先端技術に関する講義と体験、お互いの最新技術の発表交流(シンポジウム)や関連研究室の訪問を行い、若手研究者と学生の意見交流を行うことで、共同での研究論文執筆や医療機器開発の共同研究へと繋げていきたいと考え、実施しました。来日したのは、中国上海交通大学ロボット研究所の教員2名,学生8名,ポスドク1名で、期間は、2015年8月4日~8月11日でした。

  • ロコモ滞在型リゾートの拡充に関する研究

    2015年06月 - 2016年03月

    地方自治体  宮崎市地域貢献学術研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    ロコモセンサーによる青年層の計測、解析を行う。