湯川 修弘 (ユカワ ノブヒロ)

YUKAWA Nobuhiro

写真a

所属

医学部 医学科 社会医学講座法医学分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 1992年11月   宮崎医科大学 )

  • 医学士 ( 1985年3月   宮崎医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 法医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • "Black ring-shaped burn" in button battery ingestion is not a burn - Comparison with charring using spectral CT. 査読あり

    Shinkawa N, Meiri T, Kakizaki E, Sonoda A, Yukawa N

    The British journal of radiology   94 ( 1128 )   20210271   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjr.20210271

    PubMed

  • Adult Dismembered Body With Myositis Ossificans: Evidence for Physical Abuse in an Autopsy Case Report 査読あり

    Shinkawa N., Kakizaki E., Sonoda A., Yukawa N.

    The American journal of forensic medicine and pathology   42 ( 1 )   73 - 76   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The American journal of forensic medicine and pathology  

    ABSTRACT: A case involving an adult dismembered body with myositis ossificans (MO) is described. A woman in her 20s was found dead in her cohabitants' room. The body had dismembered into 15 pieces. Computed tomography showed ectopic mineralization in the bilateral upper arms and thighs. On autopsy, the skin and soft tissue were in the process of adipocere formation. Darkened areas that appeared to be subcutaneous hemorrhage were distributed on the face, left chest, and back. Bilateral upper arms and thighs showed organized granulations adherent to underlying bone. Microscopically, these organized lesions represented mature bone tissue in the periphery, cartilage tissue in the middle layer, and fibrotic tissue in the central part. These were typical findings of MO. Myositis ossificans and subcutaneous hemorrhage seemed to be evidence of antemortem repetitive physical abuse. In cases of dismemberment, the absence of organs and parts of the body provide limitations to determining cause of death. In forensic fields, adult autopsy cases involving MO are rare. This is an unusual case in which MO revealed antemortem physical abuse despite dismemberment of the body.

    DOI: 10.1097/PAF.0000000000000628

    Scopus

    PubMed

  • 小児のボタン電池誤飲を防ぐために – 低電圧1.5Vのボタン電池でも組織傷害性アルカリは生成される(第2報)

    新川慶明,中野 敦,柿崎英二,林 里采,園田 愛,湯川修弘.

    日本医事新報   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Acceleration effect of the forensic luminol reaction induced by visible light irradiation of whole human blood aqueous solutions 査読あり

    S. Hayashi, E. Kaizaki, A. Sonoda, N. Shinkawa, T. Shiragami, N. Yukawa

    Forensic Science International   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2019.04.007

  • Neonatal death caused by interrupted aortic arch associated with 22q11.2 deletion sundrome 査読あり

    Norihiro Shinkawa, Masatoshi Yamaguchi, Mamoru Ozaki, Nobuhiro Yukawa

    The American Journal of Forensic Medicine and Pathology   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/PAF.0000000000000454

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Esentials of Autopsy Practice. Vol. 5 Innovations, Updates and Advances in Practice. 分担章の題名: Diatom and Laboratory Tests to Support a Conclusion of Death by Drowning.(共著)

    Yukawa N, Kakizaki E, Kozawa S( 担当: 共著 ,  範囲: 内容に係わる解剖をし、執筆した。)

    Springer-Verlag (London)  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Mitochondrial analysis in forensic science. In Rapley R, Whitehouse D, ediotrs.

    Matsuda H, Yukawa N.( 担当: 共著 ,  範囲: 14)

    John Weiley & Sons, Ltd  2007年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 特集 次世代シーケンサーが可能にした感染学の新しい展開 招待あり

    柿崎英二,湯川修弘

    化学療法の領域   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Degree of reduction を用いたアルコール代謝の法医学教育

    湯川修弘、新川慶明、林 里采、園田 愛、柿崎英二

    第70回日本法医学会学術九州地方集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月16日 - 2020年10月17日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液水溶液への可視光照射によるルミノール反応の加速効果

    林 里采,白上 努,柿崎英二,新川慶明,園田 愛,湯川修弘

    第69回日本法医学会学術九州地方集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月25日 - 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ボタン電池の誤飲や嵌頓において,低電圧1.5 Vの電池でも組織傷害性のアルカリが生成される理由について

    新川慶明,柿崎英二,林 里采,園田 愛,湯川修弘

    第68回日本法医学会学術九州地方集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月19日 - 2018年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右手に笹の葉を固く握った状態で発見され即時性死体硬直と思われた溺死の一解剖例

    湯川修弘、新川慶明、柿崎英二、園田 愛、林 里采、小片 守

    第68回日本法医学会学術九州地方集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月19日 - 2018年10月20日

    会議種別:口頭発表(一般)  

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 最も少ない労力で行える溺死の補助診断検査:法医実務に合わせた最も効果的な活用法

    研究課題/領域番号:21H03215  2021年04月 - 2024年03月

    基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 溺死の診断のためのLAMP法を用いた簡易迅速スクリーニング検査法の開発

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    溺死の診断のためのLAMP法を用いた簡易迅速スクリーニング検査法の開発

  • 溺死体の血液及び諸臓器中に存在する水棲微生物のメタゲノム解析

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    溺死体の血液及び諸臓器中に存在する水棲微生物のメタゲノム解析

  • 高度に腐乱した水中死体でも溺死の推定が行える検査法の開発

    2008年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    高度に腐乱した水中死体でも溺死の推定が行える検査法の開発

  • 腐乱死体における溺水域の推定に有用な珪藻及び水棲細菌の探索

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    溺死では遺体が流されることによって最初に溺れた場所と発見場所とが異なることが少ない.本研究は,腐乱死体において,珪藻及び水棲細菌を検出することで,溺れた場所の推定を試みるものである.

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 社会医学講座法医学分野研究奨学金(法医学講座の研究・解剖助成)

    寄附者名称:湯川 修弘 2019年11月

  • 社会医学講座法医学分野研究奨学金(法医学講座の研究・解剖助成)

    寄附者名称:湯川 修弘 2019年11月

  • 社会医学講座法医学分野研究奨学金(法医学講座の研究・解剖助成)

    寄附者名称:湯川 修弘 2019年04月

  • 社会医学講座法医学分野研究奨学金(法医学講座の研究・解剖助成)

     2018年10月

  • 社会医学講座法医学分野研究奨学金(法医学講座の研究・解剖助成)

     2018年06月