SAKODA Tatsuya

写真a

Affiliation

Engineering educational research section Electrical and Electronic Engineering Program

Title

Professor

External Link

Degree 【 display / non-display

  • 博士(工学) ( 1998.3   九州大学 )

Research Areas 【 display / non-display

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Power engineering

  • Energy Engineering / Fundamental plasma  / Plasma Engineering

 

Papers 【 display / non-display

  • Gas Temperature Measurement in DC Glow and Impulse Glow-Arc Discharge by Multiplex CARS Method Reviewed

    M.Baba, T.Nakao, T.Sakoda, M.Otsubo, H.Nieda

    Proceedings of the 8th International Symposium on High Voltage Engineering   387 - 390   1993.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  • Gas Temperature and Cu vapor Measurements in and near an Impulse Discharge by Multiplex CARS and LIF Method Reviewed

    T.Sakoda, M.Otsubo, C.Otsubo, H.Nieda

    Proceedings of the 7th Asian Conference on Electrical Discharge   196 - 199   1994.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  • Measurements of gas temperature and Cu vapor density in lighting impulse discharge using multiples CARS and laser induced fluorescence spectroscopy Reviewed

    T.Sakoda, M.Otsubo, C.Otsubo, H.Nieda

    Proceedings of 9th International Symposium on High Voltage Engineering   2151.1 - 2151.4   1995.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  • Gas temperature and Cu Vapor Density in an impulse Discharge Reviewed

    T.Sakoda, M.Otsubo, C.Honda

    Proceedings of 1th International Conference on Gas Discharges and Their Application   438 - 441   1995.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  • Thomson Scattering Studies of a Neutral Loop Discharge Plasma Reviewed

    T.Sakoda, M.Bowden, K.Uchino, K.Muraoka, M.Maeda

    Proceedings of 7th International Symposium on Laser-Aided Plasma Diagnostics   129 - 133   1995.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 配電設備の高経年化に対応した技術動向と課題

    迫田達也,吉澤輝,春山浩 他( Role: Joint author)

    電気学会  2019.11 

     More details

    Language:Japanese Book type:Report

MISC 【 display / non-display

  • 電気エネルギー可能性 Invited

    迫田達也

    教えて!エネルギー   5   17 - 25   2020.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 配電設備の高経年化に対応した技術動向と課題調査

    春山浩, 杉下裕司,岡靖典,迫田達也

    電気学会論文誌B   139 ( 1 )   1 - 4   2019.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • Preface to Special Issue on Joint Conference of IWHV2016 & JK2016 on ED&HVE

    Hayashi N., Sakoda T.

    IEEJ Transactions on Power and Energy   137 ( 11 )   697 - 697   2017

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:IEEJ Transactions on Power and Energy  

    <p>It is our great honor, on behalf of the local executing committee of the joint conference, to write a preface to this special issue on the joint conference of 10th International Workshop on High Voltage Engineering (IWHV2016) and 2016 Japan-Korea Joint Symposium on Electrical Discharge</p>

    DOI: 10.1541/ieejpes.137.697

    Scopus

  • Detection of Partial Discharge in Cubicle

    Manabu Ihira, Masatoshi Asakura, Takuma Miyake, Tatsuya Sakoda, Yusuke Iki, Ryuya Kida

    The 17th Asian Conference on Electrical Discharge   31-1-31-4   2014.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • Detection of Partial Discharge in Cubicle

    Manabu Ihira, Masatoshi Asakura, Takuma Miyake, Tatsuya Sakoda, Yusuke Iki, Ryuya Kida

    The 17th Asian Conference on Electrical Discharge   31-1-31-4   2014.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 位相角制御方式を用いた励磁突入電流抑制装置の基礎研究

    寺師康平, 迫田達也, 山村俊一郎

    令和4年電気学会全国大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2022.3.21

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 誘電体バリア放電によるマンゴー軸腐病防除の最適条件の検討

    中古賀雄太, 平松泰地, 迫田達也, 田澤和俊, 市川博章

    令和3年電気学会基礎・材料・共通部門大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 位相角制御方式を用いた励磁突入電流抑制装置の基礎研究

    寺師康平, 迫田達也, 山村俊一郎

    2021年度電気・情報関係学会九州支部連合大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 放電電荷量と UHF 及び TEV センサの信号強度の相関性

    野口 徹太郎 森 航 迫田 達也 佐藤 正春 武井 勝俊 二川 和弘 佐藤 英章

    2021年度電気・情報関係学会九州支部連合大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 油中部分放電の劣化進展特性

    森航, 迫田達也, 武井勝俊, 佐藤正春

    2021年度電気・情報関係学会九州支部連合大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 学術奨励賞

    2022.6   電気設備学会  

    黒岩拓真, 迫田達也, 有元慎太郎, 生田昌輝

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal 

  • 優秀業績賞

    2021.5   電気設備学会九州支部  

    迫田達也

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal 

  • Best Paper Award in the 18th Asian Confernce on Electrical Discharge

    2018.11   Asian Conference on Electrical Discharge  

    Tatsuya Sakoda

     More details

    Award type:Award from international society, conference, symposium, etc.  Country:China

  • パワーアカデミー萌芽研究優秀賞受賞

    2018.3   パワーアカデミー  

    迫田達也

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • Best Presentation Award

    2016.12   The 18th Asian Conference on Electrical Discharge  

    Tatsuya Sakoda

     More details

    Award type:Award from international society, conference, symposium, etc.  Country:India

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 殺菌・消毒技術に有用な新しい水中プラズマ発生装置の開発

    2011.04 - 2014.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    本研究では、酸化力の大きなオゾン、酸素・OHラジカルを有効利用できる強力な殺菌消毒水を低コストで生成可能な水中プラズマ発生装置の開発を行う。これまでに、申請者は水中に配置した多孔質体の内部及び多孔質膜表面に発生する気泡内でマイクロ放電を低電圧で生起し、オゾン、OHラジカルの生成が可能なことを明らかにしている。研究期間内に、多孔質体を介した上述の放電生成機構を明らかにするとともに最適放電生成条件を明らかにして、オゾンやラジカルの高い生成効率が得られる水中プラズマ発生装置を完成させる。この発生装置は、平成22年度に宮崎県に多大な損害をもたらした口蹄疫ウィールス等、ウィールスの殺菌処理技術の向上に大きく貢献することが可能である。

  • ナノ材料をベースとする電気二重層キャパシタの開発と燃料電池とのハイブリッド利用

    2008.04 - 2011.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    各種ナノマテリアルを使用して、エネルギー密度を向上させた電気二重層キャパシタを開発する。同時に、燃料電池とのハイブリッド利用技術の開発を行う。

  • 大気圧プラズマを用いた太陽電池用シリコン基板の新しい表面処理技術の開発

    2008.04 - 2009.03

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    太陽光発電は、環境や安全性の面で優れた特性を持つ。しかし、未だより一層の効率改善と低コスト化が強く望まれている。本研究では、太陽電池表面における反射率低減のためのテクスチャ処理ならびに表面電極(バスバー, フィンガー電極)形成の前処理となる電極形成面の反射防止膜除去処理に、大気圧下で非平衡プラズマの生成が可能な誘電体バリア放電や沿面放電を適用し、高効率の太陽電池を低コストで供給できる表面加工技術の確立を目指している。そこで、Siや反射防止膜(SiN膜)を高速且つ選択的にエッチングできる最適なプラズマ生成条件を見出す。同時に、125mm角基板処理に向けてのプラズマ生成条件や電極構造の最適化に関する指針の把握に努める。

  • 大気圧プラズマを用いた太陽電池用シリコン基板の新しい表面処理技術の開発

    2007.04 - 2008.03

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    太陽光発電は、環境や安全性の面で優れた特性を持つ。しかし、未だより一層の効率改善と低コスト化が強く望まれている。本研究では、太陽電池表面における反射率低減のためのテクスチャ処理ならびに表面電極(バスバー, フィンガー電極)形成の前処理となる電極形成面の反射防止膜除去処理に、大気圧下で非平衡プラズマの生成が可能な誘電体バリア放電や沿面放電を適用し、高効率の太陽電池を低コストで供給できる表面加工技術の確立を目指している。そこで、Siや反射防止膜(SiN膜)を高速且つ選択的にエッチングできる最適なプラズマ生成条件を見出す。同時に、125mm角基板処理に向けてのプラズマ生成条件や電極構造の最適化に関する指針の把握に努める。

  • 大気圧プラズマを用いた太陽電池用シリコン基板の新しい表面処理技術の開発

    2006.04 - 2007.03

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    太陽光発電は、環境や安全性の面で優れた特性を持つ。しかし、未だより一層の効率改善と低コスト化が強く望まれている。本研究では、太陽電池表面における反射率低減のためのテクスチャ処理ならびに表面電極(バスバー, フィンガー電極)形成の前処理となる電極形成面の反射防止膜除去処理に、大気圧下で非平衡プラズマの生成が可能な誘電体バリア放電や沿面放電を適用し、高効率の太陽電池を低コストで供給できる表面加工技術の確立を目指している。そこで、Siや反射防止膜(SiN膜)を高速且つ選択的にエッチングできる最適なプラズマ生成条件を見出す。同時に、125mm角基板処理に向けてのプラズマ生成条件や電極構造の最適化に関する指針の把握に努める。

display all >>