片山 徹郎 (カタヤマ テツロウ)

KATAYAMA Tetsuro

写真a

所属

工学教育研究部 工学科情報通信工学プログラム担当

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ( 1996年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / ソフトウェア  / ソフトウェア工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development and evaluation of Swahili text based CAPTCHA 査読あり

    Tende I.G., Aburada K., Yamaba H., Katayama T., Okazaki N.

    LifeTech 2021 - 2021 IEEE 3rd Global Conference on Life Sciences and Technologies   293 - 297   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LifeTech 2021 - 2021 IEEE 3rd Global Conference on Life Sciences and Technologies  

    CAPTCHA (Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart) is a test used in computing to determine whether the user is human or not and can be used in websites to offer protection against malicious programs (bots) which run automated tasks such as posting fake comments. Most of the Swahili language based websites in Tanzania still use English language based CAPTCHAs such as Google’s reCAPTCHA v2 which has poor usability for native Swahili users and poor robustness. This paper proposes Swahili CAPTCHA which requires users to recognize and correctly spell the distorted and misspelled Swahili words. Evaluation findings reveal that Swahili CAPTCHA is easier to learn and use and has similar robustness compared to reCAPTCHA v2.

    DOI: 10.1109/LifeTech52111.2021.9391820

    Scopus

  • Utilizing the Similarity Meaning of Label in Class Cohesion Calculation 査読あり

    Bayu Priyambadha, Katayama T., Kita Y., Yamaba H., Aburada K., Okazaki N.

    Journal of Robotics, Networking and Artificial Life   7 ( 4 )   270 - 274   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Robotics, Networking and Artificial Life  

    © 2020 The Authors. Published by Atlantis Press B.V. This is an open access article distributed under the CC BY-NC 4.0 license (http://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/). The natural language includes ambiguous expressions. Vienna Development Method (VDM) is one of methodology on the formal methods to write the specification without ambiguity. Because VDM++ is written by strict grammar, it is difficult to write a VDM++ specification. This research attempts to generate a VDM++ specification automatically from a natural language specification by machine learning. To generate a VDM++ specification, it is necessary to extract words that consist of predicate corresponding to the function and nouns corresponding to variable from the natural language specification. This paper proposes an approach to generate a VDM++ specification based on its grammar from the classified word list. Identifiers are generated from the classified word list, and then the VDM++ specification can be generated by converting them into VDM++ grammar.

    DOI: 10.2991/jrnal.k.201215.013

    Scopus

  • Proposal and evaluation for color constancy CAPTCHA 査読あり

    Usuzaki S., Aburada K., Yamaba H., Katayama T., Mukunoki M., Park M., Okazaki N.

    Artificial Life and Robotics   26 ( 3 )   291 - 296   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Artificial Life and Robotics  

    © 2021, International Society of Artificial Life and Robotics (ISAROB). CAPTCHAs are technologies that distinguish humans and bot to prevent illegal access. Unfortunately, current CAPTCHAs, even the latest Google reCAPTCHA, have already broken with high accuracy. Although the devices, including emphasizing the distortion of the text and adding noise to the image, improve the machine resistance, they may decrease the accessibility of the web page. The purpose of this study is to propose a new CAPTCHA that can decrease the machine resistance while keeping usability. To achieve this purpose, we focused on color constancy. Color constancy is a human’s characteristic that enables humans to recognize the original color of the object by ignoring the effects of illumination light. Color constancy has not been fully reproduced by the program yet. We proposed color constancy CAPTCHA that the user is required to answer an original color of the object in a specified area on the CAPTCHA image with a color filter. In this paper, we created a prototype of CAPTCHA, applied two kinds of color filters, and then evaluated each case for the human success rate, machine success rate, and usability.

    DOI: 10.1007/s10015-021-00679-x

    Scopus

  • Identification of Redundant Test Cases by Using Similarity Measurement Method for Test Suite Evaluation 査読あり

    Mochamad Chandra Saputra, T. Katayama, Y. Kita, H. Yamaba, K. Aburada, and N. Okazaki

    Journalof Advances in Artificial Life Robotics (JAALR)   1 ( 4 )   186 - 191   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Improvement of RETUSS to Ensure Traceability between Sequence Diagram in UML and Java Source Code in Real Time 査読あり

    Arima Kaoru, Katayama Tetsuro, Kita Yoshihiro, Yamaba Hisaaki, Aburada Kentaro, Okazaki Naonobu

    ICAROB 2021: PROCEEDINGS OF THE 2021 INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   352 - 355   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 組込みソフトウェア開発技術

    情報処理学会 組込みシステム研究会 監修(共著)( 担当: 共著)

    CQ出版社  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 組み込みソフトウェア 開発スタートアップ

    二上貴夫, 坂本直史, 山崎辰雄, 三浦元, 片山徹郎( 担当: 共著 ,  範囲: 163-170頁)

    CQ出版社, Design Wave MAGAZINE 7月増刊号  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ソフトウェアテスト293の鉄則

    テスト技術者交流会 訳(共訳)( 担当: 共訳 ,  範囲: 1-11頁(序文)106-113頁)

    日経BP社全315頁(分担)  2003年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 九州大学情報処理教育センター利用の手引き (1996年版)

    九州大学情報処理教育センター編,監修:松山久義,共著者:廣川左千男, 宮原哲浩, 正代隆義, 峯恒憲, 片山徹郎, 伊東栄典, 古川善吾, 下園幸一, 原坂佳子, 大呑康史, 北野浩史, 高橋淳, 山路雅彦, 天野一英

    九州大学出版会全134頁(分担)77-108頁  1996年4月 

MISC 【 表示 / 非表示

  • UMLとソースコード間のトレーサビリティをリアルタイムに維持するツール RETUSSにおけるシーケンス図への適用範囲の拡大

    有馬薫, 片山徹郎

    2020年度電気・情報関係学会九州支部連合大会   212 - 213   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • データ遷移可視化ツールTFVIS における一定回数以上の繰り返し処理への対応

    執行泰弘, 片山徹郎

    2019年度電気・情報関係学会九州支部連合大会   122 - 123   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 「ソフトウェア工学」の授業方法 招待あり

    片山 徹郎

    教育・学生支援センター紀要   ( 3 )   25 - 33   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:宮崎大学教育・学生支援センター  

  • VDM++ 仕様を対象としたテストケース自動生成ツールBWDM へのPICT の適用

    平木場 風太, 片山 徹郎

    宮崎大學工學部紀要   ( 48 )   143 - 148   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:宮崎大学工学部  

    In recent years, specifications using specification language become more important. It is necessary to test the developed software, but it takes much time and effort to design test cases manually. So, we developed BWDM(Boundary Value Vienna Develop Method). BWDM is a test case generation tool for the VDM++ specification. However, the existing BWDM could cause a combinatorial explosion of the generated test cases. There is a pairwise testing as an effective testing method to reduce the total number of the combinations because the pairwise testing only generates test cases which satisfy combinations of two pairs. We apply the pairwise testing into BWDM. In applying the pairwise testing, we use PICT (Pairwise Independent Combinatorial Testing Tool) developed by Microsoft Corporation. However, BWDM cannot call PICT library directly. Hence, we have developed PICT-wrapper. It is an interface to connect PICT and BWDM. We extend BWDM in that PICT-wrapper is embedded. The extended BWDM eliminate the possibility of the combinatorial explosion.

    CiNii Article

    researchmap

  • Javaプログラムのデータ遷移可視化ツールTFVISにおける一定回数以上の繰り返し処理への対応

    執行 泰弘, 片山 徹郎

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2019 ( 0 )   122 - 123   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会  

    <p>ソフトウェア開発において、デバッグは手間のかかる工程である。効率よくバグの原因を特定するためには、プログラマがプログラムの動的な挙動を把握することが重要である。しかし、プログラムの挙動は一般的に不可視であり、挙動を把握することは困難である。そこで、我々の研究室ではJavaプログラムのデータ遷移可視化ツールTFVISを開発した。しかし、現在のTFVISは一定回数以上の繰り返し処理の描画に対応できていない。そこで本研究では、データ遷移可視化ツールTFVISにおける一定回数以上の繰り返し処理への対応を目的とした改良を行う。この改良により、TFVISのスケーラビリティの向上を図る。</p>

    DOI: 10.11527/jceeek.2019.0_122

    CiNii Article

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 検証アーキテクトとしてのシステム分析・テスト設計演習【WS】

    片山徹郎

    2020年度 先進的組込みソフト産学連携プログラム 「組込み適塾」  (グランフロント大阪)  関西経済連合会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:グランフロント大阪  

  • テスト技法

    片山徹郎

    2020年度 先進的組込みソフト産学連携プログラム 「組込み適塾」  関西経済連合会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月17日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • プライマリークラスの講評

    片山徹郎

    ETロボコン2019九州南地区大会, ワークショップ   (都城コアカレッジ)  一般社団法人 組込みシステム技術協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:都城コアカレッジ  

  • 検証アーキテクトとしてのシステム分析・テスト設計演習【WS】

    片山徹郎

    2019年度 先進的組込みソフト産学連携プログラム 「組込み適塾」  (グランフロント大阪)  関西経済連合会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:グランフロント大阪  

  • テスト技法

    片山徹郎

    2019年度 先進的組込みソフト産学連携プログラム 「組込み適塾」  (グランフロント大阪)  関西経済連合会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月19日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:グランフロント大阪  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第4回 善吾賞

    2011年1月   特定非営利活動法人ソフトウェアテスト技術振興協会  

    喜多義弘, 片山徹郎, 冨田重幸

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 安全なモバイルクラウドサービス実現のための利用者の環境適応型認証法の提案

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • アーキテクチャ指向形式手法に基づく高品質ソフトウェア開発法の提案と実用化

    2012年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    IT システムの重要な構成要素であるソフトウェアの機能や安全性を保証する方法として、近年、形式手法 (formal methods) に対する関心と期待が高まっている。本研究は、アーキテクチャ指向の概念に基づいて、多様な形式手法を適材適所でソフトウェアライフサイクルの各段階において活用する方法を提案するもので、ソフトウェア・リスク分析への応用も視野に入れたより広範で高度なソフトウェア開発方法論の確立を目指す。

  • 高品質なソフトウェア開発のためのテスト可視化手法の提案

    2012年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究の目的は、高品質なソフトウェア開発を行うために、テスト手法の可視化を行い、高度情報化社会および安全・安心を第一とする社会における情報技術への更なる要求に、迅速に対応できる基盤を与えることにある。具体的には、当該研究期間内に、「テスト実施前のプログラムの振る舞いに関する情報」および「テスト実施中のテスト実施状況に関する情報」をプログラマに提示する、ソフトウェアテストの可視化手法を提案し、評価する。

  • テスト技法と可視化手法とによる組込みソフトウェアの信頼性向上手法の提案

    2008年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ソフトウェアは、IT産業のみならず製造業から金融業に至るまで、あらゆる産業の付加価値創出の源泉となっており、もはや現代経済社会の基盤として欠かせない存在となっている。特に、組込みソフトウェアの分野においては、製品の機能や競争力を左右する重要な役割を果たしており、その品質の向上が不可欠である。また、組込みシステムのようにハードウェアという実体を持つドメインでは、不具合による瑕疵責任の問題を防ぐという意味においても、充分な品質の確保が求められている。
    本研究の目的は、組込みソフトウェアのための信頼性向上手法を提案し、来たるべきユビキタス社会における情報技術への要求に、迅速に対応できる基盤を与えることにある。具体的には、当該研究期間内に、モデリング言語UML(Unified Modeling Language)を利用したテスト技法、および、プログラムの可視化手法の2つの観点から、組込みソフトウェアに特化した信頼性向上手法を提案し、評価する。また、ハードウェアを考慮した上での組込みソフトウェアの信頼性向上手法についても検討する。

  • デバイスドライバ生成支援システムの実装と評価

    2004年04月 - 2005年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地域産業の競争力強化を図る人工知能とロボット技術を駆使したIoT技術の社会実装を推進する実践的人材育成コースの開発・実施

    2017年09月 - 2022年03月

    文部科学省  成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT) 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 次世代情報化社会を牽引するICTアーキテクト育成プログラム

    2006年10月 - 2010年03月

    文部科学省  先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    世代の情報化社会をリードし,社会情報インフラを設計/開発し,イノベーションを創出できるICTアーキテクトの素養を持った人材を育成する.