野間口 千香穂 (ノマグチ チカホ)

Nomaguchi Chikaho

写真a

所属

医学部 看護学科 子育て世代・子ども健康看護科学講座

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 看護学博士 ( 2012年3月   聖路加看護大学 )

  • 修士(看護学) ( 2002年3月   聖路加看護大学 )

  • 看護学士 ( 1985年3月   千葉大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 慢性疾患児の自立に向けた療養支援

  • 遺伝医療における子どもと家族の支援

  • ライフサイエンス領域

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学  / 小児看護学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 聖路加看護大学   看護学研究科   小児看護学

    - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 聖路加看護大学   看護学研究科   小児看護学

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 千葉大学   看護学部   看護学科

    - 1985年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児看護学会

    1990年4月 - 現在

  • 日本遺伝看護学会

    2008年7月 - 現在

  • 日本小児保健協会

    1990年4月 - 現在

  • 日本看護管理学会

    1997年4月 - 現在

  • 日本看護科学学会

    2002年4月 - 現在

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ARCSモデルを用いた周産期遺伝看護教育プログラムの評価 査読あり

    浅野浩子、中込さと子、柊中智恵子、佐々木規子、野間口千香穂

    日本遺伝看護学会誌   19 ( 2 )   54 - 65   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 周産期遺伝看護教育プログラムによる母性看護専門看護師の看護実践の変容 査読あり

    浅野浩子、中込さと子、柊中智恵子、佐々木規子、野間口千香穂

    日本遺伝看護学会誌   19 ( 1 )   50 - 61   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小児看護領域の高度実践看護師からみた遺伝看護の継続教育の課題 査読あり

    荒武亜紀、野間口千香穂、中込さと子

    日本遺伝看護学会誌   18 ( 2 )   71 - 83   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 障がいをもつ子を育てる母親のケア方法保持のスタイルと影響要因 査読あり

    永山瑞江,野間口千香穂,草場ヒフミ

    家族看護学研究   23 ( 2 )   160 - 171   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    障がいをもつ子を育てる母親のケア方法保持スタイルとその関連要因を明らかにすることを目的に、在宅で1歳以上の子どもを育てている母親60名に質問紙調査を行った。ケア方法保持スタイルは得点が高いほどケア方法を柔軟に変更でき、他者と子のケアを共有できることを示している。ケア方法保持スタイルの低得点群に比べて高得点群のほうが意思表示の可能な子が多く、子の年齢が低かった。またケアの代替者のある者が多く、ソーシャルサポートが多かった。

  • 児童を対象とした育児疑似体験プログラムの実施報告 査読あり

    松岡あやか、荒武亜紀、清水鈴代、伊久良美和子、野間口千香穂、兵頭慶子

    南九州看護研究誌   15 ( 1 )   39 - 45   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 小児看護と看護倫理

    松岡真里編著, 古橋知子、笹月桃子、竹ノ内直子他( 担当: 分担執筆)

    へるす出版  2020年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:214   担当ページ:208-214   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 基礎から学ぶ遺伝看護学 : 「継承性」と「多様性」の看護学

    西垣 昌和, 渡邉 淳, 中込 さと子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 小児期発症する遺伝性疾患を有する子ども・家族への看護)

    羊土社  2019年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:177   担当ページ:98-111   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    遺伝看護の展開について、小児期発症する遺伝性疾患を有する子ども・家族への看護として、疾患の多様性と継承性の特徴と成り立ちや治療、子どもと家族の心理社会的側面や社会の状況について概説し、遺伝看護の視点について提示した。

    CiNii Books

  • 遺伝 / ゲノム看護

    有森 直子, 溝口 満子, 井ノ上 逸朗 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 先天代謝異常症)

    医歯薬出版  2018年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:247   担当ページ:88-100   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    小児期の遺伝/ゲノム看護について、先天代謝異常症の場合に遺伝性疾患であるがゆえに起こり得る状況とそれに対する看護を概説し、フェニールケトン尿症の事例をもとにした看護の展開を提示した。

    CiNii Books

  • 根拠がわかる小児看護技術 第2版(共著)

    添田啓子、鈴木千衣、三宅玉恵、松森直美、野間口千香穂、他( 担当: 共著 ,  範囲: 173-183)

    メヂカルフレンド社  2016年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:400   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 小児看護ベストプラクティス 小児のメンタルヘルス

    野間口千香穂, 草場ヒフミ 他( 担当: 共著 ,  範囲: 遺伝性疾患の子ども)

    中山書店  2010年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:268   担当ページ:92-101   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    小児のメンタルヘルスとして、遺伝性疾患を有する子どもが発達に伴って体験するストレスとそのサポートについて概説した。

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 自立度確認シート 慢性疾患児の自立の必要性 招待あり

    野間口千香穂

    小児看護   42 ( 13 )   1614 - 1617   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:へるす出版  

    慢性疾患のある子どもの自立支援の特集号での執筆である。慢性疾患児とその家族の特徴と疾患による発達や自立への影響について、これまでの知見を整理し、筆者らが開発した慢性疾患児の自立に向けた療養支援のための自立度確認シートの基盤となっている考え方を概説した。

  • 混合病棟における10代患者の看護

    野間口千香穂

    小児看護   30 ( 10 )   1388 - 1394   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:へるす出版  

  • 思春期 招待あり

    野間口 千香穂

    小児看護   27 ( 5 )   542 - 547   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:へるす出版  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Nursing practice for parents for the independence of children with chronic illness from infancy to adolescence 国際会議

    Miyuki Nishida, Chikaho Nomaguchi, Kaori Nio, Ikuko Oikawa, Ryo Hayashi, Aki Aratake

    The 6th International Research Conference of World Academy of Nursing Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月28日 - 2020年2月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nursing practice for the independence of children with chronic illness from infancy to adolescence 国際会議

    Kaori Nio, Chikaho Nomaguchi, Miyuki Nishida, Ikuko Oikawa, Ryo Hayashi, Aki Aratake

    The 6th International Research Conference of World Academy of Nursing Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月28日 - 2020年2月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 慢性疾患児の自立に向けた看護実践の実態―親への支援ー

    西田みゆき、野間口千香穂、仁尾かおり、及川郁子、林亮、荒武亜紀

    第39回日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月30日 - 2019年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 慢性疾患児の自立に向けた看護実践の実態―子どもへの支援ー

    仁尾かおり、野間口千香穂、西田みゆき、及川郁子、林亮、荒武亜紀

    第39回日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月30日 - 2019年12月1日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 胎児超音波検査で先天性心疾患を診断された女性の妊娠期の役割行動と心理的変化

    坂田侑子、野間口千香穂、水畑喜代子

    宮崎県立看護大学看護学研究会 第13回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 小児期を通して行う慢性疾患児の自立に向けた看護療養支援システムの構築

    研究課題/領域番号:18H03096  2018年 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究の最終目的は、小児期を通して行う慢性疾患児の自立に向けた療養支援体制を構築することである。
    今回実施する研究では、申請者らが開発した慢性疾患児の自立に向けた療養支援モデルを活用した慢性疾患児の自立に向けた看護職による療養支援システムを構築することを目的として、(1)療養支援モデル活用に必要な看護職のための教育教材作成と療養支援モデル活用ガイドの作成、(2)慢性疾患児の自立と家族の自立支援に役立つ患児・家族向けのツールの作成(3)療養支援モデル活用のための看護職に対
    する教育研修の実施と評価を行うことによって、施設を越えた療養支援モデルの実用化を図り、小児期を通して行う慢性疾患児の自立に向けた療養支援を推進する基盤体制をつくる。

  • 臨床遺伝看護分野の継続教育プログラム開発

    2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    専門看護師・認定看護師、学会等で認定を受けた高い専門性を持つ看護職らに対して、それぞれの専門性に即した遺伝看護教育プログラムを提供することを通して、国内の遺伝子医療体制の充実・発展に寄与することを目的として、教育内容・方法を開発する。

  • 小児慢性疾患思春期患者のセルフマネジメント支援を行う看護師の教育プログラムの開発

    2013年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    小児慢性思春期患者のセルフマネジメント支援プログラムのトランジッション・ケアとしての展開を目指した段階的研究である。本研究の目的は、小児慢性疾患思春期患者のセルフマネジメント支援プログラムを実践する看護師のための教育プログラムを開発するための研究である。

  • 小児慢性腎臓病思春期患者のセルフマネジメント支援プログラムの開発

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    小児慢性腎臓病思春期患者のセルフマネジメント支援プログラムを開発するために次のことを行う。開発したプログラムのモデルを試行する。その後、小児科外来看護実践への臨床適応を行うために洗練し、複数の施設で実施し評価することを目的に研究を行った。2つの小児科外来を有する病院で、14名の思春期患者に開発したセルフマネジメント支援プログラムを実施し、半数の者が自分で行うようになり、ストレスマネジメント自己効力感の得点は有意に事後得点が高くなった。これによってセルフマネジメント支援するための看護介入モデルは、支持された。

  • 活動制限を受ける思春期入院患児の睡眠に関する研究-睡眠ケアモデルの思案-

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    活動制限を受け、入院している思春期患児の夜間睡眠の特徴と睡眠パターンとケア環境、看護師の睡眠ケアとの関連を明らかにするために、調査を行った

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 厚労科研「小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の発展に資する研究:分担研究(及川郁子)」

    2020年04月 - 2021年03月

  • 厚労科研「小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の発展に資する研究:分担研究(及川郁子)」

    2019年04月 - 2020年03月

  • 厚労科研「小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の発展に資する研究:分担研究(及川郁子)」

    2018年04月 - 2019年03月

  • 厚労科研「慢性疾患に罹患している児の社会生活支援ならびに療育生活支援に関する実態調査およびそれらの施策の充実に関する研究:分担研究(及川郁子)」

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    小児看護専門看護師の協力を得て、慢性疾患児の自立に向けた療養支援モデルを開発した。療養支援モデルは乳幼児期から思春期まで発達段階にあった5つの支援領域について、その確認シートとケアモデルを組み合わせたものであり、研究の成果として療養支援ガイドを作成した。

  • 厚労科研「慢性疾患に罹患している児の社会生活支援ならびに療育生活支援に関する実態調査およびそれらの施策の充実に関する研究:分担研究(及川郁子)」

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    慢性疾患児の自立に向けた支援ガイドを作成することを目的に取り組んでいる研究事業で、療養支援モデルとアセスメントツールの開発を行っている。データ分析と成果をまとめることを担当している。

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本小児看護学会   副理事長、総務委員会  

    2021年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本遺伝看護学会   理事(教育委員会担当)  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本看護科学学会   表彰論文選考委員会委員  

    2019年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本小児看護学会   理事(災害対策委員会委員長)  

    2019年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本看護科学学会   代議員  

    2019年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

全件表示 >>

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 環境と生命

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目