林 雅弘 (ハヤシ マサヒロ)

HAYASHI Masahiro

写真a

所属

農学部 海洋生物環境学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1994年12月   大阪府立大学 )

  • 教育学士 ( 1986年3月   京都教育大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 水圏生命科学

  • ライフサイエンス / 応用微生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • PUFA synthase-independent DHA synthesis pathway in Parietichytrium sp. and its modification to produce EPA and n-3DPA 査読あり

    Yohei Ishibashi, Hatsumi Goda, Rie Hamaguchi, Keishi Sakaguchi, Takayoshi Sekiguchi, Yuko Ishiwata, Yuji Okita, Seiya Mochinaga , Shingo Ikeuchi , Takahiro Mizobuchi , Yoshitake Takao, Kazuki Mori, Kosuke Tashiro, Nozomu Okino, Daiske Honda, Masahiro Hayashi, Makoto Ito

    Communications Biology   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fed-batch cultivation of Euglena gracilis for the high-yield production and GPC-assisted molecular weight determination of paramylon 査読あり

    Mizuki Fukuda, Manato Kinkawa and Masahiro Hayashi

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   88 ( 2 )   206 - 211   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  

    Comparative metabolic profiling analysis was performed to investigate light- and aeration-dependent regulation of central metabolism in Euglena gracilis. The metabolic profiles of E. gracilis were significantly altered in response to changes in aeration conditions. While many glycolytic intermediates and amino acids accumulated in aerobically grown E. gracilis, a significant reduction in these metabolites was observed for cells under anaerobic conditions, which resulted in elevated production of wax ester.

    DOI: https://doi.org/10.1093/bbb/zbad152

  • ユーグレナの大量培養における従属栄養培養の活用 招待あり 査読あり

    林 雅弘, 松田 綾子, 東海 彰太, 受川 友衣乃, 宇髙 尊己

    オレオサイエンス   23 ( 2 )   65 - 72   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本油化学会  

    様々な微細藻類の社会実装が検討される中で,独立栄養か従属栄養かの選択,太陽光による光合成への日周サイクルの影響,培養密度と光合成効率のバランス,培養液中の炭素源濃度の影響,培養槽の形状や機能の問題,目的物の抽出残渣処理,株の育種や無菌化など,実用化に向けてクリアすべき問題は多い。微細藻類の中でもユーグレナは特徴的な培養特性を持ち,光合成による独立栄養培養,光合成に加えて有機炭素源を利用した光従属栄養培養,光を利用せず培地中の有機炭素源を利用する従属栄養培養のいずれの培養による増殖も可能である。いずれの培養様式もそれぞれ特徴を持ち,目的や規模に応じて使い分ける必要があるが筆者らのグループは従属栄養培養に焦点を絞り,ユーグレナの工業レベルでの大量生産を行っている。本稿では筆者らが行っているユーグレナの工業レベルの大量培養を1つの題材に,微細藻類の社会実装に向けた大量培養技術について考える。

    DOI: 10.5650/oleoscience.23.65

    CiNii Research

  • Characterization of thraustochytrid-specific sterol O-acyltransferase: modification of DGAT2-like enzyme to increase the sterol production in Aurantiochytrium limacinum mh0186 査読あり

    Ishibashi Y., Sadamitsu S., Fukahori Y., Yamamoto Y., Tanogashira R., Watanabe T., Hayashi M., Ito M., Okino N.

    Applied and Environmental Microbiology   89 ( 11 )   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Applied and Environmental Microbiology  

    Thraustochytrids are marine microorganisms expected to produce useful lipids. They synthesize polyunsaturated fatty acids and sterols and store them in lipid droplets as a form of triacylglycerol (TG) and sterol ester (SE), respectively. TG is synthesized by diacylglycerol O-acyltransferase (DGAT). There are several DGAT2 homologs in Aurantiochytrium limacinum. This study indicated that DGAT2C and DGAT2D are SE synthase and TG synthase, respectively, by disrupting their corresponding genes in A. limacinum mh0186. DGAT2C is revealed as thraustochytrid-specific acyl-CoA:sterolO-acyltransferase by performing in vivo and in vitro assays after heterologous expression in Saccharomyces cerevisiae. DGAT2C and DGAT2D localized mainly to the endoplasmic reticulum (ER) and the lipid droplet, respectively, and the two of the N-terminal domains unique to DGAT2C were essential for ER localization and SE synthesis in A. limacinum mh0186. Interestingly, the study also found that deletion of the first eight transmembrane domains in the unique N-terminal region of DGAT2C increased SE and total sterol productivity when expressed in DGAT2C-deficient A. limacinum mh0186. In addition, intermediates such as Δ7-cholesterol (provitamin D3) also accumulated in SE by expression of the N-terminal-truncated DGAT2C, along with cholesterol and Δ7-stigmasterol, a major phytosterol in A. limacinum. This study proves that DGAT2C is an ER-localized SE synthase and that its suitable N-terminal deletion can increase sterol production in thraustochytrids.

    DOI: 10.1128/aem.01001-23

    Scopus

  • 有用新奇海洋微生物の探索:ラビリンチュラ 招待あり 査読あり

    林 雅弘, 松田 綾子

    遺伝   76 ( 6 )   428 - 433   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本油化学会  

    様々な微細藻類の社会実装が検討される中で,独立栄養か従属栄養かの選択,太陽光による光合成への日周サイクルの影響,培養密度と光合成効率のバランス,培養液中の炭素源濃度の影響,培養槽の形状や機能の問題,目的物の抽出残渣処理,株の育種や無菌化など,実用化に向けてクリアすべき問題は多い。微細藻類の中でもユーグレナは特徴的な培養特性を持ち,光合成による独立栄養培養,光合成に加えて有機炭素源を利用した光従属栄養培養,光を利用せず培地中の有機炭素源を利用する従属栄養培養のいずれの培養による増殖も可能である。いずれの培養様式もそれぞれ特徴を持ち,目的や規模に応じて使い分ける必要があるが筆者らのグループは従属栄養培養に焦点を絞り,ユーグレナの工業レベルでの大量生産を行っている。本稿では筆者らが行っているユーグレナの工業レベルの大量培養を1つの題材に,微細藻類の社会実装に向けた大量培養技術について考える。

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • バイオマス材料の開発と応用

    林 雅弘( 担当: 単著 ,  範囲: ユーグレナの産業利用ー特にパラミロンとそれを原料とするバイオプラスチックの開発)

    株式会社 技術情報協会  2023年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • カーボンニュートラル燃料最新動向

    林 雅弘 松田綾子( 担当: 共著 ,  範囲: 藻類によるバイオ製造製造)

    株式会社 情報機構  2022年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 藻類培養技術

    林 雅弘( 担当: 共著 ,  範囲: 藻類の濃縮と乾燥技術(ユーグレナの工業化を例に))

    株式会社 情報機構  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • フードテックの最新動向

    親泊政二三 林 雅弘( 担当: 共著 ,  範囲: 海産微生物ラビリンチュラの食品への利用)

    シーエムシー出版  2021年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 脂質・脂肪酸関連物質の使いこなしかたー素材開発・機能創生・応用技術ー

    林 雅弘・松田綾子( 担当: 共著)

    株式会社テクノシステム  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Correction: Novel lysophospholipid acyltransferase plat1 of aurantiochytrium limacinum f26-b responsible for generation of palmitate-docosahexaenoate-phosphatidylcholine and phosphatidylethanolamine (PLoS ONE (2014) 9: 8 (e102377) DOI: 10.1371/journal.pone.0102377) 招待あり 査読あり

    Abe E., Ikeda K., Nutahara E., Hayashi M., Yamashita A., Taguchi R., Doi K., Honda D., Okino N., Ito M.

    PLoS ONE   13 ( 8 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    © 2018 Abe et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. The titles and legends for Figs 2 and 3 are swapped. Please see the correct Figs 2 and 3 here. (Figure Presented).

    DOI: 10.1371/journal.pone.0203016

    Scopus

  • 微細藻類プラスチックの開発 招待あり 査読あり

    林 雅弘、芝上 基成

    化学工学   80 ( 5 )   2 - 4   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本化学工学会  

  • 微細藻類プラスチックの開発

    林 雅弘、芝上 基成

    化学工学   80 ( 5 )   2 - 4   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本化学工学会  

    researchmap

  • 油糧海洋微生物ラビリンチュラの産業利用

    林 雅弘、松田綾子、松田高宜、泉 可也

    酵素工学ニュース   ( 74 )   6 - 9   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:酵素工学研究会  

  • 油糧海洋微生物ラビリンチュラの産業利用

    林 雅弘、松田綾子、松田高宜、泉 可也

    酵素工学ニュース   ( 74 )   6 - 9   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:酵素工学研究会  

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 腸内環境変動を利⽤したニジマスにおける ラビリンチュラ中DHA吸収に関する研究

    星川拓輝・坂本涼華・池⽥花菜・ 佐藤秀⼀・林雅弘・⻑阪玲⼦

    日本水産学会春期大会  (シーガイアコンベンションセンター)  2023年3月29日  マリンバイオテクノロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月28日 - 2023年3月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:シーガイアコンベンションセンター  

  • 海洋微生物ラビリンチュラの魚粉/魚油代替水産飼料素材への事業化 招待あり

    林 雅弘

    20230303AgriFood SBIRピッチ2023  2023年3月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 産業廃棄物を原料とする海洋微生物ラビリンチュラの魚粉/魚油代替水産飼料素材への事業化検証 招待あり

    林 雅弘

    スタートアップ総合支援プログラム(SBIR支援)マッチングイベント  2023年2月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微細藻類の産業利用及びその実用化・ビジネス展開 招待あり

    林 雅弘

    情報機構セミナー   2023年1月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  • Euglena gracilis における貯蔵多糖類パラミロン の高収率生産

    福田美月・林雅弘

    2022年度科学士講演会  (シーガイアコンベンションセンター)  2022年12月10日  マリンバイオテクノロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:シーガイアコンベンションセンター  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • AgriFood SBIRピッチ2023 ビジネス構想優秀賞

    2023年3月   ⽣物系特定産業技術研究⽀援センター  

    林 雅弘

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 日本農芸化学会2016年度大会トピックス賞

    2016年4月   日本農芸化学会  

    合田初美,持永聖也,濱口理恵,坂口圭史,伊東信,関口俊,石渡夕子,沖田裕司,本多大輔,林 雅弘

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 情動制御作用を有するプラズマローゲンのデザインと脳内輸送経路および標的細胞の 解明

    研究課題/領域番号:20K07918  2020年04月 - 2023年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 産業廃棄物を原料とする海洋微生物ラビリンチュラの魚粉/魚油代替水産飼料素材への事業化検証

    研究課題/領域番号:SU22C03  2022年10月 - 2023年03月

    国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構  スタートアップ総合支援プログラム(SBIR支援) 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 海洋分解性/生分解性を有する不織布素材の創生

    2021年05月 - 2022年03月

    文部科学省  A-STEPトライアウト 

    林 雅弘

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ユーグレナ由来の高アスペクト比パラミロンナノファイバーの体量調製法確立と素材利用への展開

    2020年08月 - 2024年03月

    文部科学省  OPERA 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ユーグレナ由来の高アスペクト比パラミロンナノファイバーの大量調製法確立と素材利用への展開

    2020年08月 - 2023年03月

    経済産業省  戦略的基盤技術高度化支援事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • カロテノイド高生産性微生物の探索と育種

    2020年04月 - 2024年03月

    文部科学省  OPERA 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ラビリンチュラによるバイオプラスチック生産に関する研究

    2022年05月 - 2023年03月

    株式会社ラビリンチュラ  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

研究・技術シーズ 【 表示 / 非表示