鈴木 祥広 (スズキ ヨシヒロ)

SUZUKI Yoshihiro

写真a

職名

教授

生年

1965年

研究分野・キーワード

環境領域

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7339

研究室FAX

0985-58-7344

ホームページ

http://www.suzuki-labo.com/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    北海道大学   水産学部   水産化学科海洋化学講座   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    北海道大学  水産学研究科  水産化学専攻海洋化学講座  博士課程  修了

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 技術士(水道)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 水環境における水質学・細菌学的フィールド調査・研究

    共同研究  

    研究期間: 2002年04月  -  継続中

  • 気泡を利用した汚染・汚濁物質の新規除去法の開発

    その他の研究制度  

    研究期間: 1998年04月  -  継続中

  • 鉱物学的解析手法を用いた水系流域・海岸の土砂輸送・堆積の解明

    その他の研究制度  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Antibiotic resistance profiling and genotyping of vancomycin-resistant enterococci collected from an urban river basin in the provincial city of Miyazaki, Japan

    Nishiyama M, Ogura Y, Hayashi T, Suzuki Y

    Water   9 ( 79 )   2017年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Distribution of antimicrobial resistant Salmonella in an urban river that flows through the provincial city of Miyazaki, Japan

    Suzuki Y, Ushijima M.

    Water and Environment Journal   30   290 - 297   2016年12月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • エジプト国ナイルデルタ流域における集落排水処理施設の構築とその運転状況

    小木曽凡芳, 大石貴行, 鈴木祥広

    環境技術   45 ( 9 ) 484 - 492   2016年09月  [査読有り]

    共著

  • Temporal variability in genetic patterns and antibiotic resistance profiles of enterococci isolated from human faeces

    Nishiyama M, Shimauchi H, Suzuki Y

    Microbes and Environments   31 ( 2 ) 182 - 185   2016年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Temporal variabilities in the genetic patterns and antibiotic resistance profiles of enterococci were monitored over a 7-month period. Enterococcus faecalis isolates (103 strains) collected from feces showed only one genetic pattern and antibiotic resistance profile within 0 d and 30 d. In contrast, after 60 d and 90 d, the genetic patterns and antibiotic resistance profiles of all E. faecalis isolates (8 strains) clearly differed within 30 d. These results indicate that the genetic patterns and antibiotic resistance profiles of E. faecalis in human feces changed to completely dissimilar patterns between 1 and 2 months.

    DOI

  • Concentration of MS2 Phage in River Water by a Combined Ferric Colloid Adsorption and Foam Separation-Based Method, with Ms2 Phage Leaching from Ferric Colloid

    Suzuki Y, Kobayashi T, Nishiyama M, Kono T

    Journal of Bioscience and Bioengineering   122 ( 2 ) 252 - 256   2016年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • New topics in water resouces research and management

    Suzuki, Y., and Maruyama, T. (担当: 共著 )

    Nova Science Publihers  2008年02月 ISBN: 978-1-60021-9

  • オゴノリの利用と展望

    鈴木祥広,丸山俊朗 (担当: 共著 )

    恒星社厚生閣(東京)全118頁  2001年10月

  • 水産養殖とゼロエミッション研究

    鈴木祥広,丸山俊朗 (担当: 共著 )

    恒星社厚生閣(東京)全140頁  1999年10月

  • アオサの利用と環境修復

    鈴木祥広,丸山俊朗 (担当: 共著 )

    成山堂書店(東京)全171頁  1999年05月

  • 海と海洋汚染

    松永勝彦,久万健志,鈴木祥広 (担当: 共著 )

    三共出版(東京)全106頁  1996年11月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県におけるダム貯水池の濁水原因の発生源追跡に関する研究

    鈴木祥広

    一般財団法人みやぎん経済研究所 調査月報   6 ( 277 ) 2 - 8   2016年06月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 宮崎の水環境における薬剤耐性菌の存在実態

    鈴木祥広

    用水と廃水 ( 産業用水調査会 )  57 ( 11 ) 773 - 773   2015年11月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 養殖排水の現状と課題ー水資源と内面養殖業

    鈴木祥広

    月刊下水道 ( 環境新聞社 )  38 ( 4 ) 13 - 19   2015年04月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 五ヶ瀬川と北川の一次生産を支配する質的制限因子の比較検討

    鈴木祥広

    五ヶ瀬川水系の総合研究 ( 河川生態学術研究会 )    5-1 - 5-13   2013年03月

    総説・解説(その他)   単著

  • 完全閉鎖循環式システムによるウイルスフリー親エビの生産

    鈴木祥広

    養殖 ( 緑書房 )    2010年05月

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • タンパク質を用いた泡沫分離法による細菌の選択的な分離回収装置及び分離回収方法

    特願 特願2005-4507 

    鈴木祥広,丸山俊朗,吉田照豊

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第53回環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞

    2016年12月   土木学会環境工学委員会   レクリエーションビーチの砂浜におけるふん便指標細菌の存在実態と細菌叢解析  

    受賞者:  寺西康太郎・西山正晃・鈴木祥広

  • 日本水環境学会九州沖縄支部学術賞

    2016年03月   日本水環境学会九州沖縄支部   宮崎の水環境における薬剤耐性菌の存在実態に関する調査・研究  

    受賞者:  鈴木祥広

  • 平成27年度宮崎銀行ふるさと振興助成事業助成 学術研究部門

    2016年01月22日   一般財団法人 みやぎん経済研究所  

    受賞者:  鈴木祥広

  • 第49回環境工学研究フォーラム環境技術・プロジェクト賞

    2012年11月30日   土木学会環境工学委員会  

    受賞者:  伊藤寿宏,鈴木祥広,渡邉一哉,井上謙吾

  • 第48回土木学会環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞

    2011年11月   土木学会環境工学委員会  

    受賞者:  濱崎祥大, 荒武久道, 山田和也, 齋藤剛, 鈴木祥広

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水環境における院内感染原因菌の薬剤耐性獲得・伝達ポテンシャルの評価

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     概要を見る

    本研究では,最重要な院内感染原因菌であり,一方で水環境のふん便汚染指標細菌でもある腸球菌をターゲットとする。都市河川上流から下流・河口に至る流域全体において,各流域から単離・同定した菌株について,重要な6~8種類の抗生物質に対する薬剤耐性試験を実施し,薬剤耐性菌の発現・集積エリアを推定する。その発現・集積エリアの環境を模して人工的環境によるin vitro実験を実施することによって,薬剤耐性の獲得が薬剤投与によるヒト体内のみであるのか,あるいは水環境においても耐性能力を獲得する可能性があるのかについて検討する。さらに,感染学分野で採用されているFilter Mating法を応用し,各条件におけるドナー株(薬剤耐性株)からレシピエント株(非耐性株)への薬剤耐性の伝搬率を測定し,薬剤耐性獲得・伝搬ポテンシャルを評価する。

  • 都市を経由する河川流域における薬剤耐性菌の実態調査とその対策技術の提案

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年03月  -  2014年03月 

     概要を見る

    都市を経由する河川流域における薬剤耐性菌について実態調査を行うとともに,耐性菌の対策技術の提案する。

  • 沿岸都市域におけるふん便性細菌の汚染状況の把握と汚染源追跡手法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年05月  -  2011年03月 

     概要を見る

    沿岸都市域の「みやざき」と調査フィールドとし,ふん便性細菌の汚染状況の把握するとともに,遺伝子解析法を利用した汚染源追跡手法の開発を目的とする。

  • 沿岸都市域におけるエストロゲンの環境動態の追跡と削減技術の開発に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月 

     概要を見る

    本研究では,沿岸都市域を研究対象とし,エストロゲンの河口・沿岸域における環境動態の追跡,ならびに新規のエストロゲン除去プロセスの開発について同時並行的に実施する。 (1)エストロゲンの河口・沿岸域における環境動態の追跡  沿岸都市域におけるエストロゲンの環境動態を追跡し,放流水量からエストロゲンの消長を定量的に明らかにする。 (2)エストロゲン除去プロセスの開発 下水高度処理プロセスを想定し,エストロゲン除去プロセスとしての物理化学的処理法と生物学的処理法について比較検討し,効率的な新規のプロセス導入を提案する。

  • タンパク質を用いた泡沫分離法によるエストロゲン様物質の除去に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2002年04月  -  2004年03月 

     概要を見る

    タンパク質を用いた本泡沫分離法によるエストロゲンの物理化学的処理について検討し,エストロゲンの除去能を明らかとする。さらに,都市下水からのエストロゲン除去プロセスとしての適用の可能性を検討する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県中部河川とそれに面する海岸における土砂の鉱物学的類似性の比較

    提供機関:  国土交通省  国土交通省河川砂防技術研究開発(地域課題分野)河川

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    宮崎県中部の河川流域,およびこれらに面する海岸を対象とし,各地点の土砂の鉱物学的特性の類似性,いわゆる“鉱物のDNA解析”によって,流域の土砂動態の実態を解明する。

  • 海産藻類を用いた生物応答試験による鉄鋼スラグの環境適合性評価

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人 鉄鋼環境基金 2014年度研究助成

    研究期間: 2014年11月  -  2015年10月 

     概要を見る

    海産藻類を供試生物とした迅速かつ低労力な生物応答試験法を開発する。そして,開発した試験法を用いて,鉄鋼スラグ溶出液の生態影響評価を実施する。

  • 宮崎県小丸川における置砂施工に用いる土砂の洗浄技術の開発

    提供機関:  国土交通省  国土交通省河川砂防技術研究開発(地域課題分野)河川

    研究期間: 2010年07月  -  2013年03月 

     概要を見る

    置砂施工に用いる土砂の洗浄技術の開発を目的とし,微細粒子フリーの土砂生産および洗浄で発生する濁水の簡易浄化について検討する。

  • 水系病原性微生物の泡沫への濃縮効果を利用した高感度検出技術

    提供機関:  独立法人科学技術振興機構  地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成20年度シーズ発掘研究

    研究期間: 2008年07月  -  2009年03月 

     概要を見る

    クリプトスポリジウム,病原性大腸菌あるいはノロウイルス等の病原性微生物が水を媒介しいてヒトに感染・発症する経路が明らかにされてきている。しかしながら,これら病原性微生物は下水や排水あるいは環境水に極めて低濃度で存在するため,医療分野で確立されている現行の遺伝子解析による検出法のみでは全く検出することが困難である。簡便に効率よく大量の水試料からターゲットとする微生物が分離・濃縮できれば公衆衛生の改善に大きく寄与できる。これらの病原性微生物は,共通して疎水性の細胞部位に付着しやすい性質を持っており,水中において気泡の気液界面にも吸着性が高いことが推察される。そこで,水試料に分散気泡を送気して発生する泡沫に微生物を濃縮し,その分離回収した泡沫について病原性微生物の存否(遺伝子解析法)を調べることによって,簡便かつ高感度良く病原性微生物を検出する技術の開発を目的として本研究課題を提案する。

  • 最先端クルマエビ養殖技術の構築

    提供機関:  独立法人農業・食品産業技術総合研究機構  生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業

    研究期間: 2006年08月  -  2011年03月 

     概要を見る

    宮崎大学工学部は,「病原ウィルスフリー親クルマエビの生産手法の確立」を目的として,完全閉鎖循環式飼育システムの開発に関する中心的役割を担う。本システムの開発には,病原ウィルスフリーエビの育成から♀親エビの成熟・産卵にいたる飼育・生産技術の開発も含む。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 下水処理水が流入する小河川で再増殖する大腸菌の遺伝子解析

    西山正晃, 福留健太, 太田優治, 鈴木祥広

    第51回日本水環境学会年会  (熊本大学)  2017年03月  -  2017年03月    日本水環境学会

  • 宮崎海岸における養浜の海岸保全効果の検証

    宮園昂, 板清智也, 伊藤健一, 鈴木祥広

    第51回日本水環境学会年会  (熊本大学)  2017年03月  -  2017年03月    日本水環境学会

  • 自然河川と都市河川における大腸菌の薬剤耐性プロファイルの比較

    西村恵美, 西山正晃, 糠澤桂, 鈴木祥広

    第51回日本水環境学会年会  (熊本大学)  2017年03月  -  2017年03月    日本水環境学会

  • 宮崎県耳川流域における分布型流出モデルの適用

    金山祐太, 糠澤桂, 鈴木祥広

    土木学会西部支部平成28年度西部支部研究発表会  (佐賀大学)  2017年03月  -  2017年03月    土木学会九州支部

  • 耳川のダム通砂運用前における河川生態系の実態評価

    白坂厚大, 糠澤桂, 鈴木祥広

    土木学会西部支部平成28年度西部支部研究発表会  (佐賀大学)  2017年03月  -  2017年03月    土木学会九州支部

全件表示 >>