鈴木 祥広 (スズキ ヨシヒロ)

SUZUKI Yoshihiro

写真a

職名

教授

生年

1965年

研究分野・キーワード

環境領域

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7339

研究室FAX

0985-58-7344

ホームページ

http://www.suzuki-labo.com/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    北海道大学   水産学部   水産化学科海洋化学講座   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    北海道大学  水産学研究科  水産化学専攻海洋化学講座  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(水産学)

  • 宮崎大学 -  博士(工学)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 技術士(水道)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 水環境における水質学・細菌学的フィールド調査・研究

    共同研究  

    研究期間: 2002年04月  -  継続中

  • 気泡を利用した汚染・汚濁物質の新規除去法の開発

    その他の研究制度  

    研究期間: 1998年04月  -  継続中

  • 鉱物学的解析手法を用いた水系流域・海岸の土砂輸送・堆積の解明

    その他の研究制度  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Bacterial flora analysis of coliforms in sewage, river water, and ground water using MALDI-TOF mass spectrometry

    Suzuki Y., Niina K., Matsuwaki T., Nukazawa K., Iguchi A.

    Journal of Environmental Science and Health - Part A Toxic/Hazardous Substances and Environmental Engineering   53 ( 2 ) 160 - 173   2018年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2018 Taylor & Francis Group, LLC. The aim of this study was to rapidly and effectively analyze coliforms, which are the most fundamental indicators of water quality for fecal pollution, using matrix-assisted laser desorption ionization time-of-flight mass spectrometry (MALDI-TOF MS). Coliform bacteria were isolated from municipal sewage, river water, and groundwater. For each sample, 100 isolates were determined by MALDI-TOF MS. In addition, these same 100 isolates were also identified via 16S rRNA gene sequence analysis. Obtained MALDI-TOF MS data were compared with the 16S rRNA sequencing analysis, and the validity of MALDI-TOF MS for classification of coliform bacteria was examined. The concordance rate of bacterial identification for the 100 isolates obtained by MALDI-TOF MS analysis and 16S rRNA gene sequence analysis for sewage, river water, and ground water were 96%, 74%, and 62% at the genus level, respectively. Among the sewage, river water, and ground water samples, the coliform bacterial flora were distinct. The dominant genus of coliforms in sewage, river water, and groundwater were Klebsiella spp., Enterobacter spp., and Serratia spp., respectively. We determined that MALDI-TOF MS is a rapid and accurate tool that can be used to identify coliforms. Therefore, without using conventional 16S rRNA sequencing, it is possible to rapidly and effectively classify coliforms in water using MALDI-TOF MS.

    DOI

  • Removal and recovery of heavy metals from industrial wastewater by precipitation and foam separation using lime and casein

    Byambaa M., Dolgor E., Shiomori K., Suzuki Y.

    Journal of Environmental Science and Technology   11 ( 1 ) 1 - 9   2018年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2018 Maralmaa Byambaa et al. Background and Objective: Even today, a strong need exists for the quick and easy removal and recovery of heavy metals from industrial wastewater at low cost. In this study, recovery of heavy metals from artificial wastewater containing Cr, Cu, Cd, Pb and Mo (each concentration, 10 mg L- 1 ) by precipitation and foam separation using lime and milk casein was investigated. In addition, the performance of foam separation was tested using mining tailing water collected from a mining plant. Materials and Methods: Lime was used as an alkaline agent for heavy-metal precipitation. Milk casein functioned as both a collector and a frother for foam separation. After the precipitation process, casein was added to the precipitated wastewater and foam separation was carried out. The removal efficiencies of heavy metals were determined by inductively plasma spectrometry. Results: Under the optimum alkaline condition at pH 9, where the pH was adjusted by lime addition and a casein dosage of 15 mg L- 1 , 96% of Cr, Cu, Cd and Pb were removed from the wastewater and recovered in the foam, however, Mo remained in the water. When the pH of the treated water was re-adjusted at 5.3 and the water was reprocessed by foam separation, 76% of Mo was removed from the treated water. To demonstrate the effectiveness of the proposed precipitation and foam separation method under actual conditions, it was applied to mining tailing water collected from an ore-mining facility in Mongolia. The removal efficiencies of heavy metals such as Mn, Fe and Cu included in the mining tailing water were greater than 85%. Furthermore, more than 90% of the suspended solids were also removed from the tailing water. Conclusion: The casein enabled the collection and recovery of the precipitation components of heavy metals within a total processing time of 10 min. Precipitation and foam separation using lime and casein is an effective and adaptable method for treating industrial effluents that contain heavy metals.

    DOI

  • 下水処理水が流入する小河川における大腸菌の調査

    鈴木 祥広, 西山 正晃, 糠澤 桂, 石井 聡

    水環境学会誌   41 ( 2 ) 19 - 26   2018年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>水環境におけるふん便指標細菌である大腸菌は, 環境中で再増殖することが知られており, 指標細菌としての妥当性が懸念されている。そこで本研究では, 下水処理水が流入する小河川において, 下水処理水の流入・混合後の流下過程における大腸菌数の変化について調査した。大腸菌のフラックスは, 上流地点と下水処理水の合計量よりも, その下流地点において増大する傾向を示した。また, 下流地点の底質で高密度の大腸菌数が検出された。そこで, パルスフィールド・ゲル電気泳動法によって大腸菌の遺伝子型の類似性を評価したところ, 上流の河川水, 河床付着物, ならびに底質から単離した大腸菌において遺伝子型の一致する株が確認された。以上のことから, 下水処理水の影響を強く受ける小河川では, 大腸菌が河床の付着物や底質に生残・蓄積しており, 再増殖する可能性も否定できないことが示唆された。河川における大腸菌数によるふん便汚染評価の解釈には, 留意する必要がある。</p>

    DOI CiNii

  • Negligible contribution of reservoir dams to organic and inorganic transport in the lower Mimi River, Japan

    Nukazawa K., Kihara K., Suzuki Y.

    Journal of Hydrology   555   288 - 297   2017年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2017 Elsevier B.V. Rivers fulfill an essential ecological role by forming networks for material transport from upland forests to coastal areas. The way in which dams affect the organic and inorganic cycles in such systems is not well understood. Herein, we investigated the longitudinal profiles of the various components of the water chemistry across three cascade dams in Japan: the Yamasubaru Dam, Saigou Dam, and Ohuchibaru Dam, which are situated along the sediment-productive Mimi River in different flow conditions. We analyzed the following water quality components: suspended solids (SS), turbidity, total iron (TFe), dissolved iron (DFe), total organic carbon (TOC), total nitrogen (TN), total phosphorus (TP), humic substance (HS), and major ionic components (Na + , Mg 2+ , Ca 2+ , Cl − , NO 3− , and SO 4 2− ) in the downstream channels of the three dams during the low–intermediate-flow and high-flow events from 2012 to 2014. We estimated hourly loads of each component using hourly turbidity data and discharge data (i.e., L–Q model) separately, and the results are integrated to estimate the annual fluxes. The annual fluxes between the methods were compared to verify predictability of the conventional L–Q models. Annual flux of TOC, TN, DFe, and HS estimated by the turbidity displayed similar values, whereas the flux of SS, TFe, and TP tended to increase downstream of the dams. Among the dams, estimated flux proportions for TP and TFe were higher during high-flow events (74%–94%). Considering geographic conditions (e.g., absence of major tributary between the dams), the result implies that accumulated TP and TFe in the reservoirs may be flushed and transported downstream with SS over the short height dams during flood events. Assuming this process, the reservoir dams probably make only a fractional contribution to the organic and inorganic transport in the catchment studied. The percent flux errors for SS, TFe, and TP fluxes ranged from −7.2% to −97% (except for the TP flux in 2013), which highlights the risk of underestimating these components when using an L–Q model.

    DOI

  • Antibiotic resistance profiling and genotyping of vancomycin-resistant enterococci collected from an urban river basin in the provincial city of Miyazaki, Japan

    Nishiyama M, Ogura Y, Hayashi T, Suzuki Y

    Water   9 ( 79 )   2017年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県におけるダム貯水池の濁水原因の発生源追跡に関する研究

    鈴木祥広

    一般財団法人みやぎん経済研究所 調査月報   6 ( 277 ) 2 - 8   2016年06月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 宮崎の水環境における薬剤耐性菌の存在実態

    鈴木祥広

    用水と廃水 ( 産業用水調査会 )  57 ( 11 ) 773 - 773   2015年11月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 養殖排水の現状と課題ー水資源と内面養殖業

    鈴木祥広

    月刊下水道 ( 環境新聞社 )  38 ( 4 ) 13 - 19   2015年04月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 五ヶ瀬川と北川の一次生産を支配する質的制限因子の比較検討

    鈴木祥広

    五ヶ瀬川水系の総合研究 ( 河川生態学術研究会 )    5-1 - 5-13   2013年03月

    総説・解説(その他)   単著

  • 完全閉鎖循環式システムによるウイルスフリー親エビの生産

    鈴木祥広

    養殖 ( 緑書房 )    2010年05月

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • タンパク質を用いた泡沫分離法による細菌の選択的な分離回収装置及び分離回収方法

    特願 特願2005-4507 

    鈴木祥広,丸山俊朗,吉田照豊

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第53回環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞

    2016年12月   土木学会環境工学委員会   レクリエーションビーチの砂浜におけるふん便指標細菌の存在実態と細菌叢解析  

    受賞者:  寺西康太郎・西山正晃・鈴木祥広

  • 日本水環境学会九州沖縄支部学術賞

    2016年03月   日本水環境学会九州沖縄支部   宮崎の水環境における薬剤耐性菌の存在実態に関する調査・研究  

    受賞者:  鈴木祥広

  • 平成27年度宮崎銀行ふるさと振興助成事業助成 学術研究部門

    2016年01月22日   一般財団法人 みやぎん経済研究所  

    受賞者:  鈴木祥広

  • 第49回環境工学研究フォーラム環境技術・プロジェクト賞

    2012年11月30日   土木学会環境工学委員会  

    受賞者:  伊藤寿宏,鈴木祥広,渡邉一哉,井上謙吾

  • 第48回土木学会環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞

    2011年11月   土木学会環境工学委員会  

    受賞者:  濱崎祥大, 荒武久道, 山田和也, 齋藤剛, 鈴木祥広

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水環境における院内感染原因菌の薬剤耐性獲得・伝達ポテンシャルの評価

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

     概要を見る

    本研究では,最重要な院内感染原因菌であり,一方で水環境のふん便汚染指標細菌でもある腸球菌をターゲットとする。都市河川上流から下流・河口に至る流域全体において,各流域から単離・同定した菌株について,重要な6~8種類の抗生物質に対する薬剤耐性試験を実施し,薬剤耐性菌の発現・集積エリアを推定する。その発現・集積エリアの環境を模して人工的環境によるin vitro実験を実施することによって,薬剤耐性の獲得が薬剤投与によるヒト体内のみであるのか,あるいは水環境においても耐性能力を獲得する可能性があるのかについて検討する。さらに,感染学分野で採用されているFilter Mating法を応用し,各条件におけるドナー株(薬剤耐性株)からレシピエント株(非耐性株)への薬剤耐性の伝搬率を測定し,薬剤耐性獲得・伝搬ポテンシャルを評価する。

  • 都市を経由する河川流域における薬剤耐性菌の実態調査とその対策技術の提案

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年03月  -  2014年03月 

     概要を見る

    都市を経由する河川流域における薬剤耐性菌について実態調査を行うとともに,耐性菌の対策技術の提案する。

  • 沿岸都市域におけるふん便性細菌の汚染状況の把握と汚染源追跡手法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年05月  -  2011年03月 

     概要を見る

    沿岸都市域の「みやざき」と調査フィールドとし,ふん便性細菌の汚染状況の把握するとともに,遺伝子解析法を利用した汚染源追跡手法の開発を目的とする。

  • 沿岸都市域におけるエストロゲンの環境動態の追跡と削減技術の開発に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月 

     概要を見る

    本研究では,沿岸都市域を研究対象とし,エストロゲンの河口・沿岸域における環境動態の追跡,ならびに新規のエストロゲン除去プロセスの開発について同時並行的に実施する。 (1)エストロゲンの河口・沿岸域における環境動態の追跡  沿岸都市域におけるエストロゲンの環境動態を追跡し,放流水量からエストロゲンの消長を定量的に明らかにする。 (2)エストロゲン除去プロセスの開発 下水高度処理プロセスを想定し,エストロゲン除去プロセスとしての物理化学的処理法と生物学的処理法について比較検討し,効率的な新規のプロセス導入を提案する。

  • タンパク質を用いた泡沫分離法によるエストロゲン様物質の除去に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2002年04月  -  2004年03月 

     概要を見る

    タンパク質を用いた本泡沫分離法によるエストロゲンの物理化学的処理について検討し,エストロゲンの除去能を明らかとする。さらに,都市下水からのエストロゲン除去プロセスとしての適用の可能性を検討する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県中部河川とそれに面する海岸における土砂の鉱物学的類似性の比較

    提供機関:  国土交通省  国土交通省河川砂防技術研究開発(地域課題分野)河川

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    宮崎県中部の河川流域,およびこれらに面する海岸を対象とし,各地点の土砂の鉱物学的特性の類似性,いわゆる“鉱物のDNA解析”によって,流域の土砂動態の実態を解明する。

  • 海産藻類を用いた生物応答試験による鉄鋼スラグの環境適合性評価

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人 鉄鋼環境基金 2014年度研究助成

    研究期間: 2014年11月  -  2015年10月 

     概要を見る

    海産藻類を供試生物とした迅速かつ低労力な生物応答試験法を開発する。そして,開発した試験法を用いて,鉄鋼スラグ溶出液の生態影響評価を実施する。

  • 宮崎県小丸川における置砂施工に用いる土砂の洗浄技術の開発

    提供機関:  国土交通省  国土交通省河川砂防技術研究開発(地域課題分野)河川

    研究期間: 2010年07月  -  2013年03月 

     概要を見る

    置砂施工に用いる土砂の洗浄技術の開発を目的とし,微細粒子フリーの土砂生産および洗浄で発生する濁水の簡易浄化について検討する。

  • 水系病原性微生物の泡沫への濃縮効果を利用した高感度検出技術

    提供機関:  独立法人科学技術振興機構  地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成20年度シーズ発掘研究

    研究期間: 2008年07月  -  2009年03月 

     概要を見る

    クリプトスポリジウム,病原性大腸菌あるいはノロウイルス等の病原性微生物が水を媒介しいてヒトに感染・発症する経路が明らかにされてきている。しかしながら,これら病原性微生物は下水や排水あるいは環境水に極めて低濃度で存在するため,医療分野で確立されている現行の遺伝子解析による検出法のみでは全く検出することが困難である。簡便に効率よく大量の水試料からターゲットとする微生物が分離・濃縮できれば公衆衛生の改善に大きく寄与できる。これらの病原性微生物は,共通して疎水性の細胞部位に付着しやすい性質を持っており,水中において気泡の気液界面にも吸着性が高いことが推察される。そこで,水試料に分散気泡を送気して発生する泡沫に微生物を濃縮し,その分離回収した泡沫について病原性微生物の存否(遺伝子解析法)を調べることによって,簡便かつ高感度良く病原性微生物を検出する技術の開発を目的として本研究課題を提案する。

  • 最先端クルマエビ養殖技術の構築

    提供機関:  独立法人農業・食品産業技術総合研究機構  生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業

    研究期間: 2006年08月  -  2011年03月 

     概要を見る

    宮崎大学工学部は,「病原ウィルスフリー親クルマエビの生産手法の確立」を目的として,完全閉鎖循環式飼育システムの開発に関する中心的役割を担う。本システムの開発には,病原ウィルスフリーエビの育成から♀親エビの成熟・産卵にいたる飼育・生産技術の開発も含む。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 河川上流から河口域に至るDNA濃度の変化

    軸丸淳史, 糠澤桂, 鈴木祥広

    第52回日本水環境学会年会  (北海道大学)  2018年03月  -  2018年03月    日本水環境学会

  • 消化汚泥処理における高分子凝集剤の最適添加率を支配する因子

    遠藤圭吾, 大幸和佳奈, 古橋勇一, 仲元寺宣明, 糠澤桂, 鈴木祥広

    第52回日本水環境学会年会  (北海道大学)  2018年03月  -  2018年03月    日本水環境学会

  • 下水と河川水における大腸菌のphylogroup 分類の比較

    上田卓矢, 糠澤桂, 鈴木祥広

    第52回日本水環境学会年会  (北海道大学)  2018年03月  -  2018年03月    日本水環境学会

  • A study on removal and recovery of heavy metals from industrial wastewater by precipitation and foam separation

    M. Byambaa, E. Dolgor, K. Shiomori, Y. Suzuki

    日本水環境学会 H29年度九州沖縄支部研究発表会  (熊本大学)  2018年03月  -  2018年03月    日本水環境学会九州沖縄支部

  • 自然河川の最上流域における薬剤耐性腸球菌の実態調査

    西村恵美, 糠澤桂, 鈴木祥広

    日本水環境学会 H29年度九州沖縄支部研究発表会  (熊本大学)  2018年03月  -  2018年03月    日本水環境学会九州沖縄支部

全件表示 >>