鈴木 祥広 (スズキ ヨシヒロ)

SUZUKI Yoshihiro

写真a

所属

工学教育研究部 工学科土木環境工学プログラム担当

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(水産学) ( 1994年3月   北海道大学 )

  • 博士(工学) ( 2001年9月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術

  • 環境・農学 / 環境動態解析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Plant debris are hotbeds for pathogenic bacteria on recreational sandy beaches 査読あり

    Suzuki, Y., Shimizu, H., Kuroda, T., Takada, Y. and Nukazawa, K.

    Scientifc Reports   11   11496   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-91066-w

  • Comparison of antibiotic resistance profile of Escherichia coli between pristine and human-Impacted sites in a river 査読あり

    Nishimura, E., Nishiyama, M., Nukazawa, K. and Suzuki, Y.

    Antibiotics   10   575   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/antibiotics10050575

  • Mineralogical fingerprinting to characterize spatial distribution of coastal and riverine sediments in southern Japan 査読あり

    Nukazawa, K., Itakiyo, T., Ito, K., Sato, S., Oishi, H. and Suzuki, Y.

    Catena   203   105323   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.catena.2021.105323

  • 土地利用情報を加えた時空間分析による地下水中の硝酸性窒素濃度の補間 査読あり

    岡透, 中川啓, 野中尋史, 廣田雅春, 鈴木祥広

    水文・水資源学会誌   34 ( 3 )   193 - 203   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gradients of flow regulation shape community structures of stream fishes and insects within a catchment subject to typhoon events 査読あり

    Nukazawa, K., Shirasaka, K., Kajiwara, S., Saito, T., Irie, M. and Suzuki, Y.

    Science of The Total Environment   748   141398   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scitotenv.2020.141398

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • A Membrane-Free Alternative Method for Concentration of Live Microorganisms by Foam Separation. In Monitoring Artificial Materials and Microbes in Marine Ecosystems: Interactions and Assessment Methods. Takahashi, T. (ed).

    Suzuki, Y.( 担当: 単著)

    Bentham Science Publishers  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:89-99   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Capther 3 Eel Anguilla japonica—towards zero emission, In Application of recirculating aquaculture systems in Japan, T. Takeuchi Ed.

    Y. Suzuki, T. Maruyama( 担当: 分担執筆)

    Springer Japan  2017年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:333   担当ページ:57-74   記述言語:英語

  • Chapter 6 Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus, In Application of recirculating aquaculture systems in Japan, T. Takeuchi Ed.

    Y. Suzuki( 担当: 分担執筆)

    Springer Japan  2017年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:333   担当ページ:127-144   記述言語:英語

  • New topics in water resouces research and management

    Suzuki, Y., and Maruyama, T.( 担当: 共著)

    Nova Science Publihers  2008年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • オゴノリの利用と展望

    鈴木祥広,丸山俊朗( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣(東京)全118頁  2001年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 凝集・泡沫濃縮法を利⽤した河川⽔からの病原⼤腸菌の⾼感度検出および単離⼿法の開発

    ⽚渕真⼈, 清⽔宏樹, 糠澤桂, 鈴⽊祥広

    第28回地球環境シンポジウム講演集   11 - 16   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • ⽔環境からの⼤腸菌病原遺伝⼦ 7 種の⼀⻫検出系の確⽴

    清⽔宏樹, 真砂佳史, ⼩椋義俊, 糠澤桂, 鈴⽊祥広

    第28回地球環境シンポジウム講演集   1 - 3   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 都市下⽔の⽣物処理過程における⽣残⼤腸菌の系統群と薬剤耐性率の変化

    謝暉, ⼩椋義俊, 糠澤桂, 鈴⽊祥広

    第28回地球環境シンポジウム講演集   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 「日本のひなた」みやざきの水環境 招待あり

    鈴木祥広

    水環境学会誌   43 ( 7 )   215   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 水環境におけるバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)の分布とVRE耐性遺伝子の伝播ポテンシャルの評価 招待あり 査読あり

    西山正晃, 鈴木祥広

    環境バイオテクノロジー学会誌   20 ( 1 )   63 - 69   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • コロイド吸着と泡沫濃縮を利用した 細胞外DNAの超高感度検出・定量法の開発

    玉井荘一郎, 鈴木祥広, 糠澤桂

    2020年度 日本水環境学会 九州沖縄支部 研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ダムの影響を考慮した機械学習による底生動物分布モデルの構築

    田中凌央, 糠澤桂, 鈴木祥広

    2020年度 日本水環境学会 九州沖縄支部 研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下水処理水中に生残する薬剤耐性大腸菌群から河川由来の感受性大腸菌への薬剤耐性の伝播

    謝暉, 小椋義俊, 糠澤桂, 鈴木祥広

    第 55 回 日本水環境学会年会(京都大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月10日 - 2021年3月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • マイクロサンドを用いたバラスト凝集処理における最適条件に関する基礎的研究

    角領将, 安中祐子, 仲元寺宣明, 糠澤桂, 鈴木祥広

    第 55 回 日本水環境学会年会(京都大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月10日 - 2021年3月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • A pretreatment process for seawater desalination using precipitation softening 国際会議

    Yadai, T., Nukazawa, K. and Suzuki, Y.

    Water and Environment Technology Conference (WET2020)  (WET2020-online)  日本水環境学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月7日 - 2020年11月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WET2020-online  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第53回環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞

    2016年12月   土木学会環境工学委員会   レクリエーションビーチの砂浜におけるふん便指標細菌の存在実態と細菌叢解析

    寺西康太郎・西山正晃・鈴木祥広

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本水環境学会九州沖縄支部学術賞

    2016年3月   日本水環境学会九州沖縄支部   宮崎の水環境における薬剤耐性菌の存在実態に関する調査・研究

    鈴木祥広

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成27年度宮崎銀行ふるさと振興助成事業助成 学術研究部門

    2016年1月   一般財団法人 みやぎん経済研究所  

    鈴木祥広

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 第49回環境工学研究フォーラム環境技術・プロジェクト賞

    2012年11月   土木学会環境工学委員会  

    伊藤寿宏,鈴木祥広,渡邉一哉,井上謙吾

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第48回土木学会環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞

    2011年11月   土木学会環境工学委員会  

    瀧田敏之, 鈴木祥広

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 泡沫濃縮と次世代シーケンシングを利用した水環境中の病原細菌一斉検出法の開発

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    鈴木 祥広、真砂 佳史

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    我が国は,水道や下水道などの公衆衛生に係る社会基盤が整備されているにも関わらず,水系感染症の発生事例は後を絶たない
    。感染リスクを大幅に軽減するためには,水道水源や農業・水産用水源,そして,下水処理水放流先となる水環境に存在する病
    原細菌の存否と存在する菌種を網羅的に一斉検出する必要がある。しかしながら,対象とする水試料には多種多様な細菌が極低
    濃度で混在しており,既存の検査法で検出することは極めて困難である。そこで,我々が開発した大容量の水試料からの高効率
    な病原細菌濃縮技術(泡沫分離法)と近年開発が進む次世代シーケンシング技術を組み合わせることによって,①水試料中から
    全ての細菌を超高濃度に濃縮し,②病原関連遺伝子を一斉検出する手法を開発する。

  • 水環境における院内感染原因菌の薬剤耐性獲得・伝達ポテンシャルの評価

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では,最重要な院内感染原因菌であり,一方で水環境のふん便汚染指標細菌でもある腸球菌をターゲットとする。都市河川上流から下流・河口に至る流域全体において,各流域から単離・同定した菌株について,重要な6~8種類の抗生物質に対する薬剤耐性試験を実施し,薬剤耐性菌の発現・集積エリアを推定する。その発現・集積エリアの環境を模して人工的環境によるin vitro実験を実施することによって,薬剤耐性の獲得が薬剤投与によるヒト体内のみであるのか,あるいは水環境においても耐性能力を獲得する可能性があるのかについて検討する。さらに,感染学分野で採用されているFilter Mating法を応用し,各条件におけるドナー株(薬剤耐性株)からレシピエント株(非耐性株)への薬剤耐性の伝搬率を測定し,薬剤耐性獲得・伝搬ポテンシャルを評価する。

  • 都市を経由する河川流域における薬剤耐性菌の実態調査とその対策技術の提案

    2011年03月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    都市を経由する河川流域における薬剤耐性菌について実態調査を行うとともに,耐性菌の対策技術の提案する。

  • 沿岸都市域におけるふん便性細菌の汚染状況の把握と汚染源追跡手法の開発

    2007年05月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    沿岸都市域の「みやざき」と調査フィールドとし,ふん便性細菌の汚染状況の把握するとともに,遺伝子解析法を利用した汚染源追跡手法の開発を目的とする。

  • 沿岸都市域におけるエストロゲンの環境動態の追跡と削減技術の開発に関する研究

    2004年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    本研究では,沿岸都市域を研究対象とし,エストロゲンの河口・沿岸域における環境動態の追跡,ならびに新規のエストロゲン除去プロセスの開発について同時並行的に実施する。
    (1)エストロゲンの河口・沿岸域における環境動態の追跡
     沿岸都市域におけるエストロゲンの環境動態を追跡し,放流水量からエストロゲンの消長を定量的に明らかにする。
    (2)エストロゲン除去プロセスの開発
    下水高度処理プロセスを想定し,エストロゲン除去プロセスとしての物理化学的処理法と生物学的処理法について比較検討し,効率的な新規のプロセス導入を提案する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 下水処理場から放流される薬剤耐性菌と耐性遺伝子が水環境の細菌に及ぼす影響

    2018年11月 - 2021年03月

    国立研究開発法人科学技術推進機構  未来社会創生事業 

    渡部 徹、鈴木 祥広

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 宮崎県中部河川とそれに面する海岸における土砂の鉱物学的類似性の比較

    2015年04月 - 2018年03月

    国土交通省  国土交通省河川砂防技術研究開発(地域課題分野)河川 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    宮崎県中部の河川流域,およびこれらに面する海岸を対象とし,各地点の土砂の鉱物学的特性の類似性,いわゆる“鉱物のDNA解析”によって,流域の土砂動態の実態を解明する。

  • 海産藻類を用いた生物応答試験による鉄鋼スラグの環境適合性評価

    2014年11月 - 2015年10月

    民間財団等  公益財団法人 鉄鋼環境基金 2014年度研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    海産藻類を供試生物とした迅速かつ低労力な生物応答試験法を開発する。そして,開発した試験法を用いて,鉄鋼スラグ溶出液の生態影響評価を実施する。

  • 宮崎県小丸川における置砂施工に用いる土砂の洗浄技術の開発

    2010年07月 - 2013年03月

    国土交通省  国土交通省河川砂防技術研究開発(地域課題分野)河川 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    置砂施工に用いる土砂の洗浄技術の開発を目的とし,微細粒子フリーの土砂生産および洗浄で発生する濁水の簡易浄化について検討する。

  • 水系病原性微生物の泡沫への濃縮効果を利用した高感度検出技術

    2008年07月 - 2009年03月

    独立法人科学技術振興機構  地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成20年度シーズ発掘研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    クリプトスポリジウム,病原性大腸菌あるいはノロウイルス等の病原性微生物が水を媒介しいてヒトに感染・発症する経路が明らかにされてきている。しかしながら,これら病原性微生物は下水や排水あるいは環境水に極めて低濃度で存在するため,医療分野で確立されている現行の遺伝子解析による検出法のみでは全く検出することが困難である。簡便に効率よく大量の水試料からターゲットとする微生物が分離・濃縮できれば公衆衛生の改善に大きく寄与できる。これらの病原性微生物は,共通して疎水性の細胞部位に付着しやすい性質を持っており,水中において気泡の気液界面にも吸着性が高いことが推察される。そこで,水試料に分散気泡を送気して発生する泡沫に微生物を濃縮し,その分離回収した泡沫について病原性微生物の存否(遺伝子解析法)を調べることによって,簡便かつ高感度良く病原性微生物を検出する技術の開発を目的として本研究課題を提案する。

全件表示 >>