DENG Gang

写真a

Affiliation

Engineering educational research section Mechanical Intelligence Engineering Program

Title

Professor

External Link

Degree 【 display / non-display

  • Bachelor of Engineering ( 1982.2   Chongqing Univerisity )

  • Master of Engineering ( 1984.11   Chongqing Univerisity )

  • Doctor(Engineering) ( 1990.3   Tohoku University )

Research Areas 【 display / non-display

  • Life Science / Orthopedics

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Design engineering

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Machine elements and tribology

 

Papers 【 display / non-display

  • Thinking about the Problems in the Faculty Mechanical Engineering Program from the Experience of Design Training Reviewed

    DENG Gang, BONKOBARA Yasuhiro

    Journal of JSEE   70 ( 5 )   5_16 - 5_23   2022.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japanese Society for Engineering Education  

    DOI: 10.4307/jsee.70.5_16

    CiNii Research

  • Relationship Between Bending Fatigue Strength Expressed by Actual Stress and Stress Gradient at Critical Point

    TODA Atsuya, NUKI Tatsunori, SUN Cheng, ZHU Shijie, DENG Gang

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan   2023 ( 0 )   S112p-01   2023

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Japan Society of Mechanical Engineers  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2023.s112p-01

    CiNii Research

  • Verification of the Small Region Yield During Three-point Bending Fatigue Test by the Use of Cutting Method.

    HIRAO Yutaka, KANO Takuya, DENG Gang

    The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan   2023 ( 0 )   S112p-06   2023

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:The Japan Society of Mechanical Engineers  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2023.s112p-06

    CiNii Research

  • 円板状半月板モデルを用いた半月板切除量と膝関節への影響

    松本大世,横江琢示,大内宏輝,Deng Gang,帖佐悦男

    臨床バイオメカニクス学会講演会概要集   2022 ( 0 )   1 - 1   2022.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:公益社団法人 日本工学教育協会  

  • 変形性股関節症患者の歩行時における歩行姿勢と股関節半力の関係

    鑓水浩平,大内宏輝,松本大世,デン ガン,山子剛,鳥取部光司,帖佐悦男

    臨床バイオメカニクス学会講演会概要集   2022 ( 0 )   1 - 1   2022.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:公益社団法人 日本工学教育協会  

display all >>

Books 【 display / non-display

  • Practical Methods for Crack Length Measurement and Fatigue Crack Initiation Detection Using Ion-Sputtered Film and Crack Growth Characteristics in Glass and Ceramics

    Gang DENG, Tsutomu NAKANISHI( Role: Joint author)

    INTECH  2011.7 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

MISC 【 display / non-display

  • 立ち上がり動作と座り動作におけるfCoP と SEMG 測定に基づく膝装具の評価

    鄧 鋼、帖佐 悦男、鳥取部 光司、大内 宏輝、宮崎 茂明、阿部 歳樹、 古池 仁暢

    第48回日本臨床バイオメカニクス学会   2021.11

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 人工関節置換術施術後の生活向上のための高負荷の運動に関する研究

    形田 祐輔、大内 宏輝、中村 嘉宏、山子 剛、Deng Gang1、荒川 英樹、 鳥取部 光司、帖佐 悦男

    第48回日本臨床バイオメカニクス学会   2021.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 片側変形性股関節症患者の歩行時の姿勢と股関節反力に関する研究

    松本 大世、大内 宏輝、山子 剛、荒川 英樹、鳥取部 光司、 帖佐 悦男、Deng Gang

    第48回日本臨床バイオメカニクス学会   2021.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • フォースプレートを用いた立ち上がり動作解析による ロコモティブシンドロームの評価とロコモ年齢

    山子 剛、Niroshan G. Punchihewa、Deng Gang、鳥取部 光司、 荒川 英樹、帖佐 悦男

    第48回日本臨床バイオメカニクス学会   2021.11

     More details

    Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 片側変形性股関節症患者を対象とした THA 術前後の歩行時における股関節反力の 比較

    松本 大世、大内 宏輝、山子 剛、荒川 英樹、鳥取部 光司、帖佐 悦男、Deng Gang

    第47回日本臨床バイオメカニクス学会   2020.11

     More details

    Authorship:Corresponding author   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Relationship Between Bending Fatigue Strength Shown by Actual Stress and Stress Gradient at Critical Point

    2023.9.5 

     More details

    Event date: 2023.9.4 - 2023.9.6

    Presentation type:Poster presentation  

  • Verification of the small region yield during three-point bending fatigue test by the use of cutting method

    2023.9.5 

     More details

    Event date: 2023.9.4 - 2023.9.6

    Presentation type:Poster presentation  

  • 曲げ疲労強度と危険点での応力勾配との関係

    貫 辰徳,戸田 敦也, 孫 誠,朱 世杰,正 鄧 鋼

    日本機械学会九州支部九州学生会第54回卒業研究講演会  (新潟)  日本臨床バイオメカニクス学会

     More details

    Event date: 2023.3.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:新潟  

  • ステッピングモータを用いたしゃくり機能付き釣り機の開発

    白數燿亮, 藤野大成, 鄧 鋼

    日本機械学会九州支部九州学生会第54回卒業研究講演会  (新潟)  日本臨床バイオメカニクス学会

     More details

    Event date: 2023.3.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:新潟  

  • 曲げ疲労実験における小域降伏の検証に関する研究

    加納卓弥,平尾 裕貴,正 鄧 鋼

    日本機械学会九州支部九州学生会第54回卒業研究講演会  (新潟)  日本臨床バイオメカニクス学会

     More details

    Event date: 2023.3.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:新潟  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 教育賞

    2023.7   九州工学教育協会   ユニークなテーマで22年間継続して実施した機械系のデザイン教育

    鄧 鋼

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 企業が理工系人材に求めるコンピテンシーと大学に求めるカリキュラム

    Grant number:19K02891  2019.04 - 2022.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    本研究の目的は、実際に企業で働く技術者の視点から、高専、専門学校、大学といった高等教育機関における理工系人材育成で身につけるべきコンピテンシーを実証的に明らかにすることにある。データ収集のため中堅技術者に対してインタビューをおこない、データの分析を通してコンピテンシーを明文化する。もうひとつの目的は、ここで定義したコンピテンシーを大学で育成するためのカリキュラムについて検討することである。

  • アクティブラーニングによる学士課程教育の刷新とそれを可能にする組織開発

    2015.04 - 2019.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    アクティブラーニング(AL)で高い効果を上げている国内外の成功事例を分析し、その事実に基づいて現在の学士課程における教育改革を阻む原因を明らかにする.

  • スパッタ膜を用いたき裂発生寿命の実測に基づく疲労強度に及ぼす表面状態の影響評価

    2009.04 - 2010.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    スパッタ膜を用いたき裂発生寿命の実測に基づく疲労強度に及ぼす表面状態の影響評価

  • スパッタ膜を用いたき裂発生寿命の実測に基づく疲労強度に及ぼす表面状態の影響評価

    2008.04 - 2009.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    スパッタ膜を用いたき裂発生寿命の実測に基づく疲労強度に及ぼす表面状態の影響評価

  • スパッタ膜を用いたき裂発生寿命の実測に基づく疲労強度に及ぼす表面状態の影響評価

    2007.04 - 2008.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    スパッタ膜を用いたき裂発生寿命の実測に基づく疲労強度に及ぼす表面状態の影響評価

display all >>

Other research activities 【 display / non-display

  • 板バネを用いた膝装具・サポーターの開発

    2018.04

     More details

    複数の板バネとカムを用いたリハビリ用装具またはレジャー用サポーターを地元企業と共同開発している

  • 鶏皮串の自動生産技術と機械の開発

    2017.04

     More details

    焼き鳥用鶏皮串の自動生産方法と生産機械の開発(地元機械メーカー,食品生産業,銀行の連携による共同研究).特許出願あり,実用化見通しあり

  • ロコも年齢測定システムの開発

    2017.03

     More details

    立ち上がり能力自動測定システムの開発

  • 引き縄漁用自動しゃくり機の開発

    2016.04

     More details

    沿海漁業の支援技術の開発とフィールド実験(地元企業,漁協,水産試験場の参加による研究開発).実用化の予定あり

Available Technology 【 display / non-display