髙木 正博 (タカギ マサヒロ)

TAKAGI Masahiro

写真a

職名

教授

研究室住所

宮崎市田野町乙11300

研究室電話番号

0985-86-0036

研究室FAX番号

0985-86-2551

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1997年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 森林科学

  • 環境・農学 / 環境動態解析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Assessing insect herbivory on broadleaf canopy trees at 19 natural forest sites across Japan 査読あり

    Hino Takafumi et al.

    Ecological Research   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1440-1703.12215

  • COSORE: A community database for continuous soil respiration and other soil‐atmosphere greenhouse gas flux data 査読あり

    Ben Bond‐Lamberty 他 94人中77番目

    Global Change Biology   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gcb.15353

  • Regional and topographic growth variation among 45-year-old clonal plantations of Cryptomeria japonica: effects of genotype and phenotypic plasticity 査読あり

    Enoki T., Takagi M., Ugawa S., Nabeshima E., Ishii H.

    Journal of Forest Research   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Forest Research  

    Success of clonal tree plantations depends on genotype as well as phenotypic plasticity, which determines acclimation potential of individual trees to different environmental conditions. Short-term acclimation of genotypes to local growing conditions can be tested using clonal trials, but stand productivity and yield depends on the ability of the genotype to acclimate to long-term environmental variation. In Japan, clonal plantations of Cryptomeria japonica (Thunb. ex L. f.) D. Don are common and many elite clones have been developed. We evaluated growth of clonal C. japonica plantations in 45-year-old clonal trials taking into account effects of both genotype, environment and their interaction (i.e., phenotypic plasticity). In all five sites, tree sizes were larger for clonal cultivars evaluated initially as “early-growth type” than for the “late-growth type” cultivars. All cultivars showed decrease in tree height from lower to upper slope. The differences in tree growth among cultivars were more marked in sites where trees grew well, suggesting poor site conditions prevented the early-growth cultivars from fully exploiting their growth potential. Phenotypic plasticity of each cultivar was evaluated as growth variation among sites (regional variation) and along slope within sites (topographic variation). Plasticity was observed at both regional and topographic scales and cultivars with higher plasticity generally grew larger. The result of our study suggested that genotypes with greater phenotypic plasticity may possess greater acclimation potential, enabling them to grow well under a wide range of environmental conditions.

    DOI: 10.1080/13416979.2020.1767267

    Scopus

  • ハナガガシおよびイチイガシの生育環境と葉とシュートの生理生態的特性の対応 査読あり

    伊藤 哲, 笠 政美, 髙木 正博, 作田 耕太郎, 平田 令子

    森林立地   61 ( 2 )   61 - 67   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:森林立地学会  

    <p>ハナガガシの分布が斜面下部に集中する原因を生理生態的特性から明らかにする目的で,葉とシュートの生理生態的な可塑性を,地形的な分布範囲が広いイチイガシと比較した。下部斜面には,高頻度の撹乱によって維持される好適な光環境と,良好な水分環境という二つの生育環境が想定される。このどちらがハナガガシの生育に影響するかを検証するために,適潤立地の陽樹冠と陰樹冠,および乾性立地の陽樹冠から葉とシュートを採取し,ガス交換特性,水分生理特性,および葉とシュートの形態を比較した。葉の最大光合成速度,暗呼吸速度,および光補償点に樹種間差はほとんど見られず,ハナガガシがイチイガシと同等の耐陰性をもつことが明らかとなった。一方,P-V曲線法で求めた葉の水分特性値では明瞭な樹種間差がみられた。ハナガガシでは,飽水時の浸透ポテンシャル(<i>Ψs,sat</i>),原形質分離時の水ポテンシャル(<i>Ψl,tlp</i>),原形質分離時の相対含水率(<i>RWCtlp</i>)および原形質分離までに損失可能な単位面積当りの水分量(<i>Wtlp/LA</i>)のいずれもシュートの生育環境間でほぼ差がなく,水分生理特性の可塑性が低かった。これに対してイチイガシでは,より乾燥しやすい環境で<i>Ψs,sat</i>および<i>Ψl,tlp</i>の低下や<i>Wtlp/LA</i>の増加がみられ,高い可塑性を示していた。また,イチイガシではハナガガシよりも当年生シュートの総葉面積に対する枝基部断面積の比の変動幅が大きく,シュートの形態の面でも高い可塑性を有することが示された。以上の結果から,ハナガガシの葉およびシュートの水分特性の可塑性が低いことが,ハナガガシの分布が水分環境のよい斜面下部に限定される要因の一つであると考えられた。</p>

    DOI: 10.18922/jjfe.61.2_61

    CiNii Article

  • Carbon and nitrogen exports from forested headwater catchment in southwestern Japan 査読あり

    Takagi M., Haga H.

    Biogeochemistry   145 ( 1-2 )   35 - 46   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biogeochemistry  

    © 2019, Springer Nature Switzerland AG. Accurate estimation of carbon and nitrogen exports from forest ecosystems via streams is important because of the critical role these losses play in the carbon and nitrogen budgets in forest ecosystems. However, little is known about the export of carbon and nitrogen from small hilly catchment under an East Asian monsoon climate In this study, carbon and nitrogen exports in both particulate and dissolved forms were measured under baseflow and stormflow conditions of a forested catchment in southwestern Japan. Coarse particulate matter (CPM) was collected continuously by using mesh frames deployed across a channel. Exports of fine particulate matter (FPM) and dissolved organic and inorganic matter were calculated by using load–discharge relationships. Total estimated yields for carbon and nitrogen were 369.6 kg ha−1 year−1 and 18.3 kg ha−1 year−1, respectively. FPM accounted for more than 60% of the total stream yield of both carbon and nitrogen, and was on the upper end of the range found in worldwide reviews. The contribution of CPM to the total yield was limited to 2% and 1% for carbon and nitrogen, respectively. Most of the carbon (81%) and nitrogen (93%) was exported by stormflows which occurred only 8% of the time. Large rainstorms occurred during the bai-u season and typhoons, which is a typical rainfall pattern in the monsoon climate. Therefore, to estimate the total yield of carbon and nitrogen from hilly catchments experiencing large frequent storms, adequate sampling and computation particularly of FPM export by stormflows is critical.

    DOI: 10.1007/s10533-019-00588-z

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Ecology of Riparian Forests in Japan

    S Ito, Y Mitsuda, GP Buckley, M Takagi( 担当: 共著 ,  範囲: section 20 )

    Springer  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 森林フィールドサイエンス(共著)

    全国大学演習林協議会( 担当: 編集)

    朝倉書店  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 全国大学演習林協議会・公開森林実習「日本の森を制覇しよう」 招待あり

    髙木正博

    森林科学   ( 91 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    DOI: 10.11519/jjsk.91.0_39

  • 大学演習林での教育研究ネットワークの最新動向 招待あり

    柴田英昭,高木正博 他

    森林環境   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 南九州地方を代表するヒノキ壮齢林と常緑広葉樹二次林

    髙木正博

    グリーンエイジ   ( 478 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本緑化センター  

  • 種多様性に富む照葉樹林 ‐宮崎大学田野フィールド(演習林)

    髙木正博

    森林科学   ( 68 )   28   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本森林学会  

  • 南九州地方を代表するヒノキ壮齢林と常緑広葉樹二次林

    高木正博,村本康治

    森林計画研究会会報   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:森林計画研究会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • コナラ枯死木の分解過程の緯度比較:ナラ枯れとの関係

    深澤遊 他

    第132回森林学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Yassoモデルを用いたナラ枯れ枯死木の分解CO2放出量の広域環境応答推定

    小南裕志

    第132回森林学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • メタン吸収能を考慮したアジア域の森林における土壌炭素動態の統括的観測

    梁乃申 他

    日本生態学会第68回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 日本における土壌呼吸量の広域推定

    市井和仁 他

    日本生態学会第68回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 微生物呼吸とその温暖化応答を土壌有機炭素特性から推定できるか?

    小嵐淳 他

    日本生態学会第68回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 九州森林学会論文賞

    2017年10月   九州森林学会  

    高木正博

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 病害虫による大量枯死が森林生態系のCO2放出におよぼす影響の解明

    2017年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 水資源保全のための林分密度管理図の調整

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    針葉樹人工林の蒸発散量の測定

  • 渓畔林ネットワーク整備を基軸とした集水域森林管理手法の開発

    2013年01月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    渓畔林ネットワーク整備を基軸とした集水域森林管理手法の開発

  • 長期的な温暖化操作が日本の森林土壌の炭素・窒素動態に及ぼす影響

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、北海道から九州までの6つの代表的な森林において、すでに設置が完了している野外土壌の人工温暖化実験サイトを利用し、最大5年におよぶ長期の温暖化操作が、土壌の炭素・窒素循環に及ぼす影響を明らかにすることを自的とする。それぞれの実験サイトにおいて赤外線ヒーターを用いて土壌を 5-3'C上昇させ、多地点連続自動観測土壌呼吸チャンパシステムを用いて土壌呼吸量および微生物呼吸量を観測する。また混暖化実験サイトにおいて、土壌水の定期的な採水、リターバックの設置・回収、および研究終了時にサイト内土壌のサンプリングを行い、主要な炭素・窒素成分を分析することにより、長期の土壌温暖化操作が土壌中の炭素・窒素動態に及ぼす影響を総合的に評価する。

  • 伐採後の林地残材のバイオマス資源としての収穫が植栽木の成長に与える影響

    2009年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    伐採後の林地残材のバイオマス資源としての収穫が植栽木の成長に与える影響

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 全国森林気象データベース

    2003年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    全国森林気象データベースの構築