髙木 正博 (タカギ マサヒロ)

TAKAGI Masahiro

写真a

所属

農学部 附属フィールド科学教育研究センター 田野フィールド(演習林)

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1997年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 森林科学

  • 環境・農学 / 環境動態解析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Climate-related variation in leaf size and phenology of Betula ermanii in multiple common gardens 査読あり

    Aihara T., Araki K., Sarmah R., Cai Y., Paing A.M.M., Goto S., Hisamoto Y., Taneda H., Tomaru N., Homma K., Takagi M., Yoshida T., Iio A., Nagamatsu D., Kobayashi H., Hirota M., Tsumura Y.

    Journal of Forest Research   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Forest Research  

    Leaf phenology and properties are the vital traits of productivity and fitness of individual trees. Understanding the climatic conditions associated with the trait variation is essential for evaluation of the tree species’ capacity to face and adapt to environmental change. This study focused on the habits of the tree species in the alpine forests where they are experiencing some of the highest rates of warming under recent climate change. Thus, we examined the climate-related variation in leaf area, specific leaf area (SLA) and the timing of bud break in common gardens of Betula ermanii across a wide latitudinal range, as well as their height that was strongly correlated with leaf traits. Based on analysis of variance, all recorded traits were found to be genetically controlled, and leaf area was most strongly affected by genetic factors. Traits of saplings from higher latitudinal populations included taller height, larger leaf area, larger SLA and earlier bud break. Leaf area of B. ermanii saplings was strongly correlated with the height of the saplings, as taller saplings exhibited larger leaves. Saplings derived from regions with fewer precipitation in summer showed taller height and larger leaves. In contrast, we could not observe significant associations between SLA and timing of bud break, and any climatic variable for two experimental years. Increasing earliness of bud break of B. ermanii with increases in latitude was likely to associate with the gradients of photoperiod. Climate gradients between populations seemed to contribute to the geographic variation in the height, leaf and phenological traits of B. ermanii.

    DOI: 10.1080/13416979.2023.2289731

    Scopus

  • Divergent mechanisms of reduced growth performance in Betula ermanii saplings from high-altitude and low-latitude range edges 査読あり

    Aihara T., Araki K., Onuma Y., Cai Y., Paing A.M.M., Goto S., Hisamoto Y., Tomaru N., Homma K., Takagi M., Yoshida T., Iio A., Nagamatsu D., Kobayashi H., Hirota M., Uchiyama K., Tsumura Y.

    Heredity   2023年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Heredity  

    The reduced growth performance of individuals from range edges is a common phenomenon in various taxa, and considered to be an evolutionary factor that limits the species’ range. However, most studies did not distinguish between two mechanisms that can lead to this reduction: genetic load and adaptive selection to harsh conditions. To address this lack of understanding, we investigated the climatic and genetic factors underlying the growth performance of Betula ermanii saplings transplanted from 11 populations including high-altitude edge and low-latitude edge population. We estimated the climatic position of the populations within the overall B. ermanii’s distribution, and the genetic composition and diversity using restriction-site associated DNA sequencing, and measured survival, growth rates and individual size of the saplings. The high-altitude edge population (APW) was located below the 95% significance interval for the mean annual temperature range, but did not show any distinctive genetic characteristics. In contrast, the low-latitude edge population (SHK) exhibited a high level of linkage disequilibrium, low genetic diversity, a distinct genetic composition from the other populations, and a high relatedness coefficient. Both APW and SHK saplings displayed lower survival rates, heights and diameters, while SHK saplings also exhibited lower growth rates than the other populations’ saplings. The low heights and diameters of APW saplings was likely the result of adaptive selection to harsh conditions, while the low survival and growth rates of SHK saplings was likely the result of genetic load. Our findings shed light on the mechanisms underlying the reduced growth performance of range-edge populations.

    DOI: 10.1038/s41437-023-00655-0

    Scopus

  • ダケカンバ広域産地試験地のサイト特性

    エー ミャッツ ミャッツ パイン, 陳 淑芬, 荒木 響子, 相原 隆貴, サラマ ラギーニ, 廣田 充, 津村 義彦, 戸丸 信弘, 本間 航介, 門松 昌彦, 吉田 俊也, 小林 元, 飯尾 淳弘, 大住 克博, 永松 大, 髙木 正博, 種子田 春彦, 木村 徳志, 福岡 哲, 久本 洋子, 後藤 晋

    演習林   66   1 - 12   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林  

    DOI: 10.15083/0002005446

    CiNii Research

  • Evaluating the soil microbe community-level physiological profile using EcoPlate and soil properties at 33 forest sites across Japan 査読あり

    Nakamura Masahiro et al. (56名中16番目)

    Ecological Research   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1111/1440-1703.12293

  • Patterns of community composition and diversity in latent fungi of living Quercus serrata trunks across a range of oak wilt prevalence and climate variables in Japan 査読あり

    Fukasawa Y., Matsukura K., Stephan J.G., Makoto K., Suzuki S.N., Kominami Y., Takagi M., Tanaka N., Takemoto S., Kinuura H., Okano K., Song Z., Jomura M., Kadowaki K., Yamashita S., Ushio M.

    Fungal Ecology   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fungal Ecology  

    Given that forest dieback due to emerging pests is increasing under global warming, understanding the relationships between pests, climate, and forest biodiversity is an urgent priority. In Japan, mass attacks of an ambrosia beetle, vectoring a pathogenic fungus, cause oak wilt outbreaks in recent decades. Here, the associations of oak wilt and climate with wood-inhabiting fungal communities in apparently healthy Quercus serrata trunks were investigated using DNA metabarcoding in seven sites along a climatic gradient in Japan. Amplicon sequencing of the fungal internal transcribed spacer 1 region generated 1,339,958 sequence reads containing 879 fungal operational taxonomic units (OTUs) in 234 wood samples. OTU compositions were significantly different between sites with and without oak wilt. OTU richness increased with temperature and precipitation at sites where oak wilt was present, but this relationship was not observed at sites without oak wilt, possibly due to interaction between oak wilt and climate.

    DOI: 10.1016/j.funeco.2021.101095

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Ecology of Riparian Forests in Japan

    S Ito, Y Mitsuda, GP Buckley, M Takagi( 担当: 共著 ,  範囲: section 20 )

    Springer  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 森林フィールドサイエンス(共著)

    全国大学演習林協議会( 担当: 編集)

    朝倉書店  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • ダケカンバ広域産地試験地のサイト特性

    エー ミャッツ ミャッツ パイン, 陳 淑芬, 荒木 響子, 相原 隆貴, サラマ ラギーニ, 廣田 充, 津村 義彦, 戸丸 信弘, 本間 航介, 門松 昌彦, 吉田 俊也, 小林 元, 飯尾 淳弘, 大住 克博, 永松 大, 髙木 正博, 種子田 春彦, 木村 徳志, 福岡 哲, 久本 洋子, 後藤 晋

    演習林 = Miscellaneous Information of The University of Tokyo Forests   66   1 - 12   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林  

    DOI: 10.15083/0002005446

    CiNii Research

  • 全国大学演習林協議会・公開森林実習「日本の森を制覇しよう」 招待あり

    髙木正博

    森林科学   ( 91 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    DOI: 10.11519/jjsk.91.0_39

  • 大学演習林での教育研究ネットワークの最新動向 招待あり

    柴田英昭,高木正博 他

    森林環境   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 南九州地方を代表するヒノキ壮齢林と常緑広葉樹二次林

    髙木正博

    グリーンエイジ   ( 478 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本緑化センター  

  • 種多様性に富む照葉樹林 ‐宮崎大学田野フィールド(演習林)

    髙木正博

    森林科学   ( 68 )   28   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本森林学会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Driven of Tempo-Spatial Variations of Forest Soil Methane Uptake by Root Activity 国際会議

    Lifei sun et al.

    AsiaFlux 2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Updated Data-Driven Estimation of Soil Respiration in Japan: Development and Intercomparison 国際会議

    Yamanuki H. et al.

    AsiaFlux 2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Factors of spatial variation in soil CH4 uptake rate in forests in Western Honshu 国際会議

    Teramoto M. et al.

    JpGU Meeting 2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Impacts of experiment warming on soil CO 2 emissions and CH 4 uptake in Japanese forests 国際共著 国際会議

    孫力飛 ほか

    JpGU Meeting 2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of warming on survival and growth of <i>Betula ermanii</i> revealed by range-wide transplant experiments

    Aye Myat Myat Paing, Chen Shufen, Yoshida Toshiya, Tsumura Yoshihiko, Kobayashi Hajime, Iio Atsuhiro, Tomaru Nobuhiro, Hisamoto Yoko, Honma Kosuke, Nagamatsu Dai, Takagi Masahiro, Taneda Haruhiko, Hirota Mitsuru, Goto Susumu

    第133回森林学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月28日

    会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 九州森林学会論文賞

    2017年10月   九州森林学会  

    高木正博

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 森林から河川へ流出する炭素量は吸収量に対してどの程度の割合なのか?

    研究課題/領域番号:21H02238  2021年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 木部通水組織の機能形質変異から気候変動に対する樹木の生理的順化能力を評価する

    研究課題/領域番号:20H03031  2020年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B) (一般)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 病害虫による大量枯死が森林生態系のCO2放出におよぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:17H03823  2017年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 水資源保全のための林分密度管理図の調整

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    針葉樹人工林の蒸発散量の測定

  • 渓畔林ネットワーク整備を基軸とした集水域森林管理手法の開発

    2013年01月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    渓畔林ネットワーク整備を基軸とした集水域森林管理手法の開発

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 下刈作業省力化の検証に関する植生調査業務委託

    2020年06月 - 2020年09月

    宮崎県  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 二酸化炭素貯留・回収と木質廃棄物のバイオ炭化による農業・建設業への有効活用に向けた無電源無化石燃料の移動式バイオ炭製炭機開発と実証

    2023年09月 - 2024年08月

    株式会社HATSUTORI  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 森林立地学会誌における「森林・林業実務必携」の書評

    2021年10月

  • 全国森林気象データベース

    2003年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    全国森林気象データベースの構築