関戸 知雄 (セキト トモオ)

SEKITO Tomoo

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

環境領域

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7335

研究室FAX

0985-58-7344

ホームページ

http://www.civil.miyazaki-u.ac.jp/~sekito/index.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    北海道大学   工学部   衛生工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    北海道大学  工学研究科  衛生工学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(工学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 石炭灰の雑草防除材としての有効利用に関する研究

    共同研究  

    研究期間: 2016年04月  -  継続中

  • 東南アジアの資源回収戦略に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月

  • 製紙工場ボイラー飛灰の資源化に関する研究

    共同研究  

    研究期間: 2013年05月  -  継続中

  • 家畜埋却地からの環境負荷発生に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2011年04月  -  2014年03月

  • 東南アジアの廃棄物処理戦略に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2007年04月  -  2016年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 晶析法を用いた養豚廃水中の窒素・リン・カリウムの同時回収

    土手 裕, 関戸 知雄

    廃棄物資源循環学会論文誌   28 ( 0 ) 152 - 159   2017年

    共著

     概要を見る

    養豚廃水1次処理水中に高濃度で含まれる窒素 (N),リン (P),カリウム (K) をMAP (MgNH<SUB>4</SUB>PO<SUB>4</SUB>) およびMPP (MgKPO<SUB>4</SUB>) として同時回収するための最適条件を得ることを目的として回収実験を行った。その結果,pHの増加に伴い,残存P濃度は低下した。Mg/Pを増加させることにより残存P濃度は低下したが,Kの回収率も低下した。またP/(N+K) を増加させることによってK回収率は増加した。Nの回収率はいずれの条件でも 95 % 以上であった。K, Pの最大回収率はそれぞれ 80 %,99 % であった。Pの残存濃度が一律排水基準を満足し,かつKの回収率が最大となる条件はpH=9.0,Mg/P=1.35,P/(N+K)=1.5であり,このときの残存P濃度は 15 mg/L,K回収率は 45 %,Pの正味の回収率は 22 % であった。想定した反応式,平衡定数を用いて1次処理水濃度から残存濃度を予測できることがわかった。

    DOI CiNii

  • 高炉スラグの鉛除去能に与えるp H の影響

    土手 裕、中村 宜央、関戸 知雄

    宮崎大學工學部紀要     2017年

    共著

  • 晶析法による養豚廃水中の窒素、リン、カリウム同時回収の生物処理への影響

    土手 裕、小田 宮歌、関戸 知雄

    宮崎大學工學部紀要     2017年

    共著

  • 高炉スラグの亜鉛除去能に与えるp H の影響

    土手 裕、中村 宜央、関戸 知雄

    宮崎大學工學部紀要     2017年

    共著

  • リン酸・マグネシウムを用いた焼却飛灰中セシウム・鉛の不溶化に関する研究

    諸岡 龍 , 土手 裕 , 関戸 知雄

    宮崎大學工學部紀要     2016年07月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • インバース・マニュファクチャリング ハンドブック

    インバース・マニュファクチャリングフォーラム監修 (担当: 共著 )

    丸善株式会社   2004年03月 ISBN: 4621073885

  • 循環型社会構築の戦略

    田中信壽,田中勝 編著 (担当: 共著 )

    中央法規出版   2002年03月 ISBN: 4805821671

  • 廃棄物処理総論

    田中勝 監訳代表 (担当: 共著 )

    エヌ・ティーエス  1998年06月 ISBN: s

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 湿原を含む家畜埋却地周辺の環境モニタリング(<特集>2010年口蹄疫-残された課題を中心に-)

    鈴木祥広,竹下伸一,関戸知雄,稲垣仁根

    日本草地学会誌 ( 日本草地学会 )  58 ( 4 ) 269 - 276   2013年01月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • ドイツにおける埋立地に関する基準と廃棄物処理の動向

    関戸知雄、土手裕

    廃棄物学会誌 ( 廃棄物学会 )  19 ( 1 ) 31 - 40   2008年01月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

  • Erratum to "Application of a gas-solid fluidized bed separator for shredded municipal bulky solid waste separation" [Waste Management 26 (2006) 1422-1429] (DOI:10.1016/j.wasman.2005.10.015)

    Sekito T., Matsuto T., Tanaka N.

    Waste Management ( Waste Management )  27 ( 10 )   2007年07月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    DOI

  • 畜舎排水処理施設におけるエストロゲンの実態調査

    鈴木祥広、中村孝洋、小山久男、関戸知雄、土手裕、増田純雄

    水処理技術 ( 日本水処理技術研究会 )  47 ( 1 ) 17 - 22   2006年01月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

  • 都市ごみリサイクルとその技術・仕組みについて-粗大ごみについて-

    田中信壽、松藤敏彦、関戸知雄

    資源と環境 ( 産業技術総合研究所 )  9 ( 2 ) 135 - 144   2000年05月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 畜糞系焼却灰からのリン含有水溶液の調整、並びにヒドロキシアパタイト及び/又はリン酸水素カルシウムとしての沈殿回収法

    特願 特願2006-189800 

    貝掛勝也、土手裕、関戸知雄

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • インドネシアのごみ銀行と集団回収による家庭ごみ資源回収システムの評価

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    本研究では,インドネシア・マラン市を事例とし,ごみ銀行および集団回収による資源回収システムという2つの家庭ごみからの資源回収の方式に対して,住民の満足度,協力度,資源回収率,コストバランス,物質フローを明らかにする。これらの資源回収システムは,ここ数年,インドネシアで提案・実践され,自治体も資金援助をしている。しかし,それぞれの方式に対しての研究はこれまでに実施されておらず,非効率な資源回収方法が展開されている非常に可能性が高い。本研究の結果により,今後東南アジアで実施するべき資源回収方式を明らかにすることができ,資源の循環に貢献すると期待される。

  • 口蹄疫等による家畜の大量埋却処分地から発生する環境負荷発生量予測に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

     概要を見る

    平成22年度に宮崎県で発生した口蹄疫を背景に、大量の家畜を埋却処分した埋却地から発生する汚染物質による環境影響について、実験により明らかにする。実験では、カラム実験、バッチ分解実験により汚染物質(浸出水による有機汚濁物質、腐敗性ガス)の発生速度、発生量を明らかにする。数値モデルでは、特に地下水への影響について考慮し、2次元の不飽和浸透式と、有機物および窒素化合物の分解・吸着による減衰を考慮した物質移動式により、埋却地下部から浸透した汚染物質の挙動を予測する。以上の結果を適切な埋却方法提案につなげる。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • インドネシアのごみ銀行に参加する家庭のごみ分別率と参加意識に関する研究

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人ユニベール財団研究助成

    研究期間: 2014年11月  -  2015年10月 

     概要を見る

    インドネシアのごみ銀行に参加する家庭のごみ分別率と参加意識に関する調査研究。

  • 都市ごみ溶融スラグの重金属含有量と溶出量変動に関する研究

    提供機関:  民間財団等  国際研究集会参加助成金

    研究期間: 2010年11月  -  2010年11月 

     概要を見る

    第3回バイオマス及び廃棄物からンエネルギー回収に関する国際シンポジウム参加助成

  • 地方都市に見るごみ発生量の決定要因解明と発生抑制手段の提案

    提供機関:  民間財団等  平成20年度ニッセイ財団 環境問題 研究助成

    研究期間: 2008年10月  -  2009年09月 

     概要を見る

    ごみ発生量が小さい地域と大きい地域について、そこでくらす住民の環境問題への意識や行動、ごみ組成、ごみ発生量との関係を明らかにする。その結果から、1)都市によりごみ発生原単位が大きく異なる要因を解明し、2)その解析結果をごみ発生抑制を実践するための知恵としてまとめ、人間活動と環境が持続するためのライフスタイルの提案を行うことを目的とする。

  • 鶏ふん焼却灰を原料としたりん化合物の回収

    提供機関:  民間財団等  財団法人九州産業技術センター産学連携戦略・次世代産業創出事業

    研究期間: 2006年05月  -  2007年03月 

     概要を見る

    鶏ふん焼却灰から酸を用いて含有するりんを抽出し、溶液にアルカリを加えることによってりんを含む化合物を回収する。本研究では、回収のための条件と生成したりん化合物の化合形態や化学的特性を明らかにする。

  • 廃棄物処理技術者育成プログラム開発

    提供機関:  文部科学省  海外先進教育研究実践支援プログラム

    研究期間: 2004年12月  -  2005年12月 

     概要を見る

    Humburg-Harburg工科大学(TUHH)において,EUのプロジェクト,Asia-Linkプログラムのひとつである,TETRAWAMA(廃棄物処理に関する高度教育のための学習モジュール開発)プロジェクトについて調査研究および協力を行う.本年度は,学習モジュールの開発途上国への支援推進ツールとしての実効性や適用範囲について調査を行う.また,個別技術として,生ごみおよび下水汚泥の混合嫌気性発酵処理技術の研究を行う.いくつかのモデル廃棄物を件形成発酵させ,廃棄物の質や処理条件のバリエーションに対する発生ガス量等の影響を明らかにする.実験より,学習モジュールへの組み込みの可能性や発展途上国への適用可能性について検討を行う.また,EU圏内の廃棄物処理に関する代表的な研究機関で行われている発展途上国に適応可能な処理技術に関する研究状況を調査する

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The effect of household coal ash on solid waste degradation in a lab-scale landfill reactor with leachate recirculation: A case study of Ulaanbaatar, Mongolia

    Batkhuyag ENKH UCHRAL, Tomoo SEKITO, Yutaka DOTE, Tuuguu ENKHDUL

    平成29年度 土木学会西部支部研究発表会  2018年03月  -  2018年03月   

  • HOUSEHOLDS RECYCLING BEHAVIOR TOWARD WASTE BANK PROJECT IN KLATEN, INDONESIA

    Dewi Indraswati, Tomoo SEKITO, Yutaka DOTE, Iwan Pratoyo Kusumantoro

    平成29年度 土木学会西部支部研究発表会  2018年03月  -  2018年03月   

  • 養豚廃水からN,P,K同時回収後の残存濃度予測式の検証

    土手 裕, 関戸 知雄

    第28回廃棄物学会研究発表会  2017年  -  2017年   

  • 製紙工場ボイラー飛灰を利用した道路路盤材の物理的性状と環境影響評価

    関戸 知雄, 土手 裕, 立石 真輝

    第28回廃棄物学会研究発表会  2017年  -  2017年   

  • 薬剤添加によるクリンカアッシュからのホウ素溶出抑制に関する研究

    宮下 祐生, 関戸 知雄, 土手 裕

    第28回廃棄物学会研究発表会  2017年  -  2017年   

全件表示 >>